マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 30分~60分
  • 10歳~
  • 2017年~

のびのびTRPG ザ・ホラー小夜風のリプレイ日記(2019年10月28日)

72
名に読まれています
2019年12月11日 06時46分

一人プレイです。

一人の場合は「カードをもとに物語を書く」という変則的な遊び方になります。

拙い文章ですが、どうぞ。


PC:女子高校生


場面1:血塗られたゆるキャラ

 突然目の前にふなっしーが現れた。その足下は赤黒く濡れており、その手に握られている狩猟銃の銃口は自分の右目に向けられている。

『パンッ』

 かわしきれず、こめかみを弾丸がかすった。これは危険だ。私はその場から逃げ出した。


場面2:ショッピングモール

  必死に走っていると、眼前にシャッターが現れた。重苦しいシャッターが轟音を立てて開き、潜り込んだ先は…果てなき広さのショッピングモールだった。ここで何か身を守る物を調達しよう。


場面3:廃墟

 武器を入手し、ショッピングモールを後にした私が次に辿り着いたのは、大がかりな廃墟だった。人の気配はなく、夜のわずかな光が、巨大な構造物を真っ黒なシルエットに彫り出している。

 私はここを知っている。ここは私の通う高校だ。なぜ廃墟に…不思議に思いつつも、知っている場所に安心した。


場面4:お風呂

何とか家に帰り着いた。温かいお湯に満ちた浴槽と、柔らかく空間を包み込む湯気…そうここはお風呂だ。いろいろなことがあったが、今だけは全てを忘れてお湯に体を委ねよう。


場面5:あの闇の彼方に

 リフレッシュした私は、武器を手にもう一度家を出た。そして来た道を戻る。ふなっしーに出会ったその先へ。

 高台に辿り着いた。闇が渦巻くその先に、ぼんやりと見えるものがある。

「あれは…?」

 あれこそ、私が向かわなければならない場所。全てはあそこで明らかになる。


クライマックス:黒幕

 「楽しんで頂けたかね?」

上等なスーツに身を包んだ人物が現れる。

「私が黒幕だ、フフフ…そして君の物語はここまでだ。」

黒幕の両脇に何人もの特殊部隊員が現れ、短機関銃を構えた。本当にここまでなのか?


 私は手にした武器…包丁を両手に持ち、後ろにいた人物を刺した。

「ぐふっ…な、なぜわかった。あれが偽物だと。」

「カンよ。」

「カン…だ…と?ふっふははは。その程度では、私の正体を明かすわけにはいかんな。」

ニヤリと不敵に笑うと、

「また会おう。」

そう言い残し、隊員たちと共に黒い霧となって姿を消した。


結局、奴の正体も目的も何も分からなかった。

「次こそは必ず。」

私はそう決心し、ゲームのコントローラーを床に置いた。

勝敗プレイヤー名最終得点
小夜風

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!

参加者 1人
2019年10月28日

このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 126興味あり
  • 318経験あり
  • 48お気に入り
  • 311持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力0
交渉・立ち回り13
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見11
作品データ
タイトルのびのびTRPG ザ・ホラー
原題・英題表記Novice Novice Table Talk Role Playing Game: The Horror
参加人数1人~5人(30分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

小夜風さんの投稿

会員の新しい投稿