マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ぶくぶく
  • ぶくぶく当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1997年~

ぶくぶく / Land Unter の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
大あらしが近づいて、島が沈んじゃう!? 手札をうまくプレイして避難しよう!
  • シュテファン・ドラ(Stefan Dorra)作

 大変だ、タイヘンだ。南の島に大あらしが近づいて、高潮が押し寄せてきたぞ。羊飼いは大慌て。だってこの島は、台風が来るようなところじゃない。だから山も島もないのに、ずっと羊を飼ってきたんじゃないか。高潮で島ごと沈没しかねないぞ!

 プレイヤーは羊飼いとして、手札をうまくプレイして避難し、足元の水位に脅かされないように気を配らなければなりません。誰よりも高潮に脅かされた羊飼いは、浮き輪を1つ失ってしまいます。各ステージの終了時に手元に残った浮き輪の数だけプレイヤーは得点を獲得します。ゲーム終了時に獲得している得点の合計が最も高いプレイヤーが勝利となります。

ぶくぶくに5件の書き込みがあります

269
名に参考にされているレビュー
2018年01月12日 10時54分

9/10

カルカソンヌが大賞を受賞した黄金世代の2001年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品。

簡単にいうと、1〜60のカードがランダムに12枚配られ、全員で1枚伏せて同時に公開し、2番目に大きい数字を出した人が失点をくらうゲーム。もちろん、もうちょい深みはあるのだが、言葉では若干表現しづらいので、割愛する。

このゲームの特筆すべきところは基本的に運ゲー要素を含むカードゲームを2ゲーム目は、今自分が使ったカードを左の人に回すというルール。

それをプレイ人数分やるのだが、ゲームが進む毎に誰が何のカードを持っているのかがだいたいわかってきて、それに応じて読み合いがさらに熱くなる!

前回の隣の人と同じ手札を使っているわけだから、手札の運が悪かったんだよ!は通用しません笑

でも、同じ手札のはずなのに各プレイヤーの得点が違ってくるのが面白い。

お手軽なルールでここまで痺れるカードゲームはなかなかない!

最初は森のカッコーとして鳥がテーマになっていたが、次は豚にリメイクされ、その後またリメイクで現在の羊が採用されている。まぁ、羊が一番かわいいからいいと思う。

あと、原題はLAND WATERとある通り、直訳すると「沈没世界」とかになるんだろうが、これを「ブクブク」と訳したメビウスゲームズさんはすごいと思う。とはいっても、やはり「ぶくぶく」と日本語表記されるのは、やっぱり違和感はあるが笑

心理戦が若干強いので、ハゲタカとかを楽しめる人であれば、それのレベルアップ版としてオススメ。

ぜひとも全てのカードを使う5人プレイで5ラウンドで全ての手札を回してのプレイを推奨します!

続きを読む
閉じる
121
名に参考にされているレビュー
2018年03月15日 12時03分

プレイヤーは島の羊飼いとなり、嵐による高潮から避難する競り型ゲーム。


1~12の値を持つ「水位カード」(各2枚)を、1~60の値を持つ「天気カード」(各1枚・初期手札ランダム12枚)で競り合い、最も大きい数字を出したプレイヤーは場に出ている2枚の「水位カード」のうち低い方を取り、2番目に大きい数字を出したプレイヤーが高い方を取る。その後、現在の「水位」が最も高いプレイヤーがライフ1点失う。(ライフは初期手札に描かれている浮き輪の数)

これを12ラウンド行い、1ステージとします。

1ステージ終了時点のライフ(浮き輪の数)が得点になります。

最も水位が低いプレイヤーは1点ボーナス。

脱落した(浮き輪がなくなった)プレイヤーは1点減点。

1ステージ終了後、自分の手札とライフ(浮き輪)を左隣のプレイヤーに渡して2ステージ目を開始。

同様に進行し、プレイヤーと同じステージ数を遊んだら終了。総合得点の多い人の勝ちとなります。


「水位カード」が出てくるタイミングの違いこそあれ、全員がそれぞれの初期手札とライフを使ってゲームを行うので、その点は平等といえます。

ようは自分が出した「天気カード」が上位2枠に入らなければ安全、というゲームです。

とはいえ、12ラウンドに渡って上位2枠を回避できるものでもないので、どこで数字の大きいカードを使っていくかの判断が重要になってきます。

1ステージ終わる毎に、相手が持っている手札が判明していきますので、どのくらいの数字なら安全かが分かってきます。


さくさく進行しますので、手軽な読み合いゲームとして4~5人で遊ぶと楽しいと思います。

続きを読む
閉じる
119
名に参考にされているレビュー
2018年03月18日 10時58分

 3人でプレイした感想です。
 プレイヤーは南の島の羊飼いで、高潮からいかに羊を守るかという、シュテファン・ドラがデザインした3人から5人までプレイできるカードゲームです。
 カードは3種類あります。手札として使う天候カードは、1から60までの数字が書いてあり、同じ数字はありません。
 山札として使う水位カードは、1から12までの数字が各2枚あります。
 浮き輪カードは、いわゆるライフポイントで、自分の手札の天候カードに浮き輪の絵が描いてあるので、その分をゲーム開始前にもらいます。そして、この浮き輪カードが無くなったら、そのゲームから脱落します。
 さて、ゲームは、1ゲーム12ラウンドで行い、手札である天候カードを各プレイヤーに12枚配り、山札から水位カードを2枚めくった後、各プレイヤーは手札を1枚面を伏せて、皆で一斉にめくります。
 その中で、一番高い数字を出したプレイヤーは、水位カードのうち数字の低い方を引き取ります。二番目に高い数字出したプレイヤーは、残った数字の高い水位カードを引き取ります。残ったプレイヤーは、何も引き取らずに済みます。また、水位カードは、自分の前に置き、次に引き取った場合は、上に置いて更新していきます。
 その結果、一番水位カードの高い数字を持っているプレイヤーは、浮き輪カードを1枚失います。もし、浮き輪カードが全て無くなっても、まだゲームは続行できますが、無くなった後に浮き輪を失った際にはそのゲームからから脱落します。
 これを12ラウンド行うか、2人以上脱落するまでゲームを繰り返します。
 なお、得点方法は、1ゲーム終了後、浮き輪カードの数が得点となり、1つにつき1点です。全てないプレイヤーはゼロ点で、脱落したプレイヤーは-1点です。また、ボーナスとして、最も低い水位カードを持っているか、1枚も水位カードを持っていない場合には1点加算されます。
 これを人数分ゲームを繰り返して、一番得点が高いプレイヤーの勝利となります。
 ただ、次のゲームでは、左隣のプレイヤーに自分が使用した天候カードと浮き輪カードを渡します。自分も右隣が使用したカードを受け取り、次のゲームで使用することとなります。
 これが、このゲームの妙と言えるところで、全員が同じカードでプレイすることとなり、カードマネージメント能力を試されている気持ちとなります。
 自分が使用したカードも、相手が使用したカードも、ある程度覚えていなければいけないため、それを踏まえたプレイが必要となり、頭を絞りに絞ってカードを出すこととなる非常に難しくも楽しいゲームだと思います。
 ただ、カードの絵は、怖がってプルプルしているキュートな羊さんばかりなので、和みながらプレイできると思います。

続きを読む
閉じる
106
名に参考にされているレビュー
2017年09月21日 00時04分

ランダムに配られた数字のカード(天候カード)12枚を使って、場に出ている2枚の水位カードの競りを行うゲーム。

競り終了後に一番高い水位のカードを持っている人はライフ(浮輪カード)を一枚失う。

水位カードはラウンド中持ち越しのため、誰かがより高い水位のカードを獲得するか、以降の競りで現状よりも低い水位のカードを獲得(上書き)しないとライフを失い続けることになる。

表題どおり「ぶくぶく」と溺れるわけである。


ルールはとてもシンプルなのだが、このゲームのミソは

「初期手札と初期ライフは次のラウンド時そのまま隣のプレイヤーに移行される」

という点だと思う。

つまり、全ラウンド終了までに全プレイヤーの初期手札&初期ライフでプレイする事になり、

「いや~、手札が微妙過ぎて勝つの無理だわ~笑」

という言い訳が通用しないのである。

また、ある程度ラウンドが進むと、他人の手の内(数字カードの内訳)が分かってくるのでそれを加味した読みあいも熱い。

同じ手札でもカードを出すタイミングでこうも結果が変わるのか!とやればやるほど深みを増す隠れた良作だと思う。

ハゲタカに飽きた(慣れた)メンツでやってみると入りやすいかな。


あと、水位カードに書かれた羊と灯台のイラストがとても可愛い。

続きを読む
閉じる
104
名に参考にされているリプレイ
2017年05月21日 23時57分

ぶくぶく初プレイでした。

まずはルールを聞いて「これは悩む!」と思わされ、直感的に好きなゲームだなと感じました。

最初に狙ったのは灯台カードを引き取らないこと。一番小さい数字を出せばこれは狙えました。

しかしいつまでも小さい手札が続かないことは簡単に予想がつきます。

そこで二つ目に狙ったのは他の人より小さい灯台カードを取ること。

大きな手札を出せば狙える上に、もし取れなくても失点のリスクも無いし、完璧な作戦です。

その上、小さい数字の手札も残るし、これは負けないのでは?と慢心さえしました。


他のプレイヤーの灯台カードに⑫などの大きい数字が見えているので⑩を引き取っても問題ないはず。

そう、これが慢心です。


私は⑩を取る。いつの間にか他のプレイヤーは⑫ではなくなっている。私は失点をする。

他の人よりも私の灯台が大きい数字になってるんですね。

心の中は大混乱です。自分の灯台カードを書き換えたいけど、もしこの中途半端に大きい手札を失ってしまっては今後書き換えるチャンスがなくなってしまうかもしれない。でも早く換えないとおぼれ続けてしまう。でも…。でも…。でも…。とぐるぐる頭は考え続けます。

そしてここで狙うのはとにかく自分の灯台カードを換えること。

理由は、このままじゃ加点できずに負けちゃうから。


いちかばちかで手札の中から最大数を投入し、灯台カードの書き換えに成功。

気付けば、思惑通りにいくことが少ない展開が続きます。楽しいです。



うん。これは面白い。いずれ買います。

そして皆さん。面白いです。買いましょう。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,944(税込)日本語マニュアル付き残り1点
会員のマイボードゲーム情報
  • 44興味あり
  • 413経験あり
  • 86お気に入り
  • 294持ってる

チェックした商品