マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~10人
  • 1分~5分
  • 13歳~
  • 2017年~

テストプレイなんてしてないよkanamatan、他7人くらい。のリプレイ日記(2017年11月5日)

739
名に読まれています
2017年11月06日 22時03分

定例会で人が集まる前兼大人数でのプレイというわけで、最初にプレイ。


インストを聞いた段階で『あ、これは好き嫌いが明確に別れるタイプだ。』と思った。


1戦目はスタピが「あ、俺勝ったわ。」と宣言してカードをプレイ。効果は身長が低い人が勝利、1手番目でゲームが決まるというこのゲームの真価を1発目に見せつけられた。当然ながらなかなかのウケをとる。

2戦目、今回は1手番目での勝利は流石に無かった。

代わりにドローする度に『ウワーゾンビダー』、カードをプレイする度に『創英角ポップ体サイコー』と棒読みが聞こえるシュールな展開に。

2手番連続で出来るぜ!と意気込んで2手番目に『ウワーゾンビダー』言ってないよね?とツッコまれて足首を挫くプレイヤーやパーティの開催が出来なかったボッチなどが現れてゲームは残り4人に。 

ここで1人がスーパースターを使い、ポイント勝利が不可能に。いや、まあ、ポイント勝ちって出来るのか分かんないけども。


私は勝ち目が無さそうなのでTHE ENDを発動してゲームを全員敗北のTHE ENDに持って行くことに。

中途、ブラックホールが起きたり宇宙船でブラックホールを打ち返したりしてたが、無事私は死なずにTHE ENDが発動。


試合終了、全員敗北!!

かと思いきや、1人がまさかの残機を持っていて復活。残機持ちが勝利したのだった…。


感想としては、私はわりと好きな類のゲーム。

でも、かなり人を選ぶと思う。嫌いな人はとことん嫌いかな?理不尽だし、ゲームバランスという言葉がお題目通りに存在してないし。

ジョーク好きな身内と酒飲みながらやると凄い盛り上がるのは間違いない。

勝敗プレイヤー名最終得点
kanamatan

他7人くらい。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • よっしゃーマン

参加者 2人
2017年11月05日

ゲスト
他7人くらい。
このリプレイ日記をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 67興味あり
  • 396経験あり
  • 72お気に入り
  • 259持ってる
プレイ感の評価
運・確率24
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見8
作品データ
タイトルテストプレイなんてしてないよ
原題・英題表記We Didn't Playtest This at All
参加人数2人~10人(1分~5分)
対象年齢13歳から
発売時期2017年~
参考価格1,620円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

kanamatanさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク