マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

首刈り村殺人事件Murder case in KUBIKARI village

  • 首刈り村殺人事件の画像

脚本家製作のマーダーミステリー(「Yの葬式」の作者の2作目)プレイ人数5人(GM不要)

プロローグ
昭和五十年代。大分県。九州とはいえ、冬は雪に閉ざされてしまうような山奥、某地区にある目刈村(メンカルムラ)が舞台。
この村には宗教団体「天の軸棒教」の本拠地があり、村民は全員が信者であった。一説には戦国時代以前から続く教団で、大分県を中心に日本全国に信者を持つ宗教団体であった。一般社会といい関係を築いてはいたが、裏ではカルト団体と称されるようなことも行っていた。

ある朝。次期教主である長男と、彼を訪ねてきた来訪者が姿を消した。
あちこち探してみたが痕跡はなく、二人でこっそりと村を抜け出したようにしか思えなかった。困った次男と三男はそれぞれ助っ人を呼び、捜索をすることにした。

数日後、霊能力者、民俗学者、小説家が教団の本堂に集った。その日も雪がふるような寒い日だった。
次男、三男も加わっての捜索のさなか、首のない死体が教主の部屋に現れた。

プレイ人数
5名(GM不在でもプレイ可能)

プレイ時間
約3時間

クレジット
デザイン:ルーシー・ラブグッドウィル
関係団体・企業:ボードゲームカフェJOGO
        ボドゲ制作部in大分「大分から来ました。」

〇ロールプレイ重視の作品
〇少人数シナリオ

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. みけ(˙꒳˙ก̀)花々のteaparty作成中みけ(˙꒳˙ก̀)花々のteaparty作成中
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 8経験あり
  • 0お気に入り
  • 15持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル首刈り村殺人事件
原題・英題表記Murder case in KUBIKARI village
参加人数5人用(180分前後)
対象年齢15歳から
発売時期2020年~
参考価格3,000円
クレジット
ゲームデザインルーシー・ラブグッドウィル(Lucy Lovegoodwill)
アートワークuneun
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿