マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 40分~60分
  • 10歳~
  • 1995年~

カタンの開拓者たち海月さんのレビュー

286
名に参考にされています
2017年07月25日 13時17分

いきなりですが運ゲーです、ダイスゲームの宿命ですね。ただ完全な運ゲーかと言われると交渉やら交易または開拓地を何処に建設するやら騎士、発見、独占、街道建築などの発展カードがあるので、ただの運ゲーとは言えません。でも、どうしても運の割合が多いと思います6〜7割ぐらいかな?運ゲーと思うか運の要素があるゲームと思うかは人によりますね〜僕は運ゲーだと思っていますがw

個人的にこのゲームで一番大切なとこは開拓地と街道の初期配置だと思っています。何処にを置いたかで今後の方針がほぼ決まってくるので「初期配置」は重要です。

手番のジレンマやタイルが毎回ランダムに決まるので、僕は初期配置の時が一番面白いと思います。木材の2:1港と森が隣接してるから欲しいとか、バランスよく全部の資源が出るように置くなどの悩ましい選択肢があります。

運の要素が強いゲームなので、いいところと悪いところがどうしても発生してしまいます。初心者でも勝てると書くといいことに思えますが、交渉や配置などいくらしっかりしてても負けるときは負けるゲームということです。全く木材を生産できないようにプレイしても交渉や交易で木材を手に入れれるようになってるので「交渉」「交易」は良いルールなのですが、資源がなければ交渉や交易自体もできませんし、その資源が生産されるかされないかはダイス次第です。資源がなければ何もできないゲームなのです

あと、運とは関係ないことですが「交渉」は遊ぶ人によってはゲームのバランスが崩れます。基本的に交渉が成立するということはお互いに特をするということです。交渉がいくら成立するからといつまでもトップの人と交渉しすぎると勝てません。だいたい6〜7点を取り始めたらその人とは交渉を控えた方がいいでしょう。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
海月さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 164興味あり
  • 1519経験あり
  • 635お気に入り
  • 1371持ってる
プレイ感の評価
運・確率57
戦略・判断力51
交渉・立ち回り72
心理戦・ブラフ7
攻防・戦闘6
アート・外見5
作品データ
タイトルカタンの開拓者たち
原題・英題表記Die Siedler von Catan
参加人数2人~4人(40分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期1995年~
参考価格3,200円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク