マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 1975年~

ドメモ白州さんのレビュー

143
名に参考にされています
2018年02月24日 12時08分

7/10

ハゲタカのえじきやガイスターをデザインしたデザイナーの代表作の1つ。

お手軽推理ゲームとしては、とてもシンプルで、もはや美しさすら感じるゲーム。

内容は、1〜7のタイルがそれぞれ数字の枚数分だけ自分のタイルが見えないように並べられており、自分の番になったら、1つ数字を宣言して、当たっていたらその数字のタイルを1枚、他のプレイヤーに捨ててもらう。

それを続けて、1番最初に全部なくせば勝ち。

最初は単なる確率のゲームと思うかもしれないが、実は他のプレイヤーの回答の仕方を推理することで、より勝率をあげることができるのがこのゲームの面白いところ。

また、あえて1が見えているのに、「1」と宣言して混乱させる上級プレイができたりするのも面白い。

弱点は6と7が手持ちのタイルに集中すると、そのプレイヤーがかなり有利になってしまうところか。

ただ、1回が短いので、そこまで気にはならないけどね。

バージョンが数多く存在しており、もはや伝説の木製の初版、レアゲー化している完成度の高い幻冬舎エデュケーションバージョン、リメイクされてコストは安くなったが明らかにちゃっちくなった残念な現在購入できる幻冬舎バージョン、そしてゲームマーケットで最近流通し始めた木製版リメイク(かなり薄いけど)があるが、個人的には、幻冬舎の最初のバージョンが1番いいかな。伝説の木製版は直に見たことないので、わからないけど。

推理ゲームは個人的にはあまり好きではない部類なのだが、とてつもなくシンプルなので、気軽に楽しめる推理ゲームとしてかなり貴重なので、この評価。

お手軽推理ゲームとしては素晴らしい作品なので、ボードゲームを初めたばかりの人にもうってつけのゲーム。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 75興味あり
  • 709経験あり
  • 149お気に入り
  • 436持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率13
戦略・判断力22
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ15
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルドメモ
原題・英題表記DOMEMO
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1975年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク