マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
イラストリー
  • イラストリー当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 10~30分
  • 5歳~
  • 2019年~

イラストリー

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
イラストに名前をつけてしりとりしよう!ひらめきとこじつけのしりとりゲーム
  • 廣松 悠介(Yusuke Hiromatsu)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

イラストリーは、手持ちのカード(手札)に描かれたイラストから連想したワードでしりとりをして、手札を出し切ったプレイヤーが勝者になるゲームです。
ワードは単語でなくとも構いません。
アイデアとこじつけで楽しくしりとりをしましょう。
※English rule is written in Illustori’s manual.
Like “Word Chain”, players of “Illustori” call and chain artwork names.
Have fun with your inspiration and wild imaginations!

レビュー 5件

188
名が参考にしたレビュー
 by yossy

まだ発売されていないので,テストゲームでの話になる.

ゲームそのものは,要するにしりとりゲームだ.

プレイヤーにカードを指定枚数配り,さらに山札から最初のプレイヤーが1枚引いて表にする.

この札にそのプレイヤーが言葉をつけると,続くプレイヤーはしりとりをしながら各自のカードを出していく.

プレイルールはいくつかあるので,どんなふうにプレイするかをみんなで決めて始めればいい.

実際にプレイしてみると,普通のしりとりの感覚で,単語でうまくしりとりしようとするとかなり苦しい.

勢い,こじつけをすることになる(作者も,それを推奨している).

たとえば,メガネをかけてすましている女性のイラストがあるが,これを使って「ツンデレ」とか「リケジョの上司」とか「今日は仕事で失敗して美人の先輩に怒られた」とか,苦し紛れでいいので思いついた言葉やフレーズ,文章で答える.

もちろん,でてきた答えに対して,他のプレイヤーの誰かが異議を唱えるとクリアできないことになり,ペナルティを課される.

でも,実際にやってみると,こじつけの回答ほど,あまりにバカバカしくて,ダメだしをする前に吹き出すこと必須.おもしろければいいね,となることが多い.また,自分の番になったときに,どんなに苦しくなるか,と考えるとなかなかダメだしできないかも.

人によっては,波に乗れない,という人もいるかもしれない.でも,もし集まったプレイヤーがノリのいい人たちだとかなり楽しめると思います.

88歳の年寄り(私の母)ともやってみた.かなりはまってました.

9ヶ月前(2019年09月10日 22時47分)
続きを読む
閉じる
122
名が参考にしたレビュー
 by takotonbo

このゲームを一部の層に手っ取り早く説明するなら「ワギャンランドのボスバトルをカードゲーム化したもの」です。あのゲームをプレイした時の「そんな読み方ありかい!?」感を、思う存分味わうことができます。なんでもありのしりとり大喜利でわきゃわきゃと楽しめるゲームです。

しりとりのルールは「ん」で終わらなければOKで、名詞縛りや文字数制限も特にありません。どんな無茶な名前をつけても、参加者の半数以上が許可すればそれは認められます。

各プレイヤーは最初5枚のカードを持っていて、すべての手札を出し切ることができれば勝利となります。手札を減らすにはしりとりを繋がないといけないのですが、ゲームを続けていくと当然手札の枚数も減り、各自がしりとりに出せる選択肢も減っていきます。必然的に無茶苦茶な名前付けが増えていき、かなり愉快です。

あまり勝敗を競うタイプのゲームではないのですが、それでも勝ちたくなってしまうのが心情。「る」や「ぬ」で終わらせることで他プレイヤーを妨害したり、そして他プレイヤーが全員パスして自分までその言葉が戻ってきたりと、珍妙な駆け引きが生まれる事も。

カードのイラストは勿論、外箱のロゴもおしゃれです。さらに内箱が金属の缶だったりと、パッケージも凝ってらっしゃる。

ルールがシンプル、短時間でプレイ可能、空いた時間で誰でもさくっと楽しめるゲームだと思います。

4ヶ月前(2020年01月28日 22時28分)
続きを読む
閉じる
56
名が参考にしたレビュー
 by motiman

一言で説明するとこんなゲーム。

イラストで大喜利してしりとりするゲーム

まんまですね笑


カードに記載された絵から連想した言葉でしりとり、というと簡単に聞こえますが、あくまで「しりとり」なので前のカードの最後の文字から始まる言葉で連想しなければいけません。これがやってみると思ったより難しいです。「な行」「わ行」は本当にキツイです笑
あとしりとりのルールを忘れて最後に「ん」が付けてしまうことが多いです。自信がある連想ワードを閃いたと思ってこのミスをやらかすとかなり恥ずかしいのでご注意ください。


絵自体も普通にワードが思い浮かぶものもあれば「行動」や「動作」などを表すものもあり、これらをどう処理できるかが結構キーポイントであり面白い点です。
ただしワードがOKかどうかを決めるのもプレイヤーなので、よっぽど皆が納得できるワードでないと中々決着がつきません。(グダグダになってまぁいっかで終わってしまう様なケースもあります。これは大喜利系ゲームではよくあることでこのゲームに限ったことでもないですが)


なのでこのゲームで勝負を付けようぜ!といった楽しみ方よりかは、単純に大喜利的に面白い連想ワードが出てくるのを皆で楽しむぐらいのスタンスの方が合ってるゲームかと思います。

そういった雰囲気のゲームが好きな方にはお勧めです。

3ヶ月前(2020年03月08日 22時10分)
続きを読む
閉じる
46
名が参考にした戦略やコツ
 by モクバ堂

イラストリーに戦術?

一般的なしりとりやカードゲーム同様、イラストリーにも多少の「攻め方」や「守り方」が存在します。
これらをうまく使うことでゲームに勝ちやすくはなりますが、基本的には、勝ち負けよりも、しりとりの過程そのものを楽しんだ方がイラストリーを楽しめます。お互いの発想力を最大限に活かして、しりとりをしましょう。


どんなワードでしりとりする?

普通のしりとりとは異なり、イラストリーでは、しりとりの言葉は単語である必要はありません。そのため、イラストに合っていそうなら、セリフや擬音語等をこじつけて使っても、しりとりすることができます。
しかし、一緒にプレーする人達の性格やその場の雰囲気によっては、しりとりの判断基準がかなり変わるので、場の雰囲気に合わせたこじつけワードを繰り出しましょう。

例えば、子どもや老人と遊ぶ時や、飲み会で遊ぶ時は、だいぶんゆるい遊び方になりますが、勝ちや正確さにこだわる人達で遊ぶ時は、回ってくるしりとりの語の忖度や、こじつけに対しての異議が飛び交います。


しりとりしやすいイラストをあえて残す

後半(手札1,2枚)は、どうしてもこじつけのしりとりをしなければならないので、「色々なワードを思いつきやすい!」と思うイラストをなるべく使わずに残しておくと、後でしりとりしやすくなります。逆に、手元のイラストがあまりしりとりできなさそうな場合には、割り切ってそれらを全部交換してしまうのも一つの手です。


同じ語攻め

普通のしりとりでは、「ら」攻めのようにしりとりするのが難しい語で次の人に回すという戦術がありますが、イラストリーでは、同じ人に、連続で同じ語が回るようにする、という戦術があります。

例:りん「ご」 → ゴリラ → … → 「いちご」 → …

しりとりを成功させ続けていると、その語に使える手札を減らしているはずなので、段々答えるのが難しくなっていきます。
あまりやりすぎると人間関係を悪くしかねないので注意!

4ヶ月前(2020年02月07日 10時41分)
続きを読む
閉じる
27
名が参考にしたルール/インスト
 by motiman

◆カードの準備

カードをよく切り各プレイヤーに5枚ずつ配ります。このカードは手札として配られた本人だけが内容を確認します。
残ったカードはテーブルの中央に置き山札とします。


◆しりとりの準備(スタートP)

「最近絵を描いた(またはじゃんけんなどで決めた)」プレイヤーがスタートPとなり、山札の一番の上をめくって山札の隣に置きます。
そのプレイヤーが置いたイラストカードから連想される最初のワードを決めます。


◆ゲームの流れ
スタートPの左隣のプレイヤーが最初のプレイヤーとなり、以降は時計回りに交代してプレイします。自分の手番で出来ることは以下のどちらかです。

 「1.しりとりをする」
⇒ 前のプレイヤーが言ったワードとしりとりでつながるイラストカードを1枚手札から選び、連想したワードを言って、場に出ているカードの上に置きます。
他のプレイヤーはワードが出したイラストに合っているかを話し合い多数決を取ります。
「合っている」が半数以上:そのワードを採用して次のプレイヤーの手番に移ります。
「合っている」が半数未満:出したカードを捨て札として、山札からカードを1枚引きます。(ワードは前のものに戻ります)

 「2.手札を交換する」
⇒  手札を好きな枚数(宣言して)捨て札として山札から同じ枚数引きます。その後次のプレイヤーの手番に移ります。
※ 山札が無くなったら捨て札を良く切って新たな山札にします。


◆終了・勝利条件
手札を出し切ったプレイヤーが勝利となります。
誰かが手札を全てを出し切った後、しりとりの準備をしたプレイヤー(スタートP)までプレイしたらゲーム終了です。
※ 最初に上がったプレイヤーがスタートPだった場合、その時点でゲーム終了となります。
※ 上がったプレイヤーもワードがイラストに合っているかの話し合い、多数決に参加します。
※ 複数人手札を出し切ったプレイヤーがいた場合、その全員が勝利となります。


しりとりのルールは一般的なものに準じます。
「「ん」で上がったら失敗。そのカードは捨て札にして1枚山札から引き直す。」
「濁点、半濁点で終わった場合(ば、ぱ)、次は濁点、半濁点あり(ば、ぱ)でも濁点なし(は)でもOK」
「小文字で終わった場合(ゅ)、次は大文字(ゆ)で始める」
「伸ばし棒で終わった場合(カラー)、次は伸ばし棒の前の文字(ラ)で始める」

3ヶ月前(2020年03月08日 22時33分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,130(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 33興味あり
  • 34経験あり
  • 13お気に入り
  • 32持ってる

チェックした商品