マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~999人
  • 30分~40分
  • 10歳~
  • 1999年~

ハイパーロボットまつりさんのレビュー

247
名に参考にされています
2017年10月17日 00時35分

このゲームは「盤面に置かれた4色のコマの中から指定された1色のコマを指定された場所へ運ぶ」というルールに基づいて、どれだけ少ない手順で指定場所へ運べるかを各プレイヤー同士で競い合うゲームです。

コマは上下左右のどこかの方向に直進しかできませんし、盤面上には直進を遮るよう設置されている壁があり、たどり着くまでの手順を考えるだけで大変です。

全員で同じパズルをしているようなゲームとも言えるかもしれません。

それでもこのゲームのおもしろいポイントは「みんな同じ状況で、同じ目的を達成しようとしている」といったところにあるかと思います。


全員が同じ1つのコマを同じ目的地へ運ぼうとしているにも関わらず、「13手で運べる!」、「いや、10手でいけるぞ!」なんていう謎解き合戦のようなことが発生します。

そんな言い合いの中、「5手でいけるよ」なんて言う人が出てきたときには勝負そっちのけでどうやって運ぶのかが気になってしょうがないです。


全員一斉に始まって全員一斉に終わるため、暇な時間も発生しません。

考える時間も誰か1人目が「○○手!」と宣言してから1分間(それ用の砂時計同封)と決まっているため、パズルゲームのようなゲーム性でありながらサクサク進んでいくところもおすすめできるポイントです。


私がプレイするときは本当に最小手数と思われる手数が宣言されるまで、時間関係なく考え続けるといったハウスルールを採用するときもあります。

その場合は最小手数と思われる手数を最初に宣言した人が勝ちといった感じですね。


これ以降は共感してもらえるかがわかりませんが、サイ○リアにあるとても難しい間違い探しを友達同士で「あーでもないこーでもない」と言い合いながらやった経験ありませんか?

あの感じに少し似てる部分を感じてまして、みんなで同じ謎を解くようなゲームはどこか懐かしくて大好きです。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • kannzi yasui
まつりさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 223興味あり
  • 1000経験あり
  • 249お気に入り
  • 431持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力27
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見5
作品データ
タイトルハイパーロボット
原題・英題表記Rasende Roboter
参加人数1人~999人(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期1999年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

まつりさんの投稿

会員の新しい投稿