• 1人~4人
  • 10歳~
  • 2016年~
362
名に参考にされています
2017年07月17日 16時53分

オーマイグーッズの拡張です。
拡張はなんとシナリオ集で、5つ入っていて、1から順番に遊びます。全部で5回遊ばないと全部遊べないんですね。

これ以外に、「全部入り」という、シナリオではない拡張としても遊べますので、そこは安心できそうです(限定でしか販売されず、手に入りにくい状況ですが… 2017年7月現在)

追記(2017年9月5日)
ホビージャパンさんから日本語版のアナウンスが出ました。


▼ゲームの概要

オーマイグーッズはプレイしたことがある、レビューなどを読んで大体知ってる、という方向けに書きます。

箱の中には、シナリオカード(チャプターカード)があります。これにはシナリオで途中分岐するようで、複数枚あるチャプターもあります。
シナリオはざっくりいうと、「戦争が起こりそうだ! 用心せよ」です。

ゲームはまず、チャプターカードに従って、山札の準備をします。

そして、今回追加されたイベントカードを用意します。これらの中身についてもチャプターカードに指示が書かれています。

ゲームは、フェイズが1つ追加されて、各ターンの最初に「イベントカードをめくって、適用する」というのがあります。ただ、イベントの中身はフェイズをしていることが多く、そのタイミングに発生します。

例えば、太陽のマークが2つではなく、3つ出るまでめくられるようになったり、追加された建物カードを引けるようになったり。

ゲームは、シナリオカードがなくなるまで必ず続きます。そのため、手慣れたプレイヤーがやるとチャプター1ではお金が結構あふれてきます。まー、チャプタ―1ですから、そうですよねーって思いつつ(厳しいシナリオは後半にありそう、という予想です)

勝利条件は勝利点のままですが、追加も少しあります。
そうして、勝者を決めたら、最後に「次のチャプターの準備」をして箱を閉じます。

そう、山札がどんどんパワーアップしていきます。きっと他にもあるんでしょう。


▼プレイの感想

チャプター1だけ、2人で遊びました。
2人で遊んだのですが、結構繁栄する方にバランスが組まれているため、テーブルをものすごく占有します。

ゲーム自体も淡々とするか、と言われれば、そうではなく、派手になります。これはこれでいい気はします。
一部で、変換になれてしまったプレイヤーが大差をつけすぎて勝つ、ということに対して、ある程度フォローされているのかもしれません。

新登場の人物カードや、イベントカードは結構強力なものがあって、偶然も増えたり。

総合で見ると、今はやりのレガシーシステム(シナリオシステム)として遊べ、遊ぶきっかけになるからいいじゃないかなーって思います。
とはいえ、1時間ぐらいかかるので、タイミングを見つつ遊ぶ感じにはなるのですが。



atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 18経験あり
  • 3お気に入り
  • 60持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルオー・マイ・グーッズ!:ロングスデイルでの反乱
原題・英題表記Oh My Goods!: Longsdale in Aufruhr
参加人数1人~4人(時間未登録)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

オー・マイ・グーッズ!:ロングスデイルでの反乱のレビュー

  • 353
    名に参考にされています
    2017年10月10日 22時00分

    オー・マイ・グーッズ!の拡張版です。日本語版が発売されたので購入し第一章だけプレイしました。第一章は説明込みで1時間弱ぐらいで終わりました。パンデミックレガシーみたいにシナリオが全5章用意されています。追加カード(建物カード+シナリオカード)として80枚ほどカードが増えており、シナリオとは別に基本のカードと混ぜて普通にプレイすることもできます。まず、説明書を読んだのに実際にプレイすると戸惑ったところをまとめておきます。(1) 最初は何も追加せずにプレイするうっかり我々は最初間違ってカードを加えてプレイしてしまいましたが、第一章ははじめは一枚も追加せずにプレイします。最初の用意の段階で「こ...

    acre_makerさんのレビューを読む

atcktさんのレビュー