マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 3分~5分
  • 10歳~
  • 2017年~

ニューロストレガシーあーるさんのレビュー

319
名に参考にされています
2018年05月09日 23時09分

奥さんと 2 人で 5 回くらいプレイしたかんじでは、少なくとも 3 人はいたほうが楽しめそうです。
今のところ、2 人プレーはお勧めできません。

2 人だと、勝ち方が

  1. 相手の手札を見る、または手札を交換する (= 死亡フラグをたてる)
  2. 自分が都合のいいカードを持っていないなら、都合のいいカードを待つ
  3. 相手が都合の悪いカードを持っていたなら、手放すのを待つ
  4. とどめを刺す (= フラグ回収)

という一本に、ほぼ絞られてしまう気がします。

この流れに乗れるカードが早くきた方が勝ちみたいな、運だけ。

手札が常に 1 枚だけでカードの種類も枚数も決っているという特徴が、通常は読み合いやブラフを助長してゲームを面白くするんでしょうが、2 人プレーの場合逆に「予想外のことが起こりにくい」というよくない方向に働いてしまいます。
相手の手札が既に知っている手札なのかどうかの確率が 1 か 0 か半々かの 3 パターンだけになってしまうので、予想外のことは山札からしかやってこなくなってしまいます。
こうして、まさに運ゲーになりさがってしまうという。

3 人以上いれば誰か 1 人の手札を知っていても、そのカードはどんどん他のところに行ってしまうから、確率がいろいろ変動して上記の勝ち方が成り立たなくなってくれるのかなと。
そしたら、山札じゃなくてプレイヤーが予想外のことを起こす余地が広がって、がぜん面白くなりそうな気はします。

ウチの場合、まだ探索フェーズまでいったことがありません。
確実に、どちらか運がなかった方が脱落させられます。

プレイ回数がまだ少ないので、もっとやりこんだらまた変わってくるかも。
それまで 2 人プレーを続ける根気があればですが。

それよりも、子供がやる気になってくれて 3 人プレーができたらなぁ。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ニューロストレガシー
ニューロストレガシーの通販
16枚のカードで生まれる物語。ルールはシンプル、組み合わせは無限。
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,540(税込)
あーるさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 102興味あり
  • 437経験あり
  • 70お気に入り
  • 410持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力17
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ12
攻防・戦闘2
アート・外見5
作品データ
タイトルニューロストレガシー
原題・英題表記NEW Lost Legacy
参加人数2人~4人(3分~5分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格1,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

あーるさんの投稿

会員の新しい投稿