マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 75分~120分
  • 12歳~
  • 2017年~

ジェンティス荏原町将棋センターさんのレビュー

187
名に参考にされています
2020年09月19日 22時14分

文明発展ゲームといえば、これしか遊んでいないです。同ジャンルの他作品は、長かったり言語依存多かったりダイス運だったりで、ちょっと…。同じテーマで頭一つ抜けて楽しいゲームがあると、私の場合それしか遊ばないので、永遠と繰り返します。そして数回しか遊ばないゲームは所有しません。

ジェンティスは毎回毎回興奮する飽きないゲームです。60〜75分とありますが、90分で終わるでしょう。必ず長考するので、慣れるまでは2時間コースでした。

タイルリムーブタイプで、アクションは6種類。そのうち2つはお金補充とスタピー取りなので、実質アクションは4つです。

最初は何をやっていいか分からないかもしれませんが、このゲームは、文明カードのVPを稼いでいくだけですので、またゴールから逆目線で大きいVPを探しますと、それは当然ながら最終第Ⅲ世代のカード達です。第II世代が最大でも7VPなのに対し、ほとんどが10〜18VPと格段にアップします。

↑カードを取れる条件は主に、6種類の職人の数。ここに見えている公衆浴場、音楽学校などは高得点な上に比較的取りやすいカードだ


この個人ボードの職人を増やすのですが、各段、左右から真ん中に動くので、上段のようにお互い3人ずつになるとそのあとはどちらか増えるたびに反対側は減っていきます💦

その上に見えるのが、ラウンドのタイムトラックで、基本的にはアクションタイルと砂時計を2枚セットで左端から配置して行き、右端まで置いたらそのラウンドのアクションは終了です。この場合、(緑)雇用アクション→もう一回雇用アクション→(紫)カードを取るアクション→(オレンジ)条件が揃ったカードを出すアクション→(ピンク)スタピーを取るアクションとなっています。

タイルにコストと砂時計の数が書いてあるので難しくはないのですが、例えばこの緑の雇用タイルの場合、1枚目のコストは4金で、2枚目のコストは8金となっています。8金は高額ですのでそこまでして雇用したくないのですが、この場合、右上に見える紫のカードの特殊効果で、実は5金で職人を2人増やしています。

お金持ちでない限り、8金の雇用アクションをするのは抵抗があります。お金補充アクションでしゃがんでしまうのが目に見えてます。しかしいつも8金タイルを避けていたら、4金タイルがなくなった時、そのラウンドはこのアクションができなくなります。なので策を捻り出す必要があります。(ラウンドの初手に雇用4金する人が多いという理由もあります)

黄色が補充アクションですが、砂時計1なら4金、砂時計2なら8金手に入ります。

砂時計が多い方が自分のラウンドの長さを縮めて損になりますので、4金か8金か、これだけでも長考します笑

金欠から脱するならば、単純に5金都市を作るか、或いは「発明家の故郷」に都市を建て、黄色の「お金2回分」追加アクション枠を稼働させておくのがオススメです。これで砂時計2で16金入ります。(都市アクションでなくても同じ効果の枠を持つカードもあります)

左下のオレンジの、条件を満たしたカードからVPをもらうアクションのタイルは、最高でもコスト3金なので、砂時計の少ない順、つまり、2金→3金→0金→1金の順番で取っていくのがセオリーです。オルレアン系のゲームが好きな人は、お金より時間を大切にするはずです笑

早取りのボーナスタイルは1番手8VP、2番手4VPと大きな差はないですが、3種類あるので、全部取れば24VP。戦略の一つとしてあるかもしれませんが、それよりも大きな戦略は、みな同じ、第Ⅲ世代に要領よくカードを取り、そしてその条件を満たせるかどうかです!

他プレイヤーが欲しがっている大きなVPカードは、人物チャートを見れば分かるので、アクションタイルの先取りで、奪ってしまうのも手です。(ただ、そのカードの条件を自分が満たせないと減点になる)。最終6ラウンド目の終わりには、(クリーンナップ後の)砂時計が4つ以上残っている罰としてー16VP!などという逆転要素も残っています(3つ残しでもー8VP)ので、欲張ると危険です。なので難しい。


■できるだけ時間よりもお金を使いたい

■高いコストに手を出す前に、カードや故郷の特殊効果で下準備を

■多少劣勢でも第Ⅲ世代に逆転可能

■神託と寺院によるオプションの人事アクションを忘れずに

■ボーナスタイルを小目標にしてもよい


最後の6ラウンド目はいつも興奮します。

紀元前のデザインも好きだ〜!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
荏原町将棋センターさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 65興味あり
  • 130経験あり
  • 30お気に入り
  • 100持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力10
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトルジェンティス
原題・英題表記Gentes
参加人数2人~4人(75分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

荏原町将棋センターさんの投稿

会員の新しい投稿