マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~99人
  • 45分前後
  • 12歳~
  • 2021年~

横濱紳商伝ロール&ライトみなりんさんのレビュー

98名 が参考
1名 がナイス
13日前

紙ペンゲーム。1人~99人までプレイ可能という文字が示す通り、自分のプレイが他のプレイヤーに影響を与えることは一切ない。

12ラウンドに渡ってアクションを行い、途中6ラウンド目の中間決済を挟んで、最終的に得点の高い人が勝利するが、1人でもプレイ可能なので、一人で高得点を目指すのも良い。

0、1~6(ダイス目)、7の枠に、8枚のエリアカードを並べる。(写真奥の方)

このエリアカードの位置は一度置いたら変わらない。研究所Aと研究所Bに技術カード並べる。(写真右側。0と1の場所に2列揃って並んでいるのは偶然)

毎ラウンド3色のダイスを振り、そこに雇用カードを置く。

プレイヤーはいずれかのダイスと、それに対応する雇用カードを選ぶところから手番を開始する。


例えば写真の場合、真ん中の灰色の6を選ぶと、3の雇用カードが置かれていて、1コイン手に入れられる。

自分のシートに3人まで従業員を増やすことができるが、ダイスの目(ここでは6)のエリアの従業員は追加で1人増やすことができる。従業員は連続した場所しか増やせない。(0、1、2のエリアとか、5、6、7のエリアとか)

従業員を増やしたら、次はメインアクション。アクションを行いたいエリアを選択して、そのエリアの効果を適用する。例えば茶畑なら使った従業員の数だけお茶がもらえる。

手に入れた資源は、即座に個人シートの港区画にチェックする。(注文書が並んでいて、そこに書かれた資源を全部埋められたら、その注文書を達成できる)

メインアクションの後、お金や信仰力によって追加アクションが打てる。

これを繰り返して、技術カードの効果を使いつつ、注文書をたくさん達成したり、舶来品を集めたりして得点を稼ぐ。


とても面白い。

勝ち筋も多そうだ。3人でやった初回プレイ、港区画を1つ除いてすべて埋め、舶来品も36点まで集めて137点取ったが、商館が1つしか建てられずに敗北した。

ちょっと港区画の視認性が悪いのが残念だが、他にどうすればいいかと言われても難しいので、考えに考えた結果がこれなのだろう。

オススメ。是非挑戦してほしい。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
YON
みなりん
みなりん
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 37興味あり
  • 43経験あり
  • 13お気に入り
  • 68持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル横濱紳商伝ロール&ライト
原題・英題表記Yokohama Shinshoden: Roll and Write
参加人数1人~99人(45分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2021年~
参考価格3,000円
クレジット
ゲームデザイン林 尚志(Hisashi Hayashi)
アートワークryo@にゃも(Ryo Nyamo)
関連企業/団体オカズブランド(OKAZU brand)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

みなりんさんの投稿

会員の新しい投稿