• 1人~4人
  • 15分前後
  • 8歳~
  • 2015年~

ドクターエウレカDr. Eureka

目指せ!世界一の科学者!

プレイヤーはエウレカ博士の見習い研究員です。
試験管の中に入っている実験材料を示されたレシピ通り、正しい位置に移し替えることが目的です。
この実験材料は大変危険なため、試験管から試験管へと球に手が触れることなく移さなければなりません。
試験管の口と口を合わせ、ゆっくりゆっくりとこぼさないように移し替えましょう。

しかし!完成させられるのは一番早く作った研究員ただ1人!
完成したら「エウレカ!」と大きな声で叫びましょう!

急ぎたいけれど慎重に。といったジレンマが楽しいゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ゴン
  • 興味ある(30人)
  • 経験あり(155人)
  • お気に入り(32人)
  • 持ってる(77人)
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルドクターエウレカ
原題・英題表記Dr. Eureka
参加人数1人~4人(15分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2015年~
参考価格3,880円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 83
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月18日 12時30分

    ドクター・エウレカ!薬の調合に成功しました!!3本のメスシリンダーに入った3色6個のボールを、お題カードのと同じ配列にするスピードアクションゲーム。ルールは2つだけ。1.薬品(ボール)に直接手を触れない。2.お題の通りに並べ替えたら大きな声で「エウレカ!」と叫んでお題カードにタッチする。1.の直接手で触れないがなかなか厄介で、外に落ちた薬品もメスシリンダーを上手に使って中に入れなくてはなりません。薬品を入れる上下を間違えてしまった場合は、メスシリンダーを逆さまにしてカードと同じにするなんて言う荒業もOKです!

    続きを読む
  • 86
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月14日 19時43分

    このゲームは試験官の中に入った3色の玉を、お題のカードと同じように移動させてライバルより早く完成させる事を目指すアクション系のボードゲームです。追視系のオモチャが大好きな3歳半の息子がこれにかなり食いついたので、通常のルールとは異なるルールで遊びました!基本ルールは試験官を3本使用しますが今回は4本使用し、玉を落としても1つ前の状態からやり直しても良い事に。今回は競争はせず大人はサポートに徹しました。玉を移動させる時に何度も落としてしまいましたが、息子は集中して根気よくやり直してしました。その様子を見守りながら、私だったらイライラして途中で投げてしまいそうだな〜と思っていたので、人によっ...

    続きを読む
  • 73
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月25日 16時04分

    ドクターエウレカは3本の試験管?に3色の玉をそれぞれ2個づつ入れ、お題のカードを用意してゲームをスタートします。スタートプレイヤーがお題カードを引き場に出したら、そのお題と同じ様に玉の位置を合わせます。ただし玉を手で触るかテーブルや床に落としたら、そのお題に関しては失格になります。そうして1番最初に完成させたプレイヤーがそのお題カードを得ます。あとはそれを繰り返しプレイし誰かが5枚お題カードを得たら、そのプレイヤーの勝利となります。やっぱりこういうアクション系のゲームはとにかく慌てて失敗して大笑いするには1番向いてるので、皆で大騒ぎしながら遊びたい時はオススメですよw

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 40
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月19日 15時38分

    試験管の材質上、底に小さなヒビが入ってしまうことがあります。プレイ時は派手なアクションで壊さないよう注意をお願いします。通常のプレイには問題なく耐えられると思います。

    続きを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿