マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分~60分
  • 10歳~
  • 2014年~

サンファン:第二版物欲おじさんさんのレビュー

169
名に参考にされています
2019年09月03日 23時41分

プレイの感想は既に沢山出ているので、ここでは旧版との違いと拡張カードについての感想を書いておきます。


・新しい10種類の建物+砂糖以外の4種類の生産建物が各1枚ずつの合計33枚が追加になり、場に誰でも建てられるコスト7の建物タイルが1枚追加されています。

・一部のカード名や一部アクションタイルの名称が変更。

・ギルドホールが弱体化され、生産建物1つにつき2VPから1VPに変更。

・旧版の「金鉱」カードの効果「4枚引いてコストが全て違っていれば1枚選んで手札に加える」が「4枚引いてコストが全て違っていればその中で一番低いコストのカードを手札に加える」に変更。

・旧版の「知事官舎」のコストが3から4に変更。

・カード背面のデザインが変更。ちょっと色気のあるおじさんになりました。

・箱のサイズがひとまわりビッグになり、内箱も簡素化されたためハードスリーブに入れてもカードが全て箱の中に収まる。反面、箱の中でガチャガチャするので鉛筆を入れておく場合はキャップがあると良い。

・スコアシートの色味が濃くなり見やすくなった。

とこんなところかと思います(見落としがあったらすみません)

「知事官舎」と「ギルドホール」は特に強かったので良い調整だと思いますが、博打要素の強い「金鉱」に弱体化が入って、凱旋門に上方修正が入らなかったのは個人的に少し残念ですね…


新しい建物については正直に言って蛇足感や、やりすぎ感を感じる建物もちらほら。

そんな中でも「監督フェーズ(二版では生産フェーズ)」時に売却した商品カードを礼拝堂のようにカードの下へ入れて得点化する建物など、ゲームにより深みを加える良いものもあるので、全てを追加せずプレイヤーの好みに合わせて都度追加することをお勧めします。


プエルトリコカードゲームという名前で3版(?)が出たようですが、こちらの2版も海外ではまだまだ普通の値段で流通しているようです。

まだプレイしたことのない方は是非ぜひぜひ試してみてください!

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 阿部アキノリ
  • レモネード
物欲おじさんさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 81興味あり
  • 194経験あり
  • 50お気に入り
  • 143持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力10
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルサンファン:第二版
原題・英題表記San Juan (Second Edition)
参加人数2人~4人(45分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿