マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 90分前後
  • 13歳~
  • 2015年~
274
名に参考にされています
2019年01月02日 01時11分

6/10

200以上のミニシナリオがついていることで話題になったボードゲーム。

タイトル通り、基本的には上で、普通に家とか立てたりして、
得点を稼いでいくか、下の洞窟にもぐって冒険するかを選ぶ。

というか、洞窟に入って冒険するのがこのゲームの醍醐味というか、
入らないなら、このゲームやる必要なくない?とさえ思うほど笑

この洞窟に入って冒険する場合、特別な本みたいないのがついていて、
数字にそって、ストーリーが展開されていく。

ストーリーを読むのは隣のプレイヤーで、実際に冒険している人は、
200以上あるストーリーの中から、何が起こるかを予測しながら、
戦うのか、逃げるのかを選びながら、進まなければならない。

戦う場合、それだけで手番が終わってしまう可能性があるほど、
リソースが少ないため、よく考えないと痛い目にあうのが面白く、
展開によっては、何ももらえなかったりすることもあって、
予想できない展開がいろいろあって面白い。

逆にこれらを楽しめないのであれば、ぶっちゃけおすすめできない。

例えば、道をすすんでいたら、困っている人がいました。どうしますか?
となって、選択肢がいくつか掲示される。

無視するとか、助けるとか、身ぐるみを剥ぐ(!)とか、いろんなことができるが、
実際にアクションを選ばないと、何が起こるかはわからないのは、本でやる醍醐味といえる。

TRPGをよくやる人にはありきたりなのかもしれないが、あまりそっち系をやらない
(そして、言い方は悪いが、あまり手を出したくないとさえ思っている)自分としては、
違和感なく、程よく楽しく、そして、新鮮な感覚でゲームができた。

もちろん、ターン数が結構少ないので、1回では全てのシナリオは全然プレイできず、
リプレイ性もかなり高いゲームではある。

見た目も綺麗で、ルールも難しくはないので、ちょっと新しい感覚のゲームをプレイしたい人におすすめかな。

4
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ボドゲしお
  • コージ
  • Gensi
  • Jarry
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 64興味あり
  • 109経験あり
  • 32お気に入り
  • 66持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見6
作品データ
タイトルアバブ・アンド・ビロー(上へ下へ)
原題・英題表記ABOVE and BELOW
参加人数2人~4人(90分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2015年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク