マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2018年~

モンスターメーカー(新版)白州さんのレビュー

478
名に参考にされています
2018年05月21日 10時13分

5/10

1988年に出た古株が30年ぶりにリメイクされた作品。

噂には聞いていたが、イラストや世界観が自分にはあまりピンときていなかったので、個人的には、興味はあるものの、なかなかプレイする機会がなかった作品でもある。

まず、このタイプのゲームは、イラストや世界観でピンとくるかどうかで面白さはだいぶ変わると思う。あとは、昔やった懐かしゲームがリメイクされたという嬉しさで、古参は喜ぶのだとも思う。

なので、そのどちらにも属していない(1988年に出たばかりで盛り上がった層でも、イラストや世界観で楽しさアップする層でもない)個人の評価という前提でこのゲームをレビューをする。

ゲームの根幹はシンプルで、ダンジョンの奥まで進んで、宝を見つけて、帰ってくるというテーマだけ聞けば面白そうな内容。

ダンジョンを進むには、ダンジョンカードというものがあって、これには数字が10〜40ついている。例えば、10を出せば、10m進んだことになり、これが合計100m以上になったら、宝を見つけることができる。

宝は山札から引いて、ランダムで決定するのだが、なかなか得点差が激しい笑

次にモンスターカードがあって、これは他のプレイヤーが進んでいるダンジョンに配置することができる。モンスターには攻撃力があり、これもかなりの差があり、1桁の攻撃力もあれば、25なんていうめちゃくちゃ強いモンスターもいる。

そして、このモンスターを倒すのがキャラクターカードで、基本的にはサイコロを何個振ってその合計値で倒すという感じ。これもキャラ差がかなり激しく、すげー弱いやつもいれば、めっちゃサイコロ触れるやつもいる。

ちなみに手番では、ダンジョンを進むか、モンスターで妨害するか、モンスターを退治するか、手札を交換するかの4つの中から選ぶため、プレイヤーのやり方によっては、妨害祭りでむちゃくちゃゲームが間延びする可能性があり、ここらへんは時代を感じた。

あと、山札の中にはトラップというカードがあって、手札を引く際に、これを引くと、通常の手札が5枚のところを1枚にしなければならないという凶悪なものもあったり、ここらへんも今の時代のゲームと比べると、どうしても気になってしまう。

好きな人は好きなんだろうけど、世界観も思い出もない自分にとっては、正直、終わるかどうかわからないソワソワ感がゲーム中、ずっとつきまとっていた・・・。

そんで、誰かがダンジョンから帰還すると、それ以降は手札を補充することができなくなるので、誰かが帰れば、一気にゲームは収束するので、これはいいと思った。

ちなみにダンジョンから帰れなかった場合、足りなかった距離の10倍の失点が待っている笑(つまり、30m足りなければ、300失点くらう)

宝物は効果なもので400点とかそこらへんだった記憶があるので、これは致命的だ。

もう逆にこのアンバランス感を楽しむ勢いでないとこのゲームはあまりオススメできない。

個人的には、アンバランスな要素がありすぎて、ノリや世界観を楽しむ方向でないと面白く感じることはできず、だがイラストや世界観が正直自分の好みでもないため、結果的にあまり楽しむことはできなかった。

繰り返すが、世界観やイラストが好きだったり、思い出深い作品のリメイクをプレイできる嬉しさがある人であれば、オススメというか、楽しむことはできると思う。

このゲームをプレイしたことがなく、このゲームの世界観やイラストに興味ない人で、今の時代の洗練されたゲームに慣れている人はあまり、このゲームの面白さよりも、理不尽さを感じる可能性があるかもしれない。

ただ、友人とワイワイやる分には盛り上がると思うし、30年経ってもリメイクされるゲームの根幹的な要素はたしかに感じたので、ゲーム的には評価4だが、それらを考慮して+1としておく。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 65興味あり
  • 247経験あり
  • 51お気に入り
  • 206持ってる
プレイ感の評価
運・確率8
戦略・判断力7
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘10
アート・外見7
作品データ
タイトルモンスターメーカー(新版)
原題・英題表記Monster Maker: New Edition
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格3,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク