マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
サンファン2
  • サンファン2当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 45~60分
  • 10歳~
  • 2014年~

サンファン2

メーカー・卸元:メビウスゲームズ

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
人気ゲーム「サンファン」に新たな建物が加わりました

 ゲームには5つの職業が登場します。建築士、監督、商人、参事会議員、金鉱堀です。そしてゲームは10数ラウンドにわたって行われます。ラウンドのスタートプレーヤーが、まずいずれかの職業を選び、そのプレイを行います。そして、その職業によるプレイを順にすべてのプレーヤーがー行います。次に、スタートプレーヤーの左隣のプレーヤーが新たな職業を選び、同様の事を行います。これをすべてのプレーヤーが行ったらラウンド終了です。つまり、職業を選択して、それをすべてのプレーヤーが行い、次のプレーヤーが新たな職業を選んで、それをすべてのプレーヤーが行い・・を、一巡するまで行うわけです。

 建築士を選ぶと、手札を1枚自分の前に出して、その建物を立てることができます。それぞれの建物には特典と勝利ポイントが付いています。最終的には勝利ポイントを多く獲得した人が勝ちであり、建物の特典を利用することによって、ゲームを有利に展開できます。なお、それぞれの建物には建設コストがかかれており、その数字と同じ枚数のカードを手札より捨て札にしなければなりません。つまり、手札は建設物にもなり、お金にもなるのです。

 監督を選ぶと、すべてのプレーヤーは自分の生産設備(建物の一種)の上に、山からカードを一枚引いて伏せて置きます。つまり、ここに何らかの生産物が生産されたことになります。

 商人は、生産物の上に伏せて置かれたカードを1枚、そのまま捨て札にすることによって、相場によって決められた枚数のカードを山札から手札に補充できます。

 参事会議員は、山札から2枚のカードを取って、そのうち一枚を選んで手札に加えることができます。

 金鉱堀は、基本的に何もできません。

 なお、すべての職業について、それを選んだプレーヤーには特権があります。建築士なら、コストが1枚安くなります。監督は、二つの生産設備の上に生産物を置くことができます。商人は、生産設備の上に置かれたカード2枚を捨てて、手札を補充することができます。参事会議員は2枚からではなく、5枚山札を引いてその中から必要な1枚を選ぶことができます。金鉱堀は、山から1枚手札を補充できます。

 ラウンドが終了したら、スタートプレーヤーが時計回りで隣のプレーヤーに移動して、次のラウンドを開始します。同じラウンドでは同じ職業を選択することはできません。

 こうして、誰かが12枚の建築物を前に並べたら、そのラウンドでゲーム終了です。

 建物の特典には、建設コストが安くなるものや、たくさん生産できたり、生産物をより多く捨てて手札の補充ができたり、特権が倍になったりと、色々と魅力的なものがたくさんあります。ゲーム展開に合わせて、建設する建物を決めたり、立っている建物や建てられる建物により、ゲーム展開の方針を決めます。

 人気のボードゲーム「プエルトリコ」の楽しさとエッセンスを、手軽に短時間に遊べるゲームに仕上がっています。

 このゲームは、2004年発売のサンファンの一部カードバランスを調整したほか、新たな建物カードが加わっています。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 13件

レビュー
1206名が参考
2年弱前

プレイの感想は既に沢山出ているので、ここでは旧版との違いと拡張カードについての感想を書いておきます。


・新しい10種類の建物+砂糖以外の4種類の生産建物が各1枚ずつの合計33枚が追加になり、場に誰でも建てられるコスト7の建物タイルが1枚追加されています。

・一部のカード名や一部アクションタイルの名称が変更。

・ギルドホールが弱体化され、生産建物1つにつき2VPから1VPに変更。

・旧版の「金鉱」カードの効果「4枚引いてコストが全て違っていれば1枚選んで手札に加える」が「4枚引いてコストが全て違っていればその中で一番低いコストのカードを手札に加える」に変更。

・旧版の「知事官舎」のコストが3から4に変更。

・カード背面のデザインが変更。ちょっと色気のあるおじさんになりました。

・箱のサイズがひとまわりビッグになり、内箱も簡素化されたためハードスリーブに入れてもカードが全て箱の中に収まる。反面、箱の中でガチャガチャするので鉛筆を入れておく場合はキャップがあると良い。

・スコアシートの色味が濃くなり見やすくなった。

とこんなところかと思います(見落としがあったらすみません)

「知事官舎」と「ギルドホール」は特に強かったので良い調整だと思いますが、博打要素の強い「金鉱」に弱体化が入って、凱旋門に上方修正が入らなかったのは個人的に少し残念ですね…


新しい建物については正直に言って蛇足感や、やりすぎ感を感じる建物もちらほら。

そんな中でも「監督フェーズ(二版では生産フェーズ)」時に売却した商品カードを礼拝堂のようにカードの下へ入れて得点化する建物など、ゲームにより深みを加える良いものもあるので、全てを追加せずプレイヤーの好みに合わせて都度追加することをお勧めします。


プエルトリコカードゲームという名前で3版(?)が出たようですが、こちらの2版も海外ではまだまだ普通の値段で流通しているようです。

まだプレイしたことのない方は是非ぜひぜひ試してみてください!

続きを見る
閉じる
皇帝
物欲おじさん
物欲おじさん
レビュー
819名が参考
約4年前

名作ボードゲーム『プエルトリコ』のテーマをカードゲーム化したものとのことです。私は、プエルトリコは未プレイです。

南米プエルトリコの都市サンファンの為政者となって、工場や様々な建物を建て、都市を発展させましょう。
ルールは非常にシンプルで、手番が来たら、5つのアクション、①建築士(コストを払って建物を建てる)、②監督(工場で商品を生産する)、③商人(生産した商品を売って手札を増やす)、④参事会議員(複数枚カードを引いて選んで手札にする)、⑤金鉱掘り(自分だけカードを引く)、から1つを選ぶだけです(他プレイヤーが選んだアクションは選べません)。
特徴的なのは、自分が選んだアクションは他のプレイヤーも実行できるということです。ん?では、選ぶ意味があるの??
あります。自分が、選んだアクションは自分だけ、少し効果が追加される『特権』があります。
たとえば、①建築士の特権は、建物の建築コストが1減、②監督の特権は1つ多く商品を生産できる、など。
誰かが12個の建物を建築した時点でゲーム終了、建物の勝利点の合計が高いプレイヤーが勝利です。

このゲームのシステムのすごいところは、カードの種類が建物カード1種類しかないところです。手札が、建築コストのお金にもなります。
建物を建てるためには、建築コスト分の手札を捨てる必要がありますが、建てたい建物は建築コストとして支払いたくないので、自分の手番では①建築士ではなく、②監督を選ぼう、といったふうに悩むところがこのゲームの面白さです。
また建物にはそれぞれ効果があり、手札の引き運の中で最善手を考えるのが面白いです。

iOS、android ともに(英語ですが、)アプリが出ており、私は、ゲーム会で初プレイしたあと、『またサンファンやりたい!!』の禁断症状をアプリで抑えています=3
(ボードゲーム歴は浅いですが、)そのくらい面白いです。

サンファンの第1版では、ギルドホールという建物がバランスブレーカーと言われていたようですが、第2版ではその効果が少し抑えられています。
また第2版では、新たな建物が10種類ほど加わっています。
第1版は日本語版が発売されていますが、第2版の日本語版は2017年6月現在、発売されていません。『こんなに面白いゲームの日本語版が発売されていないのか。。。』と思いますが、それだけボードゲームの日本市場はまだまだ小さいということでしょうか。

プエルトリコ、サンファンのシステムをベースとして、レースフォーザギャラクシーやロールフォーザギャラクシーなどのゲームに発展していったようです。

続きを見る
閉じる
勇者
sugar_ray1956
sugar_ray1956
レビュー
780名が参考
2年以上前

カードを捨てて建物を建てて…

その能力を使ってカードをひく!

簡単!楽しい!教えやすい!

建築ボードゲームの金字塔!

…と軍師が思うサンファン第2版も紹介いたす!


名作プエルトリコの面白いシステムを取り出した拡大再生産のスピンオフゲームの前作にバランス調整して拡張版を追加した良作ゲームでござる


やはり、バリアブルフェーズシステムが面白い!

5つある役割を選択して皆で同じ行動をするシステムでござるが…

今この役割を選ぶとコノ人が得をしてしまうし…

アッチの役割だとアノ人が得をしてしまう…うむむ…

…といったジレンマが楽しい!


全員が同じ行動を行うので待ち時間が少ないのも良い所でござる

慣れれば四人でも30分ぐらいで勝負がつき、しっかりゲームをした満足感もあるので、軍師も卓が立てば進んでやりたいゲームの一つでござる


第2版の欠点は、言語依存が高く、現在日本語版は存在しないので、カード和訳が手間でござるがリプレイ性も高いのでそれだけの価値があると思いますぞー

レッツ、サンファン!

続きを見る
閉じる
勇者
軍師っ!
軍師っ!
レビュー
558名が参考
8ヶ月前

2人プレイでのレビューになります。

本家プエルトリコの2人プレイはあまり推奨されていませんが、サンファン2は充分に楽しめます。

建設さえしてしまえば、労働者がなくとも稼働させることができるので、ヴァリアブルフェーズオーダーシステムでもきつさが緩和されています。

カードのめくれによる運要素もあるので、より万人受けのゲームと言えるんじゃないでしょうか。

ただ、カード構成を知っていた方が有利には違いないので経験者同士で対戦するのが面白いとは思います。


ブログにて2人プレイの様子を投稿しています。

よろしければご覧ください^ ^

http://sussussussussu.livedoor.blog/archives/8466040.html

続きを見る
閉じる
仙人
あるえす
あるえす
レビュー
551名が参考
2年以上前

サンファン(第2版)


プエルトリコ本家の重い要素を絞りつつも、しっかり拡大生産要素を実感出来るカードゲーム


5つの職のうち一つをを選び、それぞれにある特権を行使しながら相手よりも価値のある物件を建築していき、最終的にVP(勝利ポイント)が最も多いプレイヤーが勝利します。


物件と物件がシナジーを持っていたりするので、狙ったアクションをしていくのが重要なところだと思います。

建築コストをカードの破棄で代行することで十分にバランス取れてると思いました。

これを理解し、やればやるほどに面白さが増していくのはたまらないですね!


ゲーマー向けゲームの部類に入ると思いますが、遊べる場所も多いので是非一回は遊んで欲しいです^_^

手短で勝負も決まるが、考える要素が結構ある。

回転率も良いので、何度も遊べるのでそこは非常に素晴らしいポイントかと!

一回やったら、多分もう一回やろうって言います、きっと!


これ、面白い

続きを見る
閉じる
仙人
えだまめ
えだまめ
レビュー
525名が参考
6ヶ月前

①手札枚数をうまくコントロールして色々な建物カードを建てていき、得点を競うカードゲーム。コンボが決まると超面白いので多少カードを覚えておくと良さげなのですが、カードの効果も比較的簡単で、都度質問でも支障は無いと思うので気軽に楽しめる印象。

②【バリアブルフェーズオーダー】が一番の醍醐味。みんなで同じアクションを行うので、生産量とか、手札枚数とかいろいろ探りながらアクションを選ぶのが面白い。親だけの特権も魅力的で、自分の手番に残しておいてくれ〜と願うばかり(笑)。ダウンタイムが無く暇しない点も◎。

③手札が【コスト】なのも斬新で面白いポイント。建設するとすぐ手札が無くなっちゃうので、効率よくカードを引ける流れを作るのがこのゲームのミソかと。アクションのタイミングやカードの引き運もあるので、どう組み立ていくか考えながらプレイするのが楽しい。

④【拡張】カードは効果が派手でダイナミックなイメージ。税関で生産施設が無い時対策もできて、プレイの幅も広がりました。紫枠のデザインですぐ拡張と分かるし、入れても難易度は変わらないので、どちらでも気軽に楽しめると思います。


サンファン2を購入。

プエルトリコの雰囲気そのままに、バリアブルフェーズオーダーをさくっと楽しめるところがすごく◎。

アクション選択はミープルなどがあるとスムーズでおすすめです。

※騎士はエラッタ(5勝利ポイントが正解)です。


続きを見る
閉じる
仙人
カツオ
カツオ
戦略やコツ
505名が参考
約5年前

 コスト1の建物「金鉱」の序盤における成功確率は約25%です。以下にその計算過程を示します。

 サンファンの生産設備と紫の建物(拡張建物を除く)カードを建築コストごとに分類すると、コスト1:19枚、コスト2:26枚、コスト3:26枚、コスト4:17枚、コスト5:14枚、コスト6:8枚です。
 計110枚のカードから4枚を選ぶ組合せ(※数学記号を用いると「110C4」、「C(110,4)」等と表記される)は、5,773,185 通りです。
 このうち、1~6のうち異なる4種類のコストの選び方(※「C(6,4)」)は15パターンあり、それぞれの組合せの数はコストの小計枚数をかけ合わせた値になります。例えばコスト「1・2・3・4」のカードを1枚ずつ引く組合せは、19×26×26×17 = 218,348 通りです。15パターンを合計すると1,444,804 通りの組合せが金鉱の獲得条件を満たします。
 したがって 1,444,804 ÷ 5,773,185 = 0.2502611…から約25%、4回に1回は獲得できる見込みとなります。初期条件としてインディゴ染料工場を4枚、金鉱を1枚除いた状態で計算しても誤差は0.05%程度です。

 ただし、山札が巡った中盤以降においては、勝負に大きく関わるコスト6のカードはそのほとんどがいずれかのプレイヤーの手札に握られることになります。もし、コスト6のカード8枚も全て山札に無いものとして同様の計算を行うと確率は約18.7%です。実際そこまで極端ではなくとも、20%程度まで落ち込むでしょう。
 このことから、建設するのであれば序盤が望ましいでしょう。その場合なら金鉱掘りの役職は毎ターン選ばれることが多く、終了条件となる12軒の建設には16ラウンド前後を要するため、ゲーム中におよそ3~4枚の獲得が期待できます。

(2005年12月初版、2014年5月改訂版発行の拙著「カードゲーム サンファン研究本」から一部抜粋)

続きを見る
閉じる
国王
トーホクウィステリア
トーホクウィステリア
レビュー
490名が参考
約4年前

派手なゲームでは無いが、個人的に大好きなゲームの1つ。

プレイヤー達はプエルトリコ島の首都サンファンに様々な施設、工場、モニュメント等を建築して、誰かが12個の建物を建設するまでに、最も評価の高い街にする事を競うカードゲーム。建物、商品、お金などが全て同じカードで表現されているのが面白い。

毎ターン順番に職業を決めて実行。

このとき、商品(染料、砂糖、コーヒー、タバコ、シルバー)の相場も変化していく。

基本は、工場建築→商品作る→商品売る→建物建築…を繰り返す。

建築士、商人(商品を売る)、監督(商品を作る)、議員(複数のカードから1枚手に入れる)、金鉱掘り(自分のみ1枚カードを得る)から選ぶ。(ターン毎に交代)

選ばれた職業は、全員が実行するか否かを選択できるが、自分の手番で選んだ職業は更なる恩恵(特権)を受けられる(例えば、建築士なら建物の建築コスト-1、など)。この仕組みが手番での職業選択を悩ませる良いアクセントになっている。

沢山の種類の建物カードがあり、それぞれに特殊効果が用意されている。ほとんどは簡単な内容表記のため、何度か遊べば覚えられ、コンボを考えて実行する醍醐味を味わえる。

勝ち筋が複数あるので、それを見つけることも楽しさの1つ。

建物の効果説明の内容に、理解することが少し難しいものもあるが、そこさえフォローすれば、5、6歳からでも楽しく遊べる。

続きを見る
閉じる
皇帝
Yudeptan
Yudeptan
レビュー
463名が参考
6ヶ月前

今でもシステムの斬新さに感動する。

一枚のカードは、建物とお金と資源の全てを表している。例えば、3金の建物を建てたければ、3枚カードを捨てる。生産すると、生産施設に資源としてカードを1枚乗せる。

アクションは5種類あり、全員が実行する。ただし、選択した人にプラスの特典がある。例えば、建築アクションを選択した人は、1コスト減る。

こういったシステムがカードだけで成立しているのは驚き。

カードのコンボが苦手な人でも、勝てるように出来ている。

ボードゲマーならばプレイ必須といっていい。

続きを見る
閉じる
勇者
木村 麦
木村 麦
レビュー
449名が参考
6ヶ月前

30分程度で、さっくり、そして十分楽しめるゲームです


プエルトリコ(未プレイ)

サンファン

レースフォーザギャラクシー(プレイ済み)

ロールフォーザギャラクシー(プレイ済み) 

レースフォーザギャラクシーニューフロンティア(プレイ済み) 


の流れらしいです。

プエルトリコは未プレイなので、よくわかりませんが

同じカードゲームのレースフォーザギャラクシーに比べてもわかりやすい内容になっています。

インストもわりとすぐ出来て、30分程度でそこそこの満足感が味わえます。


システムは

5つのアクションを順に選んでいき、

それを選んだ人だけではなく、全員がプレイしていきます。

選択した人はボーナスがあり少しお得ですが

基本的には自分だけが得できるタイミングを狙ってアクションをしていくのがよいでしょう

また、多くの場面を同時にプレイしていくので待ち時間も少ないです


カードゲームなのでカード引きの運要素は割とあります。


さっくり遊びたいならサンファン

もう少し要素があるのがいいならレース

ダイスふりたいならロール

ボドゲっぽさがいいならニューフロンティア

がいいかなと思います。


2400円で手ごろなのと箱が小さく持ち運びしやすいのもGOOD

ただ、スリーブ入れたら少し箱からはみ出します

レースのカード版も再販してくれないかなぁ

続きを見る
閉じる
仙人
さんず
さんず
レビュー
288名が参考
5ヶ月前

限られたアクションを選んで実行するハンドマネジメントゲーム。


アクションの取り方が非常に独特で、基本的には他ののプレイヤーが選んだアクションも実行することが出来る。しかし、アクションを選んだプレイヤーだけは、より強力なアクションを実行できる。

アクションが5つしかないので、ゲーム性はシンプル。拡大再生産というほど大きくはならないけど、後半になると動きやすくなるのはプレイしていて気持ち良い。

お金の概念が無いのもかなり画期的。コストも生産品も全て手札管理なのは、余分な要素が削られている感じがしてスマート。


シンプルなんだけど、戦略はかなり幅広い。カードの種類が多いから、色々な戦略が取りやすい。また、カードの配牌によって取れる戦略も変わるから、柔軟に対応出来ないと勝てない。ひとつの強い戦略だけ持っていても弱い。運要素はあるけど、その辺りは経験者有利なゲーム。

あと、初めのうちはカードの効果適用忘れがち…。ラウンド開始時とか、建物建てた時とか、うっかり忘れると巻き戻しにくいから、その辺りは慣れるまで注意した方が良いかも。


スリーブに入れたら、結構箱パンパンになる。もちっと箱大きくならんかったのか…?と思わないでもない。でもゲーム性はすごく良いから些細な問題でしか無い。おすすめ。

続きを見る
閉じる
山田
山田
レビュー
239名が参考
2ヶ月前

【お気に入り度 8/10】
軽~中量級・2~4人

ヴァリアブルフェイズオーダー×手札管理×拡大再生産×タブロービルド!

まずお伝えしたいのは,タイトルはカッコ良さを求めて横文字を入れましたが,やってる事はそれほど複雑ではありませんのでご心配なく 笑

このゲームで利用するのはカードのみ。お金のトークンも建物タイルもボードもありません。なのに建物も,それを建てるためのお金も,そして生産された商品までゲーム内に登場するんです。

つまり,カードがお金でもあり建物でもあり商品でもあるという事です。おったまげゲームですよね!笑 リアルではここ3ヶ月で一番回したゲームですが,その全てが2人戦だったので,このゲームを2人で回した時の感想を書きたいと思います。

【2人戦の感想】

<概要>

このゲームはプエルトリコの首都サンファンをみんなで開発し,最もサンファンの開発に貢献した人になろう!というゲームです。そのために,プレイヤーは各自色々な建物や生産施設を作っていきます。誰が建てた建物ということを明確にするために,各プレイヤーは自分の前に自分が建てた建物をどんどん置いていきます。12個の建物を誰かが建てるとその時点でゲーム終了です。

勝利点は一部の特殊なカードを除き,基本的には建設した建物から得られます。よって,勝利を目指すならたくさん建物を建てる必要がある訳です。ただし早上がりを目指して安い建物ばっかり建てていると勝利点はあまり得られません。建てるのに資金がたくさん必要な建物の方が得られる勝利点は高い。また,建物自体がそれぞれ何かを生産できたり特殊効果を持っていたりするので,何を建てるか,どういう順番で建てるかが悩みどころになってきます。

更に,建物を建てるときの支払いは手持ちの建物カードをお金として支払うシステムとなっており,「せっかく手元にAっていう良いカードがあるのにこれをお金として支払わなきゃ(=捨てなきゃ)ならんのか?でもBは早めに建てておきたいし,Aはいったん諦めか?ウムム!」と,良いカードを持ちすぎててもそれはそれで悩みが生まれる 笑。このゲームのデザインをカードのみで全てまかなうシステムとした事で,逆に「手札の良い建物もお金として支払わなければならないジレンマ」を生み出したというのは凄い点だと思います。

また,2人戦の場合最初のラウンドはプレイヤーA,プレイヤーB,再度A,の順に1つずつ役割を選び次のラウンドではB,A,Bの順に3行動。という各自の行動回数と順番の違いがありますが,基本ルールである「そのラウンドで誰かが選択済の役割を再度選ぶことはできない」「役割を選んだ人には特権が与えられ,もう1人のプレイヤーは特権無しだが可能ならばその行動を取ることができる」点は共通しています。これにより、お互いの取る行動が相手に影響を及ぼします。

従って「あの行動は相手が取るはずだから、特権無しでもいいからそれは向こうにやらせてこっちはこの行動を先に…」「あっ、先に取られた!その特権欲しかったのに。ならこうだ!」「ですよねー(読んでたよウンウン)」のような、「今どういう盤面で相手が何をしたいか」という事の読み合いが発生するわけです。ここの部分がインタラクションな訳ですね。

2人用だと2回に1回は特権付きの行動が取れるので、多分3人、4人プレイよりも相対的に行動が強力になりやすく、テンポはきっと速いのだろうな,と思います。

<自分の場がどんどん育つ爽快感>

このゲームでは建物はさまざまなプラス効果を持っており,例えば誰かが「金鉱掘り」アクションを選ぶと山から4枚めくり,建築コストが4枚全部違うカードをめくれれば,1番コストが低いカードを1枚得ることができる「金鉱」,建物を建築した後に自分の手札が1枚以下なら山札からカードを1枚引ける「救貧院」,建築で都市施設を建築した場合山札からカードを1枚引ける「家具製作所」等,色々な特殊効果を得られる「都市施設」と,生産して売却した際に山札から多くのカードを得ることができる「生産施設」があります。

建物を建てて悪いことは一つもなく,良い効果を得たりたくさんカードを得られる商品を生産できるようになっていくため,自分の場がどんどん育っていくと,加速度的な拡大再生産とまでは言いませんが,どんどん有利が積み重なってプレイが楽しくなっていく。タブロービルド的な爽快感ですね^^

ルールのシンプルさや,扱うのがカードのみと言う手軽さもあって,短時間でどんどん回し,負けてももう1回!と再戦要求となる,中毒性の高いゲームです 笑

<気になる点>

上記で見てきたように再戦しやすいゲームのため何度もプレイを繰り返したのですが,その中で気になった点をあえて挙げると,「生産施設がもう少し強くならなかったのかな?」という点です。このゲームを20戦以上やっているので,その中で例えば生産寄りのプレイなども試してみたのですが都市施設プレイに1度も勝てませんでした。

無論,ゲームデザインが都市施設を重んじているのだから,それに沿ってプレイすれば良いのでは?という考え方もあります。でも個人的にはせっかく112枚の基本ルールのカードのうち44枚もある生産施設や,水道橋,交易所,マーケット等の生産施設を強化する都市施設も活躍させたい訳です 笑

そこで,以下のようなハウスヴァリアントを作って導入してみたところ,生産重視プレイでもそこそこ良い勝負ができるようになりました。もしご興味がある方が居ましたら,導入して試してみてください^^ (なお勝利点トークンは各自ご用意ください 汗)

○商人の特権
通常の売却に加え,さらにもう1つの商品を売却できる。(以下追加)この時,売却価格分のカード枚数として全てをカードで得るか,得るカードの一部または全てをカード2枚ごとに1勝利点として得てもよい。カードの枚数と勝利点の配分は任意に決められる。勝利点は,最後の得点に合算できる。なお,図書館の効果は「商品を3つまで売却できる」部分にのみ及び,勝利点の変換効率に変更はない。
例:アーサーは商人を選んだ。既に自分の場に図書館を建てているので,特権により3つの商品を売却できる。彼は2つの銀と1つのコーヒーを売却することとし,これらは8金分の価値となった。彼は既に手札を3枚持っていたので売却により手札が7枚を超えないよう,カード4枚と2勝利点に分配して得ることにした。

<結びに>

そんな訳で,私が楽しんでいるゲームだからこそ色々思うところもあった訳ですが,基本的には建物カードをお金や商品などとして使い回し(失礼,活用し 笑),さまざまな施設の効果をどんどん発動し,あるいは商品をガンガン生産して各自の勝利に向かっていくというシンプルにしてテンポ溢れるこのゲームは大好きです。未プレイの方はぜひ一度お試しいただきたいです^ ^

長文を最後までお読みいただきありがとうございました。皆様の良きボードゲームライフに貢献できれば幸いです。

続きを見る
閉じる
仙人
18toya
18toya
ルール/インスト
139名が参考
6ヶ月前

【大ちゃんのインスト動画】

 バリアブルフェイズシステム!

 プエルトリコのDNAを引き継ぐ名作

 サンファン2

 

続きを見る
閉じる
大賢者
大ちゃん@ボードゲームルール専門ちゃんねる
大ちゃん@ボードゲームルール専門ちゃんねる
  • 商品価格¥ 2,400(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 173興味あり
  • 586経験あり
  • 176お気に入り
  • 591持ってる

チェックした商品