マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 10分前後
  • 8歳~
  • 2018年~

フラッシュワードZiさんの戦略やコツ

91
名に参考にされています
2018年05月08日 17時02分

戦略性と言うべきものは存在せず、瞬間のひらめきに全てがかかっている
といっても過言ではない。

「FLASH WORD」には2つのルールが設定されている。

 ①タイムアタック(3秒ルール ※秒数は場に合わせて設定可とのこと)
  成功すればカード保留、失敗時に失点として保留総取り。

 ②ファストアタック(早いもの勝ちルール)
  成功すれば即得点、同時に成功した場合は保留され、次回成功者が保留総取り。

どちらのルールも山札からめくって出た「ひらがな」から始まる
現山札の「数字」を規定文字数として単語を答えるところまでは同じ。

ともに運と語彙力が必要になるが、すばやく連想するのが難しいのは6文字と7文字。
長い文字数ほど一言で考えようとせず、単語を短く切って、
残りの文字数を付け足すような組み合わせで連想すると
比較的言葉が出やすいかもしれない。

ルール①の時は、保留が少ない時に長い文字数が出るのを祈る…、
もしくは短い文字数が連続し始めたら、長い文字数が来るのを見越して構える…
ラストで保留カードをもらわない(がんばる)くらい。

ルール②では回答被りで保留されたら、次回確実に成功させ総取りする。
保留を確実に得ることで、得点差を付けたり巻き返したりが可能となる。

とは言っても、7文字を成功させた人がやっぱりヒーローですね!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Ziさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 62経験あり
  • 15お気に入り
  • 32持ってる
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルフラッシュワード
原題・英題表記Flash Word
参加人数2人~6人(10分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格1,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク