マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2017年~
251
名に参考にされています
2017年11月18日 23時40分

スパイス(キューブ)を手札からプレイしたカードに従って、変換、取得しつつ、得点カードを集めるゲームです。

手番の回数を出来る限り減らして、資源をうまく変換していきましょう。


▼ゲームの概要

最初に変換・生産カードを6枚1列に並べます。

次に得点のカードを並べます。

スパイスは4種類あり、それぞれグレードが異なります。黄<赤<緑<茶 です。


ゲームはスタートプレイヤーから時計回りに手番を行っていき、誰かが得点カードを5枚取ったらゲームが終了します。

さて、手番では手札から1枚カードを使って、キューブを取ったり、キューブを変換したりします。最初の手札は共通で、2枚持っています。

使ったカードは自分の前に表向けて置いておき、手番に「休憩」のアクションをすることにより、すべて戻ってきます。

また、手札となるカードを最初に列に置いたカードから取ることが出来ます。これにもキューブが必要な場合があります。端っこのカードから順に中に向けて、1つずつキューブを支払わなくてはなりません(両側ではなく、一定の片方からのみ、数えていきます)

手番には得点カードを取ることも出来ます。上記と似た感じになりますが、キューブの支払いはありません。ですが、人気のないカードはボーナスが付くようになっています。

得点幅が7-20点と広いため、うまく集める必要があります。

ルールはこれだけです。手札を使ってキューブを増やしたり、交換したり。
集まったら得点カードを取る、という流れですね。


▼プレイの感想

他のプレイヤーより、より効率よく進めるのがこのゲームのポイントです。
とはいえ、カードは一部までしか表向いておらず、残りはゲームが進むにつれて引かれていくので、その流れにもよります。

手持ちのカードは可能な限り、「希望するスパイスが作りやすように」流れを作っておくとうまくできます。
もちろん、手番順のよさ、悪さ、というのは結構あって、例えば、5人プレイではどうしようもない場面が多く発生すると思います(次の手番までに取りたいカードがあまりにも異なるとかで)

この辺りをストレス低く遊びたい場合は3~4人で遊ぶのがいいのかなと思いました。

こういった資源変換系は古くは70年代のバザール(シド・サクソン)なんかからあるのですが、地味ながらしっかり遊べて面白いですよね。

もちろん、どんどんゲームは発展していっているので、新しいゲームの「古いゲームとの違い」なんかを見る、マニアックな楽しみ方も出来るような気はします。




0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 101興味あり
  • 352経験あり
  • 131お気に入り
  • 197持ってる
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力23
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見11
作品データ
タイトルセンチュリー:スパイスロード
原題・英題表記Century: Spice Road
参加人数2人~5人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク