マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1997年~

ぶくぶくItsukiさんのレビュー

145
名に参考にされています
2018年03月15日 12時03分

プレイヤーは島の羊飼いとなり、嵐による高潮から避難する競り型ゲーム。


1~12の値を持つ「水位カード」(各2枚)を、1~60の値を持つ「天気カード」(各1枚・初期手札ランダム12枚)で競り合い、最も大きい数字を出したプレイヤーは場に出ている2枚の「水位カード」のうち低い方を取り、2番目に大きい数字を出したプレイヤーが高い方を取る。その後、現在の「水位」が最も高いプレイヤーがライフ1点失う。(ライフは初期手札に描かれている浮き輪の数)

これを12ラウンド行い、1ステージとします。

1ステージ終了時点のライフ(浮き輪の数)が得点になります。

最も水位が低いプレイヤーは1点ボーナス。

脱落した(浮き輪がなくなった)プレイヤーは1点減点。

1ステージ終了後、自分の手札とライフ(浮き輪)を左隣のプレイヤーに渡して2ステージ目を開始。

同様に進行し、プレイヤーと同じステージ数を遊んだら終了。総合得点の多い人の勝ちとなります。


「水位カード」が出てくるタイミングの違いこそあれ、全員がそれぞれの初期手札とライフを使ってゲームを行うので、その点は平等といえます。

ようは自分が出した「天気カード」が上位2枠に入らなければ安全、というゲームです。

とはいえ、12ラウンドに渡って上位2枠を回避できるものでもないので、どこで数字の大きいカードを使っていくかの判断が重要になってきます。

1ステージ終わる毎に、相手が持っている手札が判明していきますので、どのくらいの数字なら安全かが分かってきます。


さくさく進行しますので、手軽な読み合いゲームとして4~5人で遊ぶと楽しいと思います。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
ぶくぶく
ぶくぶくの通販
大あらしが近づいて、島が沈んじゃう!? 手札をうまくプレイして避難しよう!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 1,980(税込)
Itsukiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 73興味あり
  • 602経験あり
  • 121お気に入り
  • 411持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力16
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ12
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルぶくぶく
原題・英題表記Land Unter
参加人数3人~5人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1997年~
参考価格1,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Itsukiさんの投稿

会員の新しい投稿