マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~12人
  • 20分前後
  • 14歳~
  • 2014年~
97
名に参考にされています
2020年10月23日 08時59分

殺人犯を当てる、途中脱落なしの正体隠匿系のゲームです。
とある殺人事件が発生し、捜査官であるプレイヤーはその犯人を捕まえようとしますが、実は捜査官の中に犯人が紛れ込んでいます。
捜査官は法医学者(ゲームマスター)のヒントを頼りに犯人を捕らえるのが目的です。
犯人は捜査官の振りをして、議論を掻き乱しミスリードし混乱させ、逃げ切るのが目的です。

プレイヤー人数は4人~となっていますが、大人数居たほうが楽しいと思います。
1人が法医学者(ゲームマスター)として議論に参加しなくなるので、最少人数の4人だと捜査官、捜査官、犯人の3人になってしまい、捜査官からすれば犯人は2択になるためです。

だれが法医学者、捜査官、犯人になるかはランダムに配られる役職カードによりますが、どの役職になっても面白いと私は思いました。

私の大好きなゲームの1つですね。:-)

ヴァリアントルールとして、証拠カードと凶器カードの枚数を増減することで、難易度の上下ができるようになっているので、片方の陣営だけが勝ち続ける場合などには調整してみるのもいかがでしょうか。

何回もやっていると同じ証拠カードや凶器カードが出てくるようになるので、これらの追加の拡張とか出るとよいかもです。*・・)チラッ デナイカシラネ?

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ばんろっほ
ディセプション
ディセプションの通販
殺人犯は誰!?正体隠匿系ゲーム
残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,400(税込)
タケさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 161興味あり
  • 526経験あり
  • 139お気に入り
  • 288持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力14
交渉・立ち回り9
心理戦・ブラフ14
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルディセプション ー香港殺人事件ー
原題・英題表記Deception: Murder in Hong Kong
参加人数4人~12人(20分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

タケさんの投稿

会員の新しい投稿