マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 120分前後
  • 13歳~
  • 2010年~
  • 79
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月21日 16時51分
    舞台はロンドン、ホワイトチャペル地区。切り裂きジャックとして有名なジャック・ザ・リッパーによる連続殺人をモチーフにしたゲームです。ミステリー小説が好きな私が、初めて買ったボードゲームでした。やった事はありませんが、スコットランドヤードにゲーム性がよく似ているようです。プレイヤーはジャック役ひとり、その他はジャックを追う警察官役に分かれて勝負をします。ジャックによる殺人事件発生→ジャックはその現場から秘密裏に自分だけが知っている隠れ家に帰る→警察官はジャックに逃げられる前に捕まえるという鬼ごっこをボードで繰り広げるゲーム。当然ジャックの駒は存在しないので、どこに逃げたのかメモとペンで記録し...天瀬涼太さんの「ホワイトチャペルからの手紙」のレビュー
  • 307
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月21日 18時11分
    実在の未解決事件を題材にしてプレイヤー同士で追いかけっこをする、とても面白いゲームです♪舞台は1880年頃のイギリス、切り裂きジャックに関する凄惨な殺人事件を背景に、プレイヤーは犯人(切り裂きジャック)1人と警察側に分かれボード上で追いかけっこを行います。いわゆる「スコットランドヤード」系ですが、特徴としては「犯人はボード上に姿を現すことが全く無く、決まった時間以内にアジトに帰らなければならない」ということ!警察側は、犯人が居場所を公開する事はないので、最初は探すのが非常に困難です。しかし犯人が犯行現場から移動を始めアジトに帰る事は知っているので、その足取りを探しマーカーを置いたりして推...うささんの「ホワイトチャペルからの手紙」のレビュー
  • 294
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月20日 17時34分
    7/10スコットランドヤード系のゲームでは、一番ではないかという人もいるボードゲーム。ちなみに自分がやったことある同系統のゲームは「スコットランドヤード」「ドラキュラの復讐」「ホワイトチャペル」「ラストフライデー」あたり。未プレイの「ミスターX」は評価高いので気になるが、現時点では、プレイした4つの中でこれが一番好き。一番有名なスコットランドヤードと比較すると、まず、逃げる側はスコットランドヤード以上に難易度高い。なぜなら、ホワイトチャペルの逃げる側は最初に隠れ家を決めなければならず、ゲームは全部で4ラウンドあるのだが、その全ラウンドでその隠れ家に逃げ延びなければならない。よって、後半に...白州さんの「ホワイトチャペルからの手紙」のレビュー
  • 340
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月04日 16時15分
    19世紀末、ロンドンの街中を震撼させた「切り裂きジャック」を題材とした作品です。「スコットランドヤード」や「ミスターX」等でお馴染みの「犯人役VS警官役」でゲームは進行し、犯人の切り裂きジャックは4回の殺人を成功させ逃げ切れば勝利、警官は協力して切り裂きジャックの逃走経路から居場所を突き止め逮捕できれば勝利となります。序盤こそ切り裂きジャックが有利ですが、後半になると警官側は隠れ家の目星をつけることができるので、徐々に切り裂きジャックが苦しくなっていきます。この手のゲームにありがちな「皆協力型だけど、声の大きい人の意見が採用される」ことを防ぐために、各ラウンドで「捜査主任」を選出し、その...重ゲ会さんの「ホワイトチャペルからの手紙」のレビュー

会員の新しい投稿