マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

フリンケピンケWildlife Safari

  • フリンケピンケの画像

クニツィアのチップとカードだけのシンプルなゲーム。しかし奥は深いです!


【ざっくり解説】

 クニツィアのチップとカードをやり取りするゲーム。共通の色を持つ5色のカード(0~5の値)と5色チップを使います。最後に出された色のカードが、同じ色のチップの価値を決めます。

 カードは最初に配られ、初期手札から将来のチップの価値を予想して、チップを奪い合うゲームです。より得点になりそうなチップを取りに行きたいのですが、露骨にやり過ぎると皆に便乗されてしまいます。

 うまくこっそりと全員を出しぬく、そういうプレイングが非常に重要になるゲームです。


【長所】

 シンプルながらお互いの動向がきちんと気になるようなゲーム性です。クニツィアの賭けゲームの『メンバーズオンリー』に近いかもですが、本作は後から同じチップに便乗される点で大きな相違点があります。

 ゲームのルールもとてもシンプルです。すぐ覚えられます。そしてすぐどこで悩むゲームなのかわかります。分かりやすくて戦略的、これぞクラシックなクニツィアのゲームって感じの作品です。


【短所】

 渋いゲームでどうすればいやらしいプレイができるのかわかりやすいけど、相手を出し抜くのは難しいです。迷ったときなんかは、結局似たようなチップを取りやすいところもありますね。

 あとはイージー・ウィンが難しいことです。良いチップは人気で全員が1枚ずつ掴むなんてことはザラです。あとは成り行きで価値が決まった色のチップで良いの掴んでいた人が勝ちみたいなところも若干感じます。


【個人的な感想】

 シンプルなルールで悩ましい賭けゲームという意味合いでは『メンバーズオンリー』のような作品といえますが、良いビッドにまんま便乗されるという点では相違点があるのが本作です。多くの人にとっては『メンバーズオンリー』の方を強く勧めますが、クニツィアのファンなら一度はプレイしてみる価値はあります。

 プレイしてみて思うのがプレイングで差をつけるのが難しいです。やっぱり悟られないようにチップを取る必要があるように思います。全員に便乗されたら点差が開かないので難しいです。


 全員が同じチップを掴む流れになると、3人なら1人だけ1枚しか取れず、4人なら最初の1人だけ2枚取れます。4人も若干大味ながら、程よい人数といえるでしょう。ベストは4人でしょう。5人はチップの取得機会は均等ですが、1人1人のゲームへの影響度が下がり過ぎます。

 推定プレイ回数は5回ほど。3人でプレイしましたが点差が開きにくいです。4人以上でやるべきだなと思いました。手番順のアヤで特定色のチップが取れる枚数が不利な状況はどうしようもありません。その点では後から高倍率の便乗を重ねられる『メンバーズオンリー』の方がバランスが良い気もします。

 悪くはないけど、基本的には『メンバーズオンリー』を遊ぶと思います。4~5人で遊べる機会があれば試してみようと思います。


【各エディションの解説】

 本作は後に『ロコ』、『ボツワナ』、『クワンダリー』、『トール』などで数回リメイクされます。各エディションをざっくり解説すると下記の通りです。


『フリンケピンケ』:携帯性に優れる、カードは地味だがチップが立派。

『ロコ』:フックに掛けられる箱に入ってます。携帯性で優れます。カードデザインは視認性に優れます。

『トール』:縦長のカードになり、携帯性は△。チップもカードに置き換わったので好みが分かれる。

『クワンダリー』:ボードゲームになっています。携帯性×。またプレイ人数も4人までと相違点あり。

『ボツワナ』:箱が大きく携帯性は×。チップが動物フィギュアになった。フィギュア欲しさに買うのはアリ。


 個人的ベストエディションは『ロコ』ですね。『フリンケピンケ』はチップが素晴らしいです。かさばるエディションなら動物フィギュアが付いてくる『ボツワナ』かなと思います。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:マクベス大佐@ボドゲブロガー
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 62経験あり
  • 14お気に入り
  • 26持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルフリンケピンケ
原題・英題表記Wildlife Safari
参加人数2人~5人(20分~30分)
対象年齢7歳から
発売時期1994年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

49名が参考
(2020年11月22日 17時31分)
play:gameのレビュー記事2009.08.29https://www.gamers-jp.com/playgame/archives/000887.html#flinkepinke(記事より抜粋)フリンケピンケはクニツィアのミニマリスティックなゲーム。オリジナルはアミ...
続きを読む(けがわさんの「フリンケピンケ」のレビュー)
勇者
けがわ
けがわ
112名が参考
(2020年10月31日 10時57分)
クニツィアのチップとカードだけのシンプルなゲーム。しかし奥は深いです!【ざっくり解説】クニツィアのチップとカードをやり取りするゲーム。共通の色を持つ5色のカード(0~5の値)と5色チップを使います。最後に出された色のカードが、同じ色のチップの価値を決めます。カードは最初に配...
続きを読む(マクベス大佐@ボドゲブロガーさんの「フリンケピンケ」のレビュー)
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
107名が参考
(2018年06月16日 09時01分)
1994年アラカルト・カードゲーム賞4位。デザイナーは『ケルト』『ラー』『エルドラド』で有名なライナークニツィア。廃盤ゲームなのでてに入らないのですが、コンポーネントがシンプルで次の2つが用意できればいい。カード0-5x5色= 30枚コマorチップ上記5色が各6個=30個1...
続きを読む(m1114toyさんの「フリンケピンケ」のレビュー)
m1114toy
m1114toy

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿