マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~120分
  • 12歳~
  • 2020年~

アルナックの失われし遺跡h_hvさんのレビュー

315名 が参考
1名 がナイス
29日前

初投稿!

プレイ人数は妻との2人戦で感想です。

ゲームの流れ等は他のレビューをご参考にお願いします。

良かった点

1. ワーカーが二人しかいないのでワーカーにできることが少なく、やることを悩みすぎずに済んだことが軽いプレイ感につながっていてよかった。

2. 基本研究で点数を伸ばしつつ、探検でリソースを稼いだり、守護者撃退したりして点数を伸ばすのだが、探検主体にやっても研究主体にしても、得点差が付きにくかったのもよかった。

3. マップが表裏の二種類あり、表面軽い感じでプレイできるが、裏面だと表ほどリソースがもらえず、二人目の助手が早どりになり、助手の選択肢が狭まることにより、リソース不足になりがちでなかなか苦しい展開になるが、研究に競争意識が出てよかった。

4. 5ラウンドで終わるため、時間が長くなりにくく、デッキ構築要素はあるが、デッキを効率よく回してカードアクションするというより移動やリソースを得るためのカードなのでそこまで悩むこともなかったのがよかった。

個人的な感想

1. コンポーネントが多いので、セットアップに時間がかかる。大したことではない。

2. 二人だとワーカーの競り合いがほとんど起きないので、ソロ感がある。研究開発には追加アクションのはやどりがあるので、競り合いが多少発生するが。これは二人でやっているためなので、人数が増えたら問題ないとも思う。

3. マップ裏面では研究に必要なリソースが多くなり、マップ表面ほど研究が強くなくなり、探検の重要度が増す。また研究の上の段で恐怖カードを引くことにより減点が増えるため、探検との差が縮まりやすい。結果、バランスが取れて、ゲーマーにオススメマップになっている。

このゲームは中量級にしては重いかもしれないが、中量級で30分くらいのゲームを好む妻の今年ベストに入ったゲームなので、中量級の重めのゲームをやってみたい方はぜひ手に取って楽しんでみてほしいです。




この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
藤森 あつし
大臣
h_hv
h_hv
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 151興味あり
  • 265経験あり
  • 110お気に入り
  • 207持ってる
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力16
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見12
作品データ
タイトルアルナックの失われし遺跡
原題・英題表記Lost Ruins of Arnak
参加人数1人~4人(30分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿