マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ファークルFarkle

ダイス6つとメモ用具があれば、いつでもどこでもお手軽に遊べるセットコレクションゲーム

持ち回りの手番で6つのダイスを振り、出目によって役を作るセットコレクションゲームです。

手番では振ったダイスの出目に応じて点を獲得することができます。「1」の目なら100点、「5」の目なら50点、同じ目を3つ揃えたら200点~1000点くらいの高得点を獲得できる役になり、他にも高難易度の役になるほど得点も増えることになります。
振り終えた6つのダイスから点を得たらそこで手番を終えるか、点にならなかった、あるいはしなかったダイスのみを再度振り直すかを選択します。

幸運にも6つのダイス全てを得点化できたら、それまでに獲得した点を全てキープした状態で再び6つのダイスを振り直すことができます。
ただし、振ったダイスが1つも得点にならない出目だった場合は即座に手番が終了し、その手番でこれまでに獲得していた点も全て無効になってしまいます。これを「ファークル」と呼びます。この「ファークル」を避けるために手番者が自ら手番の終了を宣言したらその手番での得点が確定し、次のプレイヤーが同じように手番を行っていきます。

このように手番を繰り返しいずれかのプレイヤーのスコアが10000点を超えたら他のプレイヤーが最後にもう1手番ずつ行ってゲーム終了。最も得点の高いプレイヤーの勝利となります。

ダイス6つとメモの用意があればいつでもどこでも遊べるシンプルな運試しのゲームです。暇な時間の選択肢の一つとして、ぜひルールを覚えてお試しください。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 大石大石
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 3経験あり
  • 1お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルファークル
原題・英題表記Farkle
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1996年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 116
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月23日 23時02分

    ダイス6つとメモの用意(と役の一覧)があれば簡単に遊べるセットコレクションゲームです。海外ではポピュラーなものなのか、アメリカアマゾンでゲームを物色しているとカップ付きのだったりポータブルのだったり色んなタイプのファークルダイスセットをよく見かけます。内容はダイスを使って役を作り、点を得ていくチンチロのようなゲームです。シンプルなゲームで、6人までとなっておりますがたぶん10人くらいで遊んでもルール的な問題は発生しないと思います。ただ、チンチロと違ってダイスロールの回数に制限はなく、出目が良ければ延々と手番を行えるため、人数が多くなるとダウンタイムが気になることもあるかも知れません。勝負...

    大石さんの「ファークル」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク