マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 15分前後
  • 6歳~
  • 2015年~

スペースプラネッツレモネードさんのレビュー

161
名に参考にされています
2018年12月13日 09時39分

惑星を探査するゲーム。

嫁さんと6歳の息子と3人でプレイしました。


様々な種類の惑星カードを3×3に並べ、

その外から、サイコロを探査船に見立てて、ふります。

で、サイコロがうまく惑星カードの上にのれば、

そのサイコロの出目分のクリスタル(燃料)を支払い

その惑星カードを手に入れます。

つまり、その惑星を探査したことになるのです。


惑星カードがなくなった箇所には新たな惑星カードを追加します。


惑星カードにはたまに特殊効果がついてて

使用すると裏向けにして

自分のサイコロをふりなおしたり、

クリスタルをもらえたり

相手の消費燃料を+1にしたりできます。


あと、惑星カードを取らないとゆう選択もでき、

その場合は出目分のクリスタルを得ることができます。


ちなみに、サイコロが惑星にのらなかった場合もクリスタル1個もらえます。


たまにブラックホールのカードが出て

これにのっちゃうと、即手番終了でクリスタルももらえません。


5枚、誰かが惑星カードを取るとゲーム終了で

惑星カードの描かれた星の数が点数です。

あと、余ったクリスタルも2個で1点です。

点数が高い者が優勝。


サイコロは意外と転がるので、

慣れるまでは惑星にのせるのが意外と難しかったりします。


子供と大人でも対等にプレイできますが

6歳児でも、大人の勝率は高い方です。

やっぱ狙った場所にサイコロ転がす技術は大人の方が上手なので。

だから、子供はある程度、カードの上から転がせるとかすれば、

いいハンデにはなります。


サイコロを転がす場所の厳密な位置とか、

サイコロがちょっとでも惑星にのったらOKなのかとか

明確なルールがないので、そのへんはノリでカバーする必要があります。


あと、カードを5枚集めれば終了なので、点数の低い惑星の存在意義が薄い点と

わざと外して永遠にクリスタルを集めれるとゆう点が気になります。


でも子供とサクッと遊ぶゲームとしては、それなりに楽しめました。





2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • コージ
  • Nobuaki Katou
レモネードさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 21経験あり
  • 0お気に入り
  • 23持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルスペースプラネッツ
原題・英題表記Space Planets
参加人数2人~4人(15分前後)
対象年齢6歳から
発売時期2015年~
参考価格1,720円
クレジット
ゲームデザインベンジャミン・シュヴェア(Benjamin Schwer)
アートワークMirco Bruchler
関連企業/団体ハバ(HABA - Habermaaß GmbH)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿