• 2人用
  • 30分前後
  • 9歳~
  • 2013年~

オペラ座の怪人ナベさん/らいとぱわーさんのレビュー

144
名に参考にされています
2017年10月23日 09時19分

二人用のタイマンゲーム。

犯人役と怪人役でルールが違うため、ついつい交代してやりたくなってしまいます。

オペラ座の中で、怪人を見つけ出したい操作役、時間稼ぎをして逃げ切る怪人役。。。

1手1手に重みがある行動となるので、常に取捨選択をしながらそれぞれの勝ちに向けてじっくりと行動を進めるゲームとなります。

あと、テーマがいいっすよね。コンポーネントもカードにしっかりとした厚みとかがあって、こう、なんとなくエレガントな気分になれますw

ナベさん/らいとぱわーさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 31興味あり
  • 29経験あり
  • 13お気に入り
  • 26持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルオペラ座の怪人
原題・英題表記Le Fantôme de l'Opéra
参加人数2人用(30分前後)
対象年齢9歳から
発売時期2013年~
参考価格5,400円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

オペラ座の怪人のレビュー

  • 120
    名に参考にされています
    2016年04月03日 21時50分

    我が家では「バトルライン」に次ぐ、2人用大人向けボドゲの定番です。
    怪人役と捜査役に分かれて、毎ターン「怪人が出現できるか」を賭けて様々な能力をもったプレイヤーコマ(その内ひとりが怪人)をオペラ座内に動かしていき、消去法的に怪人を炙り出していく、またはそれを回避していくことになります。
    プレイ感が似ているゲームが経験上なく、説明しづらいのですが、、「正体隠匿系詰め将棋」とでも言うような感覚です。
    基本的に「相手がこう来たらこう返す」を考える詰め将棋思考ですが、慣れてくると「あのコマを意図的に回避させているので犯人に違いない」→ブラフみたいな正体隠匿系のプレイが混じり始めます。
    思...

    ばやし(on twitter:bayacchi)さんのレビューを読む

ナベさん/らいとぱわーさんのレビュー

会員の新しい投稿