マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
横濱紳商伝ロール&ライト
  • 横濱紳商伝ロール&ライト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~99人
  • 45分前後
  • 12歳~
  • 2021年~

横濱紳商伝ロール&ライト

メーカー・卸元:OKAZU brand (委託販売作品

1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
明治時代の横濱を舞台とした商人の戦いが、今度は紙ペンゲームになった!従業員雇用と配置を組み合わせて大儲けしよう!

各プレイヤーにシートが配られ、ダイス目に左右される状況に合わせて記入し遊ぶタイプの、多人数ロールアンド&ゲームです。

プレイヤーの手元に配られるシートは、従業員の活躍する街区画、外国から来る注文書が存在する港区画、などの区画に分かれています。
街区画はカードシャッフルにより、「漁港」「製糸場」などのエリアがランダムに番号に割り振られます。そのエリアに、サイコロとの組み合わせによるルールにしたがって従業員を配置し、その従業員を使用してエリアのアクションを実行することで交易品などを得ることができます。
港区画には「魚が2つ、糸が1つ」のように必要とされる交易品が書いてある注文書が配置されており、交易品を注文書通りに揃えることでお客の要望を満たし、得点に繋げていきます。
また、「活版印刷」「郵便制度」といった、開港により外国から伝わった便利な様々の技術があり、これらの力を効率よく使用することも勝利への近道となっていきます。
ラウンドごとに、同じ条件で全員がシートを埋めていくのでサイコロ運が悪いために自分だけが損をする、ということはありません。状況を利用し、さまざまな勝ち筋の中から有利になるように判断しましょう。
さまざまにエリアのアクションや技術を活用して、横濱一の商人となるのはどのプレイヤーでしょうか?

プレイヤーシートは注文書の内容と配置が異なるAとBの両面で構成され、異なったプレイ感が味わえ、本作のエリアのランダム配置による1ゲームごとの違いと相まって、リプレイ性高く遊ぶことができます。
お馴染みのエリアや技術に加え、新しいエリアや技術も登場し、本シリーズを遊んでくださっている方には特に楽しんでいただけることでしょう。

タイトルの通り本作は、2016年にOKAZU brandから発売され、その後世界で販売、各国でさまざまな賞を受賞した国産同人重量級ゲーム『横濱紳商伝』の、シリーズ第三弾です。『横濱紳商伝』や次作『横濱紳商伝デュエル』のエッセンスは残しつつ、紙ペンゲームならではの独自のシステムで表現しました。45分程度のプレイ時間で、同作シリーズのような重量感のある遊び心地を再現しています!

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 5件

レビュー
156名が参考
約2ヶ月前

明治初めの横浜で大商人をめざせ!やりごたえ満点の紙ペンゲーム

【テーマ・ストーリー】
明治初めの横浜を舞台に従業員を雇いながら様々な注文書を達成し、商人としての名声を高めていく。「ガス灯」「活版印刷」などの技術カード、「生糸」や「銅」といった交易品も雰囲気たっぷりで、紙ペンゲームながらもしっかりした世界観が設定されており、プレイ感に一役買っている。

【アートワーク・コンポーネント】
カードサイズはボードゲームサイズ、58.5×90のスリーブに対応。カードは明治初期の横浜を想起させるレトロ感のあるアートワークで描かれている。カード置き場を示すタイルも用意されておりゲームを進めるうえで便利だが、紙ペンゲームにしてはスペースが必要。スコアパッドは注文書の配置が異なる両面仕様で、アイコンも見やすいカラフルな仕上がり。鉛筆も付属しているが、カラフルなスコアパッドにおいて鉛筆書きでは若干視認性が低く、カラーペン等で記入したほうがよいかもしれない。付属のダイスは木製で軽く、非常に転がりやすく使い勝手がよい。

【ソロプレイの感想】
シリーズである「横浜紳商伝」「横浜紳商伝デュエル」は未プレイ。
ダイス判定で従業員を集めつつ、能力を開放し注文書を達成し勝利点を得てゆく。従業員というリソースを計画的に管理し貯めて放つ爽快感に、様々なボーナスや特殊能力を絡めながらコンボを決めていくのが気持ちいい。できることがなくて苦しいというよりは、いろいろなことができてその選択肢から何を選べば最善手かというのを常に求められる。エリアカードの並びや技術カードの種類によってそのたび求められる戦略が違うので、リプレイ性も高い。全員が同じ条件で記入していくためインタラクションはなくソロプレイには問題ないが、多人数プレイの場合は拡張ルールであるスタートプレイヤー優先ルールを入れるとダイスの早取り要素が加わる。

【主観評価】
9/10
紙ペンゲームだが多岐にわたる勝ち筋、先を見渡しながらのリソースマネジメントが求められ重ゲーやった感がたっぷり味わえる。12ラウンドという長さもよく、1ラウンドごとに何をすべきかじっくり考えているうちにいつの間にか45分ほど経過している。過去作を未プレイでも十分に楽しめたので、以前からのファンの方はさらに世界観が楽しめると思う。

続きを見る
閉じる
皇帝
モノアシ
モノアシ
ルール/インスト
130名が参考
3ヶ月前

公式サイトにも掲載している「横濱紳商伝ロール&ライト」の遊び方マンガです。
プレイヤーが何をやるのかざっと分かりやすくなるかもしれません。

さらに詳しい遊び方は、公式サイトに説明書PDFを公開していますので、そちらをご参照ください。

続きを見る
閉じる
大賢者
にゃも
にゃも
レビュー
116名が参考
約2ヶ月前

明治の横濱を舞台にした紙ペンゲーム。自分のプレイが他のプレイヤーに影響を与えることは一切ない。

12ラウンドに渡ってアクションを行い、最終的に得点の高い人が勝利するが、1人でもプレイ可能なので、一人で高得点を目指すのも楽しそう。

従業員雇用フェーズで、各アクションエリアの従業員を増やし、メインアクションフェーズで、その従業員を使って効果を得る。

例えば漁場アクションなら、使った従業員の数だけ魚が得られるし、研究所アクションならより強い技術カードが得られる。

資材を得たら港区画の注文書に×をつけ、注文を達成していく。

銀行アクションでお金、教会アクションで信仰心が得られるが、これらを使って追加アクションが打てる。

様々なアクションを駆使して注文書を達成し、12ラウンドでたくさん得点を稼いだ人が勝利する。

とても面白い。ただ、細かい要素が多い上、基本的にはソロプレイなのでミスが多くなる。慣れが必要だ。


自分のブログでもう少し詳しくレビューしています。よろしければどうぞ。

https://minarinbg.com/yokohamarw/

続きを見る
閉じる
みなりん
みなりん
レビュー
114名が参考
約2ヶ月前

良いところ

・点数につながる要素が多岐にわたって存在しています。ちょっと複雑ではあるものの、得点要素の全てが目に見える形でわかり、見通しがよいです。

・シートはA面B面の二種類で、ダイスの出目に対応するエリアカード等が全てランダム配置のため、組み合わせが膨大であり、リプレイ性は非常に高いです。

・インタラクションは無くなってしまった(オプションルールでダイスの先取り要素はつけられるがそれ以外はない)ものの、注文書や舶来品や技術の為にあれこれ悩むそれは横濱紳商伝そのもの。


オススメできる人

・横濱紳商伝が好きな人

 …これは間違いなく横濱紳商伝でした。ルールも既プレイ者なら簡単な部類だと思います。

・ロールアンドライトに慣れ複雑なものをやってみたい人

 …プレイ後は中~重量級ゲームをやった後のような充実感があります。

・計画立ててリソースこねくり回すのが好きな人

 …ダイスを選んでから得点につながるまで2ステップ程度はありラウンド性で終了タイミングがはっきりしているので、計画が予期せぬタイミングで打ち切られることはありません。


オススメできない人等

・よくわからないけどとりあえずロールアンドライトやってみたい人

 …いきなりやるにはすべてのシステムがロールアンドライトにしては複雑です。先ずはガンシェンクレバーやウェルカムトゥーや同サークルのメトロックス等をプレイして自分の好みに合うか判断しましょう。

・テーブルスペースをとれない人

 …最初にカードを並べるだけで、普通の中箱ワーカープレイスメント位のスペースをとります。三枚以外はゲーム終了まで動かないのでやりようはあるとはおもいますが。横濱紳商伝デュエルをやれる程度のスペースが有れば余裕です。

・ダイスのドキドキハラハラ感を第一に考えている人

 …ダイスとそれに対応したパワーが決まってから以降の比重がとても高いため、ダイスゲーの「あの目が出てくれ!」等の感覚は薄めです。


一般委託が始まり早速手に入れやってみましたが、本当にずーっと悩みっぱなし、あちらをたてればこちらがたたず、あれもこれもやりたいけどどれかしかできないんだよなどうしよう、、、と苦しくも楽しい時間を過ごせました。あれこれ書きましたが個人的には太鼓判でオススメです。

続きを見る
閉じる
国王
にゃも
にゃも
ルール/インスト
40名が参考
約2ヶ月前

横濱紳商伝の紙ペンバージョン

・プレイヤーシートには、アクション数を表す街区画、必要資源が書かれた注文書のマスで構成される港区画、入手した研究所カードを記入する研究所街区、お金区画、信仰点区画、舶来品区画、の6つの区画が描かれている。

・ゲーム準備として、「魚を得られる漁港」「糸を得られる製糸場」「銅を得られる銅山」「茶を得られる茶畑」「お金を得られる銀行」「信仰点を得られる教会」「研究所カード、店舗、商館を得られる研究所AとB」を、中央の0~8の数字タイルの横にランダムに配置。

・その決まった場所を、全プレイヤーは、自分のプレイヤーシートの街区画の0~8に記入。

・各ラウンド、まず白、黒、灰色3つのダイスを振り、指定の場所に配置。各ダイスの横に、「アクション数とアクション内容が書かれた雇用カード」を山札からランダムにめくって配置。

・各プレイヤーは、脳内で、ダイス目と雇用カードの組み合わせ3セットの中から1つを選ぶ。

・選んだら、自分のプレイヤーシートの街区画のダイス目の場所に○(アクションポイント)を一つつける。

・その後、同じ場所かダイス目一つ違いの(隣接する)場所にも1つ○をつける。

・これを、アクション数分繰り返す。次に、雇用カードに書かれたアクションを実施。 

・次に、各プレイヤーは、メインアクションとして、0~8の場所のうち一つを選び、場所のアクションを実施。

・アクションはその場所のアクションポイントを1~5まで使えて、たくさん使った分の効果をもらえる。 

・漁港、製糸場、銅山、茶畑のアクションで資源を得たら、自分のプレイヤーシート上の港区画の好きな注文書に書かれた資源を1つ消せる。

・注文書に書かれた全資源を消したらその注文書の勝利点をもらえる。

・各ラウンドに1回、追加アクションとして、「0~8いずれかのアクション数を増やすエリート」「各注文書で得られる勝利点を倍にする店舗」「複数の注文書を達成すると大きな勝利点が入る商館」のいずれかを、お金と信仰点を支払うことで記入できる。

・全プレイヤーがメインアクションを実施したら次のラウンドへ。

・6ラウンド終了時に中間決算。街区画の「達成済み注文書」と「商館」の勝利点を計上。

・12ラウンド終了にゲームセット。

・港区画の街区画の「達成済み注文書」と「商館」の勝利点を計上し、さらに舶来品の勝利点と、研究所カードの勝利点を合計し、総得点の高い人が勝ち。

感想と評価は下記ブログにて。


続きを見る
閉じる
大賢者
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
  • 商品価格¥ 3,520(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 39興味あり
  • 63経験あり
  • 14お気に入り
  • 78持ってる

チェックした商品