マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アンギャルドEn Garde

フェンシング形式の決闘ゲーム!相手の動きを読んで攻撃を命中させよう!

このボードゲームはフェンシングのように前後の動きで相手を揺さぶりながら自分の攻撃を命中させていく2人対戦用カードアクションゲームです。海外版では、中世の騎士がモチーフとなっています。日本語版では日本フェンシング協会公認となり、コンポーネントもフェンシングの試合を思わせるようなものとなっています。

ゲームボード上の端にお互いのコマを配置し、1~5の数字が書かれているアクションカードで前後に移動したり攻撃したりします。各数字のカードは5枚ずつ入っているので、それを考慮して戦略を練っていきます。攻撃が相手に当たったら得点を獲得してそのラウンドは終了し、コマを端に戻して次のラウンドを行います。5点先取したプレーヤーの勝利となります。

山札が無くなるまで決着しなかった場合、お互いの手札を公開して相手に攻撃できるカードの枚数が多かったプレーヤーが得点を獲得します。それでも決着しない場合は、コマがより前進しているプレーヤーが得点を獲得します。それも同じ場合は引き分けとなります。

このボードゲームにはいくつかルールがあります。単純に相手に攻撃できたら勝ちとなる基本ゲーム、攻撃をしても受け流しができる標準ゲーム、1アクションで移動してから攻撃を行うことのできる発展ゲームがあります。基本ゲームでルールを把握したら標準ゲームに進み、変化を付けたくなったら発展ゲームを行うようにすれば良いと思います。

単純な駆け引きを楽しむボードゲームです。1対1で決着をつけようとしたときは、このボードゲームを選択肢の1つとして考えるのも良いと思います。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 46興味あり
  • 271経験あり
  • 58お気に入り
  • 200持ってる
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力13
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘8
アート・外見1
作品データ
タイトルアンギャルド
原題・英題表記En Garde
参加人数2人用(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1993年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 5件

  • 21
    名に参考にされています
    投稿日:2018年09月18日 16時04分

    前から気になっていた2名専用ゲーム。やってみると駆け引きが、めっちゃ面白い。駒がちゃんとフェンシングやってる風になっていればよかった。何度もやりたくなってしまうゲーム。

    Mon Muroさんの「アンギャルド」のレビュー
  • 137
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月05日 22時24分

    小4の息子と2人でプレイした感想です。ライナー・クニツィアがフェンシングをモチーフにデザインした、2人用のカードゲームの傑作です。個人的には、バトルラインが少し重く感じる人なら、アンギャルドをお勧めします。コンポーネントは、カードは1〜5まで各数字が5枚ずつで計25枚と、縦長のボードが1つ、駒2つ、勝利数を示す丸駒2つです。これだけのコンポーネントなのに、まるでフェンシングをプレイしているかのような気分になれるところが素晴らしいです。ルールは、基本モード、標準モード、完全モードがありますが、移動攻撃のある完全モードでゲームをプレイすることをお勧めします。ルールの詳細は、下記URLにありま...

    Nobuaki Katouさんの「アンギャルド」のレビュー
  • 138
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月22日 10時24分

    フェンシングをボードゲームに仕立てたもので、カードを使ってせり寄ったり、攻撃したりを繰り返す。カードに書かれた数字が間合いとなり、手札や使用済みのカードから残りを推測して攻撃を繰り出すことになる。攻撃されたとしても、受け流すということができる。受け流した場合は攻撃権が与えられるため、カウンター狙いの戦法も強力である。同数のカードを複数使うことで押し切ったり、強力なカウンターになったりするため、必殺の間合いという概念も生まれる。ルール自体は単純で、面白い瞬間もあるにはある。相手の必殺の一撃を待ち構え、カウンターで勝利した時なんかはやはり盛り上がる。ただ、基本的にカード運がかなり大きいゲーム...

    world_of_bearさんの「アンギャルド」のレビュー
  • 87
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月10日 06時18分

    1-5の数字カードが5枚づつの25枚というシンプルな構成ながら、間合いを計り一気に飛び込むフェンシングの試合の雰囲気をよく再現しているな、という印象でした。手札の引きにも左右されますけれど、カウンターが決まると気持ちイイです。

    Dさんの「アンギャルド」のレビュー
  • 138
    名に参考にされています
    投稿日:2016年09月04日 17時22分

    二人用のフェンシングゲームです。前進と後退のみが許される横長(向かい合ってると考えれば縦ですが)のフィールドの両端にプレイヤーそれぞれの剣士駒を置き、数字の書かれた手札をプレイすることで移動と攻撃を行って相手に攻撃を当てると1ポイント。先に5ポイント取った方の勝ち、と言うのが概要となります。ゲームを構成する要素は少なくルールもシンプル。手札の引きと言う運要素もあって経験差があまり出ない良作の対戦ゲームだと思います。ただ、基本的に攻めて攻めて攻めまくる方が強いゲームなので緻密な心理戦みたいなものを期待すると肩透かしを感じるかも知れません。それと、公式では5本先取ですが、あまり長いと間延びし...

    大石さんの「アンギャルド」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 77
    名に参考にされています
    投稿日:2017年03月24日 12時34分

    このゲームはカードが25枚しかありません。1から5が各5枚づつです。カードのカウンティング、あと何が何枚残っているかを、しっかり考えましょう。自分の手札にないものは相手が持っている可能性が大きいです。手札に同じ数字があれば分けて使って前に進むのはよくありません。同じ数字を複数枚持っていて攻撃出来れば強いです。上級ルールでは積極的に前進+突きを行いましょう。相手を後退させられれば判定勝ちも狙えます。

    異人館さんの「アンギャルド」の戦略やコツ

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク