マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2014年~

宝石の煌きうなさんのレビュー

404名 が参考
0名 がナイス
1年以上前

定番となるには訳がある。(イケボ)

これはもう、シンプルに誰でもすぐ理解できるルールと駆け引きのわかり易さ。そりゃウケますわって言わざるを得なかったですね。やることは至極シンプル。(以下4人ルール。3人の場合は7枚が5枚スタート。)


1:全部で7枚ずつある宝石トークンを同じ種類2枚得るか3種類1枚ずつ得る(ただし半分以下になると同種2枚は取れなくなる)、もしくは欲しいカードを予約してジョーカートークンを1枚得る。

2:貯めた宝石トークンで宝石カードを取得。コレ自体が宝石と同価値になっている為、どんどん必要な宝石トークンが大きなものが取得できるようになる。

3:書かれている勝利点が18点になったらその1巡でおしまい。最高点に到達していたプレーヤーの勝利です。


これだけ。なお、規定の宝石カードを集めると手に入る貴族カードも勝利点になる為、そこ目掛けて規定種類のカードを集めるのを競う事もゲーム性に寄与している。

これ狙ってんだろぉお前さん~?のカードをさらっと予約して取られなくさせるとかもどんどん出てくるし、油断してると貴族をお迎えしていて高得点になっている人がいたりして、1ゲーム中でもどんどん理解が進むのでトントントンとゲームが進行。気がついたら「ああああまかれてるうううう」って事も多々あるので、皆でワイワイやるのにホント向いてる。

欲を言えばもう少し大人数でもやれたりしないかしら。5人でもだいぶ違うと思うんだけどなー。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
大賢者
うな
うな
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 1138興味あり
  • 4510経験あり
  • 2201お気に入り
  • 3244持ってる
プレイ感の評価
運・確率82
戦略・判断力193
交渉・立ち回り25
心理戦・ブラフ27
攻防・戦闘0
アート・外見118
作品データ
タイトル宝石の煌き
原題・英題表記Splendor
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2014年~
参考価格5,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

うなさんの投稿

会員の新しい投稿