マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 60分前後
  • 14歳~
  • 1977年~

スコードリーダー / 戦闘指揮官Bluebearさんのレビュー

1018
名に参考にされています
2017年08月15日 20時05分

またまた懐かしい、旧アバロンヒル社の中期の傑作ですね。(最近、古〜いゲームのレビューばかりでごめんなさい。)

第二次世界大戦時における分隊単位の歩兵戦を表現したシミュレーションゲームの中では、おそらく最高峰でしょうか。

その完成度と人気により、続々と続編が発売され、しだいに当初のシンプルさを失い、細かいルールばかりのモンスターゲームになってしまったのは、当時のゲーム界では有名な話。

最終的には整理がつかなくなって、上位版の『アドバンスド・スコードリーダー』というセットまで発売されました。

が、もはや熱心なマニア以外プレイできるものではなく、ファンだった私自身もそこまでは手を出していません。(^-^;

駒は1個分隊または指揮官を表し、「火力」「射程」「士気」の3つのみで各国の兵士の特徴をうまく表しており、それまでのウォーゲームの定番である「防御力」の概念がないのが、当時ものすごく新鮮でしたね。

(考えてみれば、みんな人間のグループなのだから、特別に防御の違いを考える必要は無いわけです。)

攻撃されると、その効果に応じてペナルティーを受けた数字で『士気チェック』をし、失敗すると混乱状態になり、機能しなくなります。

そこで出番になるのがタイトルどおり『指揮官』です!

この指揮官が戦場を回って、混乱した部隊を回復させて回るわけです。

しかもしかも!この指揮官ユニットには、それぞれちゃんと名前がついていて、だんだんと愛着が湧いてくるから面白いじゃありませんか。

さすがにドイツ軍の指揮官は優秀で、笑ったのはロシア軍とかには、効果がマイナスの愚劣指揮官までいたりします。(;o;)

何だか、部下を叱咤激励して回り、トラブル処理に飛び回る中間管理職みたいで哀悲を感じますよね〜。

後半は仲間と多人数でシナリオなんて無視して、各国の部隊をそれぞれ担当し、ポイント制で部隊を編成して、乱戦ばっかりやってました。

楽しかったなあ〜(遠い目)(^-^;


ちなみに、このデザイナーのジョン・ヒルという人のデザイナーズノートが今でも忘れられないくらい印象的でした。

だいたいこんな内容です。

「ゲームが本当にリアルである」という事と、「プレイヤーがリアルだと感じる」事は違う。

このゲームのタイムスケールは3分なので、本来なら『命中判定』は必要ないはず。

しかし、「あえて」加えたと。

根拠は、プレイヤーの感覚として、命中したと感じるかどうかが重要だから。

この文の重みは、ゲームを長年趣味としている今も感じている。

「当たったけど効果が無い」と「当たらない」は、どちらも「効果なし」で、確かに結果は同じ。

厳密なシミュレーションならそれでいい。

でもこれはゲームです。

雰囲気って、とっても大事だと思いませんか?

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 16興味あり
  • 44経験あり
  • 18お気に入り
  • 31持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘3
アート・外見1
作品データ
タイトルスコードリーダー / 戦闘指揮官
原題・英題表記Squad Leader
参加人数2人用(60分前後)
対象年齢14歳から
発売時期1977年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿