マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 10分~30分
  • 5歳~
  • 2019年~

イラストリーyossyさんのレビュー

55
名に参考にされています
2019年09月10日 22時47分

まだ発売されていないので,テストゲームでの話になる.

ゲームそのものは,要するにしりとりゲームだ.

プレイヤーにカードを指定枚数配り,さらに山札から最初のプレイヤーが1枚引いて表にする.

この札にそのプレイヤーが言葉をつけると,続くプレイヤーはしりとりをしながら各自のカードを出していく.

プレイルールはいくつかあるので,どんなふうにプレイするかをみんなで決めて始めればいい.

実際にプレイしてみると,普通のしりとりの感覚で,単語でうまくしりとりしようとするとかなり苦しい.

勢い,こじつけをすることになる(作者も,それを推奨している).

たとえば,メガネをかけてすましている女性のイラストがあるが,これを使って「ツンデレ」とか「リケジョの上司」とか「今日は仕事で失敗して美人の先輩に怒られた」とか,苦し紛れでいいので思いついた言葉やフレーズ,文章で答える.

もちろん,でてきた答えに対して,他のプレイヤーの誰かが異議を唱えるとクリアできないことになり,ペナルティを課される.

でも,実際にやってみると,こじつけの回答ほど,あまりにバカバカしくて,ダメだしをする前に吹き出すこと必須.おもしろければいいね,となることが多い.また,自分の番になったときに,どんなに苦しくなるか,と考えるとなかなかダメだしできないかも.

人によっては,波に乗れない,という人もいるかもしれない.でも,もし集まったプレイヤーがノリのいい人たちだとかなり楽しめると思います.

88歳の年寄り(私の母)ともやってみた.かなりはまってました.

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
yossyさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 1経験あり
  • 1お気に入り
  • 0持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルイラストリー
原題・英題表記Illustori
参加人数3人~6人(10分~30分)
対象年齢5歳から
発売時期2019年~
参考価格1,600円
クレジット
ゲームデザイン廣松 悠介(Yusuke Hiromatsu)
アートワーク木村 まゆみ(Mayumi Kimura)
関連企業/団体モクバ堂(Mkubado)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿