マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 30分前後
  • 13歳~

まじょたま!豊中智樹さんのレビュー

157名
2名
0
3ヶ月前
バカは生贄!の名の通り、めちゃくちゃ頭を使うゲーム

プレイの感想として、ハマる人にはめちゃくちゃハマるゲーム。


絵柄は可愛らしい感じだが、見た目に反してずっと頭を使い続けるヘビーゲー。

手札はたったの3枚、カードの種類も数字の1から5だけとシンプル。
毎回お題は変わるけど「手札の合計値が一番多い人はだれ」など比較的シンプル。
プレイヤーができることも「あなたが持ってる一番大きい/小さい手札は〇〇ですか?」「あなたは〇〇を○枚以上持っていますか?」という3つだけ。
使われなかったカードは基本的に全部公開される。

ここだけ聞くとボードゲームに慣れた人なら何が難しいのかと思うだろうけれど、個々人に配られる「まじょたま」というカードがゲームをめちゃくちゃ複雑にする。

これには「嘘をつけない人」「嘘をついていい人」「嘘しかつけない人」の3パターンがあり、これにより質問に対して各プレイヤーの回答が嘘なのか本当なのかも考えないといけなくなる。
そうすると取る戦略みたいなものもあって、例えば手札は各人3枚なので「あなたは1のカードを4枚以上持っていますか?」と聞きさえすればその人が「嘘しかつけない人」かどうかは判断ができるけれど、お題ごとに質問ができる回数は指定があるし、この人が「嘘をついてもいい人」ならその質問は完全に無駄撃ちだし、でもそいつが嘘を吐いてるのかどうかわからないと今後の質問が全部無駄になる可能性もあるし……と、何を聞くかもめちゃくちゃ悩む。

それ以外にも

  • 残ってる数字から各プレイヤーの手札の数値を予測
  • 誰が嘘をついていたら矛盾するか考える
  • なんでそのプレイヤーがその質問をしたのか推測する
  • 各プレイヤーがいつ誰になんて質問をして、それに相手はなんて回答をしたのかを覚えている

と、確率も推論も記憶力も求められるのでひたすら脳が疲れる。

ほかにもまじょたまやお題によって、負けたときのペナルティが調整されていたりバランスは結構調整されているように思う。

頭を使うゲームが好きな人にはかなりハマるだろうけれど、ライトゲーや運ゲーが好きな人には全然ウケなさそう。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
おぐりん
びーている / btail
まじょたま!
まじょたま!の通販
バカは生贄!
1~2営業日以内に発送
日本語ルール付き/日本語版
¥2,200(税込)
皇帝
豊中智樹
豊中智樹
シェアする
  • 14興味あり
  • 8経験あり
  • 7お気に入り
  • 10持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

会員の新しい投稿