マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

のびのびTRPGNOVICE NOVICE TABLE TALK ROLE PLAYING GAME

TRPGをボードゲーム化!みんなが語り手でみんなが登場人物!

このボードゲームは、古くから紙とペンで行われているTRPG(テーブルトークアールピージー)を簡略化したものです。
まず参加差者は勇者や村人など職業を選びます。そして最初のGM(語り手)とその左となりが場面PC(その場面の主役のプレイヤー)となります。
GMはまず場面カードを読み上げ、場面PCはその場面で要求されたダイスの判定かロールプレイ(役割の演技)を行います。その際GMに、例えば「この場面は私の職業である勇者っぽくかっこよくするから、判定の目標値を下げてもらえないかな?」などアピールするのも大事です。そしてGMは判定値を上げたり下げたりしたあと、判定によってはGMが成功か失敗かを判断します。場面PCは成功すれば光カード、失敗で闇カードを得ます。光、闇ともPCたちを支援するカードですので失敗を恐れず行きましょう(闇が若干ネガティブな内容というだけです)。
基本GMと場面PCの1対1で進行しますが、時には場面PC以外のプレイヤーも巻き込まれます(笑)
全員が3回GMをしたらクライマックスのカードから、代表のPCを一人決めて1枚引き、その試練をみんなで挑んで成功・失敗に関わらずゲームが終了します。
このゲームの特徴は、ダイスによる判定だけでなくTRPGの醍醐味の演技を手軽に楽しめるので、ボードゲームやTRPG初心者にお勧めしやすいという点です。また、場面カードや光・闇カードなどは1回で遊びつくせないほど大量にありますので、何度でも遊べる楽しみがあります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. さいスケさいスケ
マイボードゲーム登録者
  • 42興味あり
  • 76経験あり
  • 14お気に入り
  • 83持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルのびのびTRPG
原題・英題表記NOVICE NOVICE TABLE TALK ROLE PLAYING GAME
参加人数3人~5人(30分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格3,000円
クレジット
ゲームデザイン今野 隼史(Takashi Konno)
アートワーク今野 隼史(Takashi Konno)
関連企業/団体辺境紳士社交場
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 243
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月28日 20時58分

    TRPGを疑似体験するコミュニケーションゲーム。カードを使ってロールプレイしたり(必ずしも演技することを要求はしません)ダイスを振って冒険者として冒険を成功させよう、というゲームです。一般的なボードゲームと違って、体験を主眼に置いているので、目的を達成できなかった=失敗、というゲームではなく、たとえ失敗したとしてもその体験、課程そのものを楽しむという点においてよりTRPG的なゲームと感じます。初期設定の技能から、キャラクターの途中の判定の成否によって属性が変わったり(失敗が必ずしもマイナスの経験になったり不利になるわけではない)想定していた自分の分身が毎回違ったキャラクターとしての顔を見...

    Arugha_Satoruさんのレビューを読む
  • 369
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月28日 01時23分

    名前の通り、のびのびとTRPGができるボードゲームです。パーティーゲーム寄りでみんなとわいわい楽しむゲームですので、失敗なんか気にせず行きましょう。また、TRPGしかしない人でもGM経験するのが不安、はじめてのTRPGは緊張するという方は、このゲームを手に取ってならすのもいいと思います。また、慣れてくるとGM/場面PCの組み合わせに面白みがなくなるので、1週ごとに手番の周回方向を変えたり席替えをするなど工夫すれば、新鮮な気持ちでゲームができます。

    さいスケさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 246
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月28日 23時43分

    GMとなったときはちゃんと裁定しましょう。カードにも書かれていますが判定の目標値の操作範囲は±2までです。成功させすぎあるいは失敗させすぎはぐだりますし面白味が半減します。といいつつ、どうするかは参加者でちゃんと決めて楽しめればいいとは思います(´∀`)

    さいスケさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク