マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2017年~

ハンザの女王2件のレビュー

  • 165
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月10日 13時21分
    『4色の資源でマジョリティ争いが基本だが、得点獲得ルートが他にもあって悩ましいゲーム』某家でのゲームマーケット2017秋のゲーム崩し会にて先日プレイしました。ゲームマーケット当日、ゆるあーとさんの試遊卓に陣取っていた、俺専用ゲームズの某氏より「3人プレイが一番おすすめ」と紹介されたので、3人プレイで遊びました。基本的な流れは①手持ちのカードの2枚のうちの1枚を表or裏向きでプレイ(表はラウンド跨ぎで引き継ぎの資源量UP、裏は街の点数調整と後述のカードドローの縛りを無くす)②場のカードのうちドロー可能な8枚の中から、1枚選んで手札に加える(①で表向けにプレイした場合は対応する色のエリアにあ...ドラさんのレビューを読む
  • 281
    名に参考にされています
    投稿日:2017年11月27日 13時10分
    事前試遊会で、デザイナーのゆたかさんに直接インストをしていただき、遊びました!選択肢は狭い分1手に複数の意味があり毎回重要な選択を迫られるユーロゲームらしいゲームという印象。あと、ハンザをやったことがあると、あ、これ地名一緒だ!ってなって楽しい。毎手番で考えることは、2枚のうちどちらを出すかと、8枚のうちどれを拾うかだけ。ゲームのルールはデザイナーさん自ら投稿してくださっているので省略しますが、カードを出す、カードを拾うのにはそれぞれ次のような意味があります。カードを出す・カードには、左下に商品の数が書かれており、マジョリティ的な点数がラウンドごとに入ります。・カードには、人物が8種類い...まつながさんのレビューを読む

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク