マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
アンギャルド
  • アンギャルド当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 40興味あり
  • 260経験あり
  • 55お気に入り
  • 194持ってる
  • 2人用
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 1993年~

アンギャルド / En Garde の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
相手は引くのか?今は押し時か?世界的ボードゲームデザイナーの心理戦追求
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

 フェンシングをテーマにした2人用ボードゲームです。

 「カードを出して」「コマを動かす」シンプルなゲームですが、お互いの持っているカードを読み合い始めると、スリリングな心理戦が始まります。
 
 お互いのコマをボードの両端に置きます。「1」「2」「3」「4」「5」各5枚、計25枚ある山札から5枚ずつ受け取って持ち、手札にします。先手の人からカードを1枚出し、そのカードの数と同じだけ同じコマを動かします。コマを動かしたら山札からカードを補充し、手札を5まいに戻します。これを順番に続けて、コマを近づけていきます。

 基本ゲームでは、相手のいるマスにちょうど届く数のカードを使えば、それで勝ちです。きわめてシンプルですが、どの数字も5枚ずつしかない、というのが重要です。25枚のカードから自分に5枚、相手に5枚。山札に15枚あります。お互いにカードを使っていく中で、どの数のカードが残っているか?相手はどう動いてくるのか?心理戦が始まります。

 基本ゲームに慣れたら、「標準ゲーム」「完全ゲーム」と、3段階までルールを増やせます。「受け流し」「移動攻撃」等の要素が加わり、丁々発止のフェンシングの戦いが再現されていきます。

 本製品は日本フェンシング協会の公認を受けており、パッケージには太田雄貴族選手を起用しています。ライナー・クニツィア作の、2人用ゲームの決定版です。

アンギャルドに6件の書き込みがあります

チェックした商品