マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 120分~140分
  • 14歳~
  • 2012年~

ディセント:第2版りばたんさんのレビュー

143名 が参考
3名 がナイス
28日前

2012年に出たボードゲーム(第2版)で、悪役のオーバーロード1人と、それを倒そうとするヒーロー1人~4人が対戦するRPGである。プレイするには最低2人必要だった。

ところが2016年になって状況が一変した。無料のアプリが提供され、オーバーロード(とゲームマスター)役をアプリが自動的に行ってくれるようになり、プレーヤーはヒーロー役に専念して協力プレイができるようになったのだ。1人でもプレイできる。

アプリがっダンジョンのタイルの配置やモンスターの出現位置などを指示してくるので、それに合わせてセットアップすればいい。キャンペーンの幕間のクエストもあるし、街に行って買い物などもできる。コマの移動、戦闘、HPの管理、ダイスを振るなどは人手で行う。

アプリは拡張版にも対応していて、最初に持っているゲームを登録しておけば、その範囲内でタイルやモンスターを使うことになる。たくさん登録しておけばバリエーションが増えるようである。

アプリには6本ののキャンペーン/アドベンチャーがある。以下の通りだ。

・Rise Of All Goblins(チュートリアル)

・Embers Of Dread(拡張「竜の棲み家」「廃墟の迷宮」が必要)

・Trials Of Frostgate(別途有料)

・Nerekhall(拡張「ネレクホールの影」が必要)

・The Delve(別途有料)

・Kindred Fire

一番の問題はアプリが日本語対応していないことで、大抵は英語でプレイすることになる。けど、それを差し引いても面白いのは間違いない。


この投稿に3名がナイス!しました
ナイス!
18toya
Bluebear
Feiron33
大臣
りばたん
りばたん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 93興味あり
  • 115経験あり
  • 40お気に入り
  • 170持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力10
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘5
アート・外見6
作品データ
タイトルディセント:第2版
原題・英題表記Descent: Journeys in the Dark (Second Edition)
参加人数2人~5人(120分~140分)
対象年齢14歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿