マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~3人
  • 60分~150分
  • 12歳~
  • 2017年~

アルルの丘:紅茶と貿易ファズさんのレビュー

132
名に参考にされています
2018年04月20日 02時42分

 この拡張の最大のポイントは、プレイ可能人数の上限が3人に増えたところです。1~2人では9ラウンド、3人だと7ラウンドに減りますが、プレイ時間は据え置き。初回から拡張を入れて、インストから始めると3人で4時間くらいかかります。

 それもそのはず。このゲームで選べるアクションは30個以上。何でもできるだけに、どこから手をつけようか、とても悩ましいです。しかし箱庭を作っている感覚で、自分の得点を伸ばしていくのが主な内容ですから、プレイ感はあくまで牧歌的。あと牛の駒が最高にかわいいです。


 新資源である紅茶はブースト。2回行動や、道具を向上させなくても一時的に能力を上げて使用できるようになります。新要素の船は、紅茶などをもたらしてくれる、運搬車のミニバージョン。水路はアクションが効率化される便利アイテムといった趣です。


 率直に言って、基本だけだと15点タイルを建てるゲームになりがちで、意外とゲームの奥行きが狭いように感じましたが、この拡張が入るとリプレイ性が高まります。15点タイルをとるのは同じでも、それ以外をどう伸ばすか、という選択肢が広くなるのです。経験者同士なら「それ以外」で勝敗が決まることも十分あり得ます。


 これから買うなら、最初から拡張もセットで手に入れることをおすすめします(お値段がするゲームなので、買う人は最初から多少の出費を覚悟しているでしょうし)。また2~3人用ゲームを探している人だけでなく、重量級が平気で、ソロゲームが好きな人にもおすすめです。1人でも問題なく楽しめます。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Tora Kei
ファズさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 9経験あり
  • 5お気に入り
  • 35持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルアルルの丘:紅茶と貿易
原題・英題表記Fields of Arle: Tea & Trade
参加人数1人~3人(60分~150分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク