マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分~45分
  • 10歳~

キャットインザボックスあらいさんのレビュー

233
名に参考にされています
2020年11月21日 23時04分

ゲムマ2020秋の新作トリテ。

今期は何作か良作のトリテが出たようで遊んだのですが、個人的には遊んだ中では1番面白かったです。好みはあるので異論は認める。


シュレディンガーの猫。


ある箱の中に、猫はいるのか。

実際には居たとしても、だれかに観測されるまではいるとは言えないかもしれない(みたいな考え方があるっぽい。詳しくは知らない。)


このゲームでも、同じ。

手札という箱の中に、猫は居るらしい。でもまだ誰も観測していないので、その猫の毛色は分からない。

そんな状態で行うトリックテイキングゲームです。


ざっくり言うと、猫の数字カードがあるけど、そのカードにスート(色)は決まってません。

全く同じ数字のカードが5枚ずつあります。しかし、マストフォロー(リード、最初にカードを出した人と同じスートのカードを出さなくてはいけない)です。


どうするのかというと、手札から場にカードを出して、全員に観測された瞬間、毛色(スート)が分かります。

というか、出した人が好きに決めます。

基本的にはマストフォローなので、リードの人は自由に決めて、以降の人はリードのカードと同じ色になります。

ただし、同じスートで同じ数字のカードはないので、例えば既に黄色の5の猫は出ていた場合、5のカードを出した時には黄色を選ぶことは出来ません。

逆にいうと、黄色でマストフォローのときに、黄色のカードは持っていないことにする場合を除き、5のカードは出せなくなります。


「その色のカードは持っていないことにする」??


そう。このゲームでは手札の猫たちはまだ自分しか観測してないので、マストフォローの色を持っていないのだ、と言えば持っていないことになります。

ただし、1度持っていないと言えば、当然そのあともその色は出せません。

こうしてトリックを繰り返していき、最終的にはトリックを獲得した数や、最初のビッドの成否に応じて点数を獲得します。

しかし、このゲームの世界には4色の猫が存在するのに対して、猫のカードは各数字に5枚ずつ存在します。

はて、全色の猫が出ている時に、5枚目の猫が出てきたらどうなるのでしょうか?


そんなことは、元来起きるはずがありません。それは、パラドックスなのです。


パラドックスを起こしてしまった(ある数字の5枚目を出してしまった)プレイヤーは、ラウンドの得点を得られず、そのラウンドで獲得したトリック数だけマイナス点になります。

こうして、パラドックスを起こさないように猫ちゃんたちの色を決めてトリテしていくゲームです。


めちゃめちゃ面白い。

このカードを何色にしようかなぁ、という考え方はトリテを遊んできた中ではめちゃくちゃ新鮮で、それでしっかりトリテしてる。

すごい好きな作品。

でもすごい変態なことに違いはないので、ある程度トリテ慣れてる人で遊んだ方がいいとは思います。


あと、一挙に大量点は取りにくいシステムなので、逆転はしにくいです。

攻めてハイリスクハイリターンを狙うより、最初からなるべく自分がパラドックスを起こしてマイナスにならないように気をつけて、コンスタントに点を取りに行ったほうが勝ちやすい気がしました。


でも勝ち負けがどうとか関係なく楽しい。そんで猫がかわいい。



2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • びーている / btail
  • レモネード
あらいさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 68興味あり
  • 72経験あり
  • 28お気に入り
  • 110持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルキャットインザボックス
原題・英題表記Cat in the box
参加人数3人~4人(30分~45分)
対象年齢10歳から
発売時期未登録
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン常時 次人(Tsuguto Tsuneji)
アートワーク井上 磨(Osamu Inoue)
関連企業/団体操られ人形館(Ayatsurare Ningyoukan)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

あらいさんの投稿

会員の新しい投稿