マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~8人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2006年~

インカの黄金弥七さんのレビュー

160
名に参考にされています
2018年09月29日 17時42分

遺跡に眠る莫大な財宝と危険な災い。探検家であるプレイヤーが行うことはたった一つ、先へ進むのか地上へ引き返すのかを判断することのみ
他のプレイヤーをだしぬき、単独行で探索を継続できれば大量の宝石はあなただけのものに!しかし災いに2度触れると全てを失ってしまう。
とっつきやすいルールで期待感と緊張感を誰でも楽しめるチキンゲームです。


ルールはごくシンプルで、
1.代表者がカードを引いて公開、財宝カードか災いカードかを確認する
2.引いたカードの処理をその時点で遺跡にいる全員に対して行う
3.このまま遺跡の先へ進むか地上に戻るかを全員一斉に表明する
4.先へ進むと表明したプレイヤーだけで再び1へ戻る
これを遺跡から全プレイヤーがいなくなるまで繰り返します。
財宝カードが出たら全員で平等に山分け、災いカードは2度同じ絵柄(絵柄は全5種)が出ると探索強制終了で遺跡内にいるプレイヤーはその遺跡内で見つけた財宝を全て失います。
見つけた財宝は持ち帰らなければ自分のものになりません。
つまりどこかで必ず自発的に「地上へ戻る」選択をしなければいけません。
早く帰れば山分けして余った分の財宝を回収できるメリットがありますが、あまり早く戻ると大きな点差がつく可能性があります。
遺跡に残るメンバーが少ないほど財宝の取り分は大きくなるので一人だけ残る展開になると一気に差をつけられますが、1枚カードをめくるごとに全てを失うリスクが高くなっていきます。
遺跡は全部で5ヶ所あるので5ヶ所回りきった後で地上に持ち帰ることができた財宝の数を得点化して勝敗を決めます。


やることが一つだけなので先の展開まで思いをはせて大きく悩むことなく、さらに全員一斉行動をするため手番という概念がないのでプレイ可能人数の多さの割にはゲームの進行はとてもスピーディに進みます。
またゲーム中に他のプレイヤーを妨害する要素がない上に、いいことも悪いことも遺跡内全員に同じ影響が出るため妙な連帯感が生まれて足を引っ張り合ったりするよりは和気藹々とした雰囲気も生まれたりします。
まさかここで帰らないよね?とかもう限界かななんていいながらちゃっかり逆の行動をとって周りを翻弄するのもこのゲームの醍醐味。

ピリピリした空気にならずに盛り上がることでしょう。

ただこのゲームは100回やった人もその日初めてやる人も勝てる確率がほとんど変わりません。
ゲームシステムの最善手を追い求めるタイプの人はおもしろいけど何度も繰り返し遊ぶことはないかもしれません。

ルールが簡単で人数が多くてもプレイ時間が長くならない強みがあるので、ゲームに不慣れな人が多く混じった場ではいい選択肢になりそうです。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
弥七さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 194興味あり
  • 1059経験あり
  • 216お気に入り
  • 629持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率19
戦略・判断力11
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ18
攻防・戦闘2
アート・外見3
作品データ
タイトルインカの黄金
原題・英題表記Incan Gold
参加人数3人~8人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

弥七さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク