マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 6人用
  • 120分~150分
  • 15歳~
  • 2019年~

約束の場所へたーとるりばーさんのレビュー

297
名に参考にされています
2019年10月14日 18時03分

マーダーミステリーの中で初心者向けです。

”うそをついてはいけない”というのは、プレイヤー全員が正しく推理する、というための手段ですのでお忘れなく。

探偵役が1人いて実際には5人の中に犯人がいるということになりますので、考えるべき情報は少ないために初心者向けと考えます。


”約束の場所へ”では情報は本当に少ないです。

ただし、情報カードを開かないと、または他のプレイヤーから取得しないと情報は得られません。

情報カードは開示・公開できますが、明らかに不要な情報も混じっていますから、

全てのカードを見ようとすると、あっという間に時間がかかってしまって推理する時間を失ってしまうでしょう。


ただし他の要素がないため、逆に犯人は誰か? という点に着目すると非常にシンプルです。

登場人物の中から犯人は誰か、という点を考えればよいのですから。


密談では最大3人まで参加できますが、3人というのがミソですね。

実質5人の容疑者のうち、探偵役を除けば3人の中に犯人がいる可能性が高いですから。

うっかり犯人に情報を漏らす、というところを考えれば、密談は2人でやるか、探偵役を入れての3人の方が良いかもしれません。


難易度は5段階中2段階だと思います…が見学したプレイでは犯人がものすごい勢いで逃げ切っていますので

5段階中3段階以上かもしれませんね。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
たーとるりばーさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 52興味あり
  • 68経験あり
  • 17お気に入り
  • 34持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル約束の場所へ
原題・英題表記Yakusokuno Bashohe
参加人数6人用(120分~150分)
対象年齢15歳から
発売時期2019年~
参考価格5,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿