マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
再入荷
アンギャルド
  • アンギャルド当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 1993年~

アンギャルド

メーカー・卸元:ニューゲームズオーダー

残り2点
送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
相手は引くのか?今は押し時か?世界的ボードゲームデザイナーの心理戦追求

 フェンシングをテーマにした2人用ボードゲームです。

 「カードを出して」「コマを動かす」シンプルなゲームですが、お互いの持っているカードを読み合い始めると、スリリングな心理戦が始まります。
 
 お互いのコマをボードの両端に置きます。「1」「2」「3」「4」「5」各5枚、計25枚ある山札から5枚ずつ受け取って持ち、手札にします。先手の人からカードを1枚出し、そのカードの数と同じだけ同じコマを動かします。コマを動かしたら山札からカードを補充し、手札を5まいに戻します。これを順番に続けて、コマを近づけていきます。

 基本ゲームでは、相手のいるマスにちょうど届く数のカードを使えば、それで勝ちです。きわめてシンプルですが、どの数字も5枚ずつしかない、というのが重要です。25枚のカードから自分に5枚、相手に5枚。山札に15枚あります。お互いにカードを使っていく中で、どの数のカードが残っているか?相手はどう動いてくるのか?心理戦が始まります。

 基本ゲームに慣れたら、「標準ゲーム」「完全ゲーム」と、3段階までルールを増やせます。「受け流し」「移動攻撃」等の要素が加わり、丁々発止のフェンシングの戦いが再現されていきます。

 本製品は日本フェンシング協会の公認を受けており、パッケージには太田雄貴族選手を起用しています。ライナー・クニツィア作の、2人用ゲームの決定版です。

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 10件

レビュー
243名が参考
3年以上前

 小4の息子と2人でプレイした感想です。
 ライナー・クニツィアがフェンシングをモチーフにデザインした、2人用のカードゲームの傑作です。
 個人的には、バトルラインが少し重く感じる人なら、アンギャルドをお勧めします。
 コンポーネントは、カードは1〜5まで各数字が5枚ずつで計25枚と、縦長のボードが1つ、駒2つ、勝利数を示す丸駒2つです。
 これだけのコンポーネントなのに、まるでフェンシングをプレイしているかのような気分になれるところが素晴らしいです。
 ルールは、基本モード、標準モード、完全モードがありますが、移動攻撃のある完全モードでゲームをプレイすることをお勧めします。
 ルールの詳細は、下記URLにありますので、ご参照ください。

https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=bmV3Z2FtZXNvcmRlci5qcHx3d3d8Z3g6M2ViZTUzODI5YzExMzVkZA


 ルール自体は非常に簡単で、相手との間合いをボードで表していて、その間合いを移動するか、攻撃するか、はたまた移動攻撃するのか、カードに記された数字を使って行います。
 また、攻撃する際(移動攻撃も含む)には、同じ数字のカードの複数使いも有効です。また、防御側も同じ数字のカードで受け流すことも可能です。
 具体的には、敵が2の数字カードを2枚で攻撃してきた場合、こちらも2の数字カードを2枚有れば、敵の攻撃を受け流して躱すことができます。
 これを山札が尽きるまで繰り返すか、その前に敵を仕留めるかの勝負です。勿論、カードの引き運もありますが、相手プレイヤーの心理を読みつつ、使用カードをカウンティングして相手の手札を把握して攻撃するかを悩むのは相当熱いゲームだと思います。
 息子も相当ハマったみたいで、また明日プレイしたいと言っておりました。しばらく親子でのプレイが続きそうです。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
レビュー
242名が参考
3年以上前

フェンシングをボードゲームに仕立てたもので、カードを使ってせり寄ったり、攻撃したりを繰り返す。カードに書かれた数字が間合いとなり、手札や使用済みのカードから残りを推測して攻撃を繰り出すことになる。


攻撃されたとしても、受け流すということができる。受け流した場合は攻撃権が与えられるため、カウンター狙いの戦法も強力である。同数のカードを複数使うことで押し切ったり、強力なカウンターになったりするため、必殺の間合いという概念も生まれる。


ルール自体は単純で、面白い瞬間もあるにはある。相手の必殺の一撃を待ち構え、カウンターで勝利した時なんかはやはり盛り上がる。ただ、基本的にカード運がかなり大きいゲームであって、手札が悪い時は逃げ回ってカードを稼ぐことにもなる。行ったり来たりを繰り返すのはなかなかにむなしく、めちゃくちゃ面白いとは言い難い。

続きを見る
閉じる
大賢者
world_of_bear
world_of_bear
レビュー
212名が参考
5年弱前

二人用のフェンシングゲームです。
前進と後退のみが許される横長(向かい合ってると考えれば縦ですが)のフィールドの両端にプレイヤーそれぞれの剣士駒を置き、数字の書かれた手札をプレイすることで移動と攻撃を行って相手に攻撃を当てると1ポイント。先に5ポイント取った方の勝ち、と言うのが概要となります。

ゲームを構成する要素は少なくルールもシンプル。手札の引きと言う運要素もあって経験差があまり出ない良作の対戦ゲームだと思います。
ただ、基本的に攻めて攻めて攻めまくる方が強いゲームなので緻密な心理戦みたいなものを期待すると肩透かしを感じるかも知れません。
それと、公式では5本先取ですが、あまり長いと間延びしてしまうので2か3本先取で遊んだ方が良いような気がします。

クニツィア氏のゲームはシステムは面白いのにテーマはなおざりと言う作品が多いのですが、このゲームは割りと双方が噛み合ってて「してる感」のある点個人的には大変好みです。(完成度としては「モダンアート」に劣りますが)

続きを見る
閉じる
大石
大石
レビュー
154名が参考
11ヶ月前

ボードゲームで遊べる格闘ゲーム!映画のワンシーンのような臨場感ある決闘を味わえます!


【ざっくり解説】

 クニツィアのフェンシング対決ゲーム。1~5の数字が描かれたカードが5枚ずつのあります。これを使って移動と攻撃(または防御)をするゲームです。


 攻撃は相手が5マス以内に居れば可能です。何マス先に居るかで1~5の該当するカードを出して攻撃します。この時の防御も同じ要領です。この時、固めてカードを出しても良いです。防御の必要枚数も同じだけ必要になります。

 こうして攻撃が防御されなければ1本。これを5本取るまで続けるゲームです。とてもシンプルな格闘ゲームです。画面端に追い詰められると、逃げ場がなくなるあたり格闘ゲーム感がかなりあります。面白いです。


【長所】

 シンプルなゲーム性です。移動と攻撃のゲームで、攻撃されたら防御するだけです。ゲーム難易度はとても低く、気軽に遊べる部類と言えます。

 いかに自分の得意な間合いで勝負するかの駆け引きも面白いのですが、数字カード3枚持てば必殺なのもわかりやすくて良いです。手札は5枚なので必殺狙いだと、残り2枚なので移動がかなり制限されるバランスも面白いです。


 何より画面端に追い詰められた時の感覚が好きですね。自分の持ち距離を減らさないことが大切なゲームなので、端に追い詰まると「やられたな」という気持ちになれます(笑)。


【短所】

 シンプルすぎることですね。飾り気のある要素もないので、繰り返し遊ぶと飽きやすいです。たまに合間のつなぎに遊ぶぐらいで遊ぶと楽しいゲームなので、1日のメインゲームに据えるのは不向きといえます。

 あと噛み合いの要素はめちゃくちゃ強いゲームです。どちらかというと、リスクを取って攻めたほうが有利な感があるので、攻めゲー感あります。その辺も相まって気軽に遊べるので一長一短です。


【移動攻撃ルールについて】

 本作には移動と攻撃を同時に行える「移動攻撃」ルールがあります。個人的にはなくてもあっても楽しいです。

 たぶん多くの方は導入して遊ばれた方が良いかと思うルールです。積極的な攻め合いの方がゲームテンポも向上し、楽しく気軽に遊べます。

 なしのルールもじりじりした感じも嫌いではないので、好みの差かなと思います。どちらも好きです。


【個人的な評価】

 クニツィアの良作2人用ゲームだと思います。剣術の間合いの大切さがよーくわかるゲームだと思います(笑)。「間合いを制するものは剣を制する」感がメチャクチャあります。

 とくに後ろに追い詰められていく感触は、臨場感あります。映画のワンシーンみたいな気持ちになれること間違いなしです。キャラ差もなく、スキル差も大きくは出ない格闘ゲームとして、気軽に遊べば良い作品かと思います。


 推定プレイ回数は10~15回。ボードがマットになっている版で良く遊びました。運ゲー・噛み合いゲーの顔をしていますが、上手くリスクを取れる人がちょびっとだけ勝ち越せる感じがあって良いですね。

 やや物足りない感はありますが、上級者でも初心者と一緒に遊べて、少しだけ技術差が出る。そういうゲームとしてなかなか良いゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
レビュー
142名が参考
約4年前

1-5の数字カードが5枚づつの25枚というシンプルな構成ながら、間合いを計り一気に飛び込むフェンシングの試合の雰囲気をよく再現しているな、という印象でした。

手札の引きにも左右されますけれど、カウンターが決まると気持ちイイです。

続きを見る
閉じる
勇者
D
D
戦略やコツ
139名が参考
4年以上前

このゲームはカードが25枚しかありません。

1から5が各5枚づつです。

カードのカウンティング、あと何が何枚残っているかを、

しっかり考えましょう。

自分の手札にないものは相手が持っている可能性が大きいです。

手札に同じ数字があれば分けて使って前に進むのはよくありません。

同じ数字を複数枚持っていて攻撃出来れば強いです。

上級ルールでは積極的に前進+突きを行いましょう。

相手を後退させられれば判定勝ちも狙えます。

続きを見る
閉じる
仙人
異人館
異人館
レビュー
105名が参考
6ヶ月前

フェンシング未経験ですが、なんともそれっぽい雰囲気を味わうことができるスピード感溢れるゲームです。

しかし、カードの構成は最初からわかっているため、クニツィア先生らしい駆け引きも存分に楽しめます。


慣れたプレイヤーは完全ルールで遊ぶことを強く推奨します。

移動攻撃こそがこのゲーム最大の盛り上がりポイントです。一気に距離を詰めて追い込んだと思ったら、思わぬカウンターで一発逆転!

熱い展開が待ってますよ!


ブログにて実際のプレイの様子とレビューの詳細を投稿していますので、よろしければご覧ください^ ^

https://aruessussu.com/archives/9049961.html

続きを見る
閉じる
仙人
あるえす
あるえす
レビュー
90名が参考
3年弱前

前から気になっていた2名専用ゲーム。

やってみると駆け引きが、めっちゃ面白い。

駒がちゃんとフェンシングやってる風になっていればよかった。

何度もやりたくなってしまうゲーム。

続きを見る
閉じる
勇者
Mon Muro
Mon Muro
ルール/インスト
50名が参考
6ヶ月前

ゲームの目的
 相手との距離を詰めながら攻撃をしかける

準備
 ゲームボードを2人のプレイヤーの間に配置する
 得点マーカーを「0」の位置に置く
 剣士コマを「1」と「23」の位置に置く
 カード25枚(1~5が各5枚)をシャッフルして5枚ずつ配り手札にする

ゲームの流れ
 自分の手番になったら、カードを出して移動または攻撃を行う
 出したカードを裏向きにして捨て札にする(捨て札の確認はできない)
 その後、手札が5枚になるまで補充して手番終了になる

基本ゲーム
 移動は手札1枚を出し、コマを前進か後退させる
 ボードの外、相手コマのいるマス、相手を飛び越えて移動することはできない
 攻撃は相手コマのいるマスに丁度移動するカードを出し、「攻撃」を宣言する

 基本ゲームでは「攻撃」はヒットになり、ヒットしたプレイヤーの勝ちになる
 ルールに沿った移動ができない場合、そのプレイヤーの負けになる
 最後の山札を引いた場合、相手プレイヤーは1回だけ「攻撃」のアクションをする
 ヒットできない場合、コマがより相手側へ進んでいたプレイヤーの勝ちになる

 スタートプレイヤーはラウンドごとに交互に変わる
 勝利プレイヤーは得点マーカーを進める
 5ラウンド先取でゲーム終了になる

標準ゲーム
 攻撃側は「攻撃」できるカードを複数枚出すことができる
 守備側は同じ数字のカードを同じ枚数出すことで「回避」ができる
 「回避」できない場合、攻撃側の勝ちになる
 「回避」できた場合、守備側は手札を補充する前に手番を行う

 最後の山札を引いた場合、ラウンド終了になる
 手札を公開して、「攻撃」可能なカードの枚数が多いプレイヤーの勝ちになる
 同点の場合、コマがより相手側へ進んでいたプレイヤーの勝ちになる

発展ゲーム
 前進しながら攻撃することができる
 まず手札1枚を出して前進し、「攻撃」するカードを1枚以上出す
 守備側は「回避」するか、手札1枚を出して後退する
 「回避」は標準ゲームと同じルール
 後退した場合、手札を補充して手番終了になる
 後退による防御は前進攻撃にのみ使用できる

 最後の山札を引いた場合、ラウンド終了になる
 標準ゲームと同じルールで勝敗を決めるが、
 最後のカードを引いたプレイヤーが前進攻撃をし、
 それを後退で防御した時に限りコマがより相手側へ進んでいたプレイヤーの勝ちになる

続きを見る
閉じる
仙人
TJ
TJ
レビュー
39名が参考
9ヶ月前

play:gameのレビュー記事 2009.08.29

https://www.gamers-jp.com/playgame/archives/000887.html#engarde

(記事より抜粋)

間違え易いルール

1:複数枚での攻撃に対する防御
英語ルール(初版)と日本語訳では、同じ枚数で同じ合計値になれば良いとありますが、これは間違いです。つまり3のカード2枚で攻撃されたら4と2、5と1などでは防御できません。3のカード2枚でのみ防御できます。つまり3枚で攻撃されたら防御不能なのです。

2:前進攻撃の複数枚攻撃
英語ルール(初版)と日本語訳では、前進攻撃の攻撃は1枚のみであるような書き方がされていますが、普通の攻撃同様に複数枚も可能です。

3:カードが尽きたときの判定
基本ゲーム:最後のカードが引かれたら、相手プレイヤーは一度だけ攻撃することができます。もしできなければ、ボードをより遠くに進んでいたプレイヤーの勝ち。それが同数なら引き分けです。
標準&上級ゲーム:最後のカードが引かれときに攻撃、または前進攻撃が起こっているならば、相手プレイヤーは通常通り、防御か後退を行ってラウンド終了です。以下の判定条件AとBのうち、標準ゲームではA、上級ゲームでは場合によってどちらかに従います。

A:攻撃/前進攻撃がなかったとき、あるいは、攻撃/前進攻撃があり、プレーヤーが防御したとき
お互い手札を公開して、フェンサーの距離と同じカード(つまり攻撃ができるカード)を多く持っているプレイヤーの勝ち。それが同数のとき、またはフェンサーの距離が6以上のときはボードをより遠くに進んでいたプレイヤーの勝ち。それが同数なら引き分けです。

B:前進攻撃があり、プレイヤーが後退したとき
フェンサーの距離は関係ありません。ボードをより遠くに進んでいたプレイヤーの勝ち。それが同数なら引き分けです。

特に上級ルールでのケースBは英語ルール(初版、第2版ともに)と日本語訳では触れられていないので注意が必要です。

続きを見る
閉じる
勇者
けがわ
けがわ
  • 商品価格¥ 2,530(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 120興味あり
  • 518経験あり
  • 105お気に入り
  • 349持ってる

チェックした商品