• 2人~4人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2014年~

ラブレターだかさんさんのレビュー

94
名に参考にされています
投稿日:2017年09月20日 16時20分

単純明快。ルールも簡単で短時間で終わる。大人から子供まで楽しめる名作だと思います。

あまりこのようなゲームに触れたことがない人でも、あっという間に虜になるようなゲームです。


シンプルだからこそ、興味を持ってもらう最初のきっかけになるゲームだと思います。

私は、このゲームでボードゲームにはまりました。


少人数でちょっと時間があるときにサクッとやりたくなります。


ちなみにケン・ニイムラバージョンのほうが小中学生にはかわいい!ということで受けはよかったです。

  • 123興味あり
  • 994経験あり
  • 320お気に入り
  • 854持ってる
販売中の商品
プレイ感の評価
運・確率33
戦略・判断力27
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ33
攻防・戦闘1
アート・外見9
作品データ
タイトルラブレター
原題・英題表記Love Letter
参加人数2人~4人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格1,998円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ラブレターのレビュー

  • 76
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月16日 17時16分

    単純明快なルールと、1ラウンドのプレイ時間が短いので、ちょっとした合間にも遊べるライトなゲームです。ただ、本質はポイント争いなので、高得点者が常にマークされ集中攻撃を受けていきます。ある程度ゲームが熟達した同士でやるとかなりアツくなるゲームです。※この件については「戦略・コツ」にも大体のところを投稿したので、そちらも見てください。そこから少しあるあるネタを抜粋します。・序盤~中盤では極力「兵士」を手元に残す。・自分の手番から一番遠いプレーヤー(右隣)を狙い、兵士・男爵で集中攻撃。・「僧侶(女中)」はできるだけ先に出す。・序盤で「将軍」(王)で交換があった場合は交換先はたいてい「姫」。・序...

    続きを読む
  • 114
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月10日 18時09分

    たった16枚のカードで、運と戦略とがちょうどよく入り混じっていて感心するゲームですプレイ時間が短いんで 4人限定のゲームではありますが、ボドゲ会の人数揃うまでの暇つぶしにはちょうどいいです妙にプレイヤーの人間性が出ますしね

    続きを読む
  • 161
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月07日 01時15分

    たった16枚のカードでここまでの心理戦を楽しめるゲームは他にないと思います。ルールも単純で、ルールよりこのゲームの世界観を説明するほうが難しいです。ゲームが初めての友人と遊ぶならまずこれと言っていいでしょう。欠点は、サマリーの背面がゲーム中に使用するカードと同じものなので混ざる点です。

    続きを読む
  • 218
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月26日 01時07分

    シンプルかつ短時間でプレイヤー間の腹の探り合いと殴り合いを楽しめる良作。1ゲームにかかる時間も短く、インストにかかる時間も短いので初心者の初ゲームにもオススメできる。ただ、派生作や多人数拡張をプレイした個人的な感想としては、拡張なしの4人プレーがベストだと感じる。

    続きを読む
  • 47
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月19日 15時51分

    手軽にプレイできるので何回もできます。読み合いの要素も勿論あり、配役もいじれます。人数が増えても、周回してワイワイできるので軽くやれるのが良いです。戦略・記憶をそこまでガチで求められないのも○

    続きを読む
  • 208
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月30日 00時46分

    プレイ人数は2~5人で1プレイ3分程度。ルールも覚えやすく、全カード効果の一覧カードが4枚用意されて、初心者はそれを見ながらプレイ出来る。運悪く自分の手番が来る前に脱落することも、たまにあるが、短時間で終わるために気にならない。むしろ、笑いのネタになる。追加カードがあり、自分達の好きな構成で遊べる。自分達は女侯爵と伯爵夫人と魔術師を1枚ずつ追加してやっており、おすすめ!毎日数回プレイしているが、毎回違った展開になり飽きない。バランスの良いゲーム。

    続きを読む
  • 56
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月22日 11時12分
  • 147
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月20日 17時18分

    お姫様への想いを綴った恋文を、いろんな人の手を介して届けてもらうという心温まるストーリーを想像しながらプレイすると、楽しさ2倍です。一定階級以上の人が大臣に見つかると、手紙を破棄せざる負えなくなったりーー。王様に見つかると、すぐに手紙が処分されてしまったりーー。はたまたすでに姫に手紙が渡っているのに、なくなく手紙を捨ててしまないといけない状況ができてしまったりーー。そんなワンシーンを想像しながら遊ぶと時を忘れて楽しめます。

    続きを読む
  • 127
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月27日 16時56分

    16枚のカードしかないけど同じ種類のカードが5枚、2枚、1枚とそれぞれ枚数が違う所がポイント。手札は各人が1枚づつもっている状態で順番に山札から1枚とって2枚の内どちらかを場にだしてカードの特殊能力を用いて勝負する。 前半はカンを頼りに中盤からは確立や、相手の考えることを予測して勝負できる所が面白い。

    続きを読む
  • 241
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月16日 16時15分

    お城にいるお姫様(ここは例えば新垣結衣としよう)に、ライバルの妨害を避けつつラブレターを届けに行くゲームです。あなたを助けてくれるのは以下の登場人物。・兵士・・・弱いです。ですが、ライバルの協力者を見事当てられればライバルを蹴落とすことができます。「あのーそちらに僧侶さんいます?いませんかそうですか・・・失礼しました。」・道化(でばがめ)・・・ライバルの協力者が誰なのかを、見ることができます。「ふっふっふ、あいつの所は兵士だよwww」・僧侶・・・そこそこ強いです。自分にかけられる邪魔から1ターンの間守ることができます。「私の力で廻りの物から守って差し上げましょう。ささ、二人はこちらへ」・...

    続きを読む
  • 379
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月15日 20時01分

    非常に完成度の高いゲームだと思います。ゲームには約16枚ほどのカードしか使わない。それなのにこれほどかというほどの情報戦、そして心理戦が繰り広げられます。最初にプレイをした時は「これ...運ゲーじゃね?」というような印象を受けますがプレイを重ねれば重ねるほどこのゲームの奥深さが分かってきます。ゲームを構成するカードが16枚しかないことが逆にこのゲームを奥深くしているのです。全てのカードの内容を把握すると「このカードとこのカードはもう二枚場に出てるから...相手のカードは...」とか「このカードを出したってことはこのカードの可能性が高い...」といった推理ができるようになってきます。さらに...

    続きを読む
  • 170
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月04日 19時53分

     ちょっとした待ち時間などに軽く出来て、しかもシンプルだけど熱くなれるゲームです。相手の手札を推理して、ピンポイントで追放できた時は本当に快感なのですが、ガチの方々に囲まれてやったら、あっという間に追放されてしまいました・・・(爆)ルールを覚えるのも簡単なので、今までボードゲームなどを全くやったことのない初心者の方でも割と入りやすい良いゲームなのではないかと思います。

    続きを読む
  • 104
    名に参考にされています
    投稿日:2016年12月03日 23時54分

    設定としては姫に恋文をこっそりと届けるというミッションを協力者の下、妨害に合いながらも届けるといったゲームになっています。単純で1枚のカードをやりとりするだけに戦略や戦術などの面がでてきて、面白いです。将軍ENDなどはかってにシナリオを作ったりしてみても楽しめるゲームになっています。

    続きを読む
  • 265
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月10日 11時39分

    【2016/11/16 AEG製バットマン版追記】この熱い思いを恋文にしたためてあの人に届けたい!日本発の名作ボードゲーム"LOVE LETTER"の海外版を入手しましたので軽くレビューをします。今回入手したのはAEG製のBatman版そう!あのアメコミヒーローのバットマンが活躍するのです!姫の代わりはジョーカー。バットマンが"1"のカードなので恐らくイメージとしてはプレイヤーは悪人で、バットマンでライバルを蹴落としつつ、自分の悪名を高めるイメージでしょうか?■取説イントロ意訳■ゴッサム・シティは革新と危険に満ちた都市です。凶悪な犯罪者たちはゴッサム・シティを我物にしようと暗躍しています...

    続きを読む
  • 265
    名に参考にされています
    投稿日:2016年05月06日 11時04分

    たった16枚のカードでこれほどまでに楽しめるのかと感心するゲームです。短時間で決着がつき、何度もやりたくなります。さすが外国で複数の別バージョンが出るくらい評価されているゲームですね。

    追加カードがあるので、プレイヤーがある程度慣れてきたらカードを入れ替えて、違った雰囲気も楽しめます。長く遊べるのもいいですね。

    またロジカルに考えることが好きな人にもお勧めで、ゲームが進むごとにオープンになっていくカードやカードの出し方を見ることで、他プレイヤーの手札をある程度想像することが出来ます。

    運要素があるとしたら、最初の手札で即死になる組合わせのカードを引いてしまうことくらいで...

    続きを読む
  • 90
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月10日 18時14分

    お姫様にラブレターを届けるというカードゲーム!
    カードの種類も少ないので覚えるのが苦手な人でも全然大丈夫♡
    私が遊ぶときは即死カードを抜いて別のに入れ替えて遊ぶ方事が多いのですが、バランスが崩れたりすることなく遊べるので、好みのカードに差し替えて遊ぶのもオススメ♡

    続きを読む
  • 132
    名に参考にされています
    投稿日:2016年04月09日 09時18分

    姫にラブレターを渡すため、いろんな人に手紙を託していくというロマンチックな設定のゲームです。その雰囲気にあう綺麗なイラストも良いですね。ボドゲに馴染みのない友人を引き込むための軽いゲームとして購入しましたが、正解でした。
    能力がそれぞれのカードに書いてあり、文章にすると分かりにくく感じるかもしれませんが、いざプレイしてみるとひとつひとつの能力は単純で分かりやすく、すぐ慣れると思います。たった16枚のカードですが、色んな展開を見せてくれます。終ったあとに「もう一回やろ!」と言える手軽さも良いですね。
    2人からプレイ可能ですが、すぐに終わってしまう事が多くなるので3人以上お勧めです。追加...

    続きを読む
  • 82
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月07日 16時27分

    兵士で殴って、愛を勝ち取れ!

    可憐なタイトルとは裏腹に内容物の、カードの約半分は相手を攻撃して脱落させる効果を持っている。
    故に開始1分で恋敗れ散っていくプレイヤーも珍しくない。
    プレイ感としては皆が人狼になれる『人狼』である。
    きっと修羅の国のお姫様にラブレターを届けるゲームなのであろう。

    人狼などの正体隠匿系ゲームは難易度が高かったり時間がかかったりして敬遠する人が多いかもしれないが
    『ラブレター』はルールもシンプルで時間も短い。
    運の要素も多分に絡み親しみやすい作品となっている。
    それでいて考え所もしっかりある。

    普段から正体隠匿ゲームが苦手で敬遠して...

    続きを読む
  • 58
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月04日 17時56分

    手札を1枚持っていて、順番が回ってきたら山札から1枚引き、
    どっちかを使う、ただそれだけ。
    そして、山札がなくなった時点でより大きい数字のカードを持っていた人の勝利です。
    しかし、カードの効果には、相手を脱落させるものや、
    カードを交換させるものなど、いろいろな効果があり、
    シンプルながらいつも2択のジレンマに悩まされるゲームとなっております。

    続きを読む
  • 124
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月01日 16時32分

    この作品は私が初めて購入したボードゲームです。
    ルールも簡単で1回のゲームも短時間で決着が付く手軽さでボードゲーム初心者の方に特にオススメしたい作品です。
    ルールが簡単で短時間なんて物足りないのでは?と思うかも知れませんがそんな事はありません。ちょっとした駆け引きと推理力が試されるので遊び応え十分です!
    追加カードで王様を入れたり役職を入れ替えるだけでゲームバランスを変化させれるので、ゲームの展開が一定にならず長く遊べますよ。

    続きを読む

だかさんさんのレビュー

会員の新しい投稿