マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

リスクRisk

世界地図の上で自軍を進軍させ、相手領土を攻撃して領土を広げていき、世界征服を目指す、シンプルだけど奥が深い戦略ゲーム

リスク(Risk)とは、戦略ボードゲームである。パーカー・ブラザーズによって発売された(現在はハズブロの傘下にある)。フランスの映画監督、アルベール・ラモリス(Albert Lamorisse)が考案したもので、最初の版は1957年に、「世界征服」(La Conquête du Monde)という名前で、フランスで発売された。

リスクは、2人から6人のプレイヤーで遊ぶターン制のゲームで、ナポレオン時代の政治区分を模して表現された世界地図上でプレイする。この地図は42の領土に分かれており、それぞれは6つの大陸に所属している。プレイヤーは軍隊を指揮し、他のプレイヤーから領地を奪うようにする。目的は全ての領土を奪い取る、つまり"世界征服"であり、他のプレイヤーのコマを盤上からなくすことである。リスクでは軍隊の移動の際、現実にありそうな制限、例えば世界の大きさや、戦役に伴う補給の必要性などは無視する。

このゲームには6セットの軍隊が入っており、それぞれ別の色となっている。それぞれの軍隊は3種類のコマで構成される。歩兵コマは軍隊1単位を意味し、騎兵コマは5単位を意味し、砲兵コマは10単位を意味する。これらのコマは、それぞれの形状に特別な意味が込められているわけではなく、単純に軍の大きさを表したものである。従って、プレイ中にあるプレイヤーのコマが不足した場合、間違えにくい範囲で他の色のコマを使ってもいいし、もしくは何か他の小物などを用いて軍隊数を示してもかまわない。コマの他に、通常のリスクには5つのサイコロが入っている。このうち2つは防御側が、残り3つは攻撃側が使うよう、それぞれ違う色で構成されている。

その他に、全部で72枚(最近の版では56枚)のリスクカードが入っている。通常のゲームに使われるのはこのうち44枚で、そのうち42枚には各領土が描かれており、それに加えて歩兵、騎兵、砲兵のシンボルが描かれている。各プレイヤーのターン終了後、もし1つでも新しく領土征服に成功したら、リスクカードを1枚手に入れる。2つ以上の領土を征服できても、もらえるカードは1枚を越えることはない。1つの同じシンボルを3枚手に入れるか、それぞれのシンボルを1枚ずつ手に入れれば、プレイヤーはそれらを自分のターンの始めに交換し、軍隊の増援を行うことができる。これらのカードはゲーム開始時にも用いられる(後述)。他にリスクカードにはワイルドカードが2枚入っており、これには歩兵、騎兵、砲兵の全てのシンボルが描かれている。これは増援の際にどのシンボルのカードとしても用いることができる。さらに28枚(最近の版では12枚)の指令カードが含まれているが、これらは"秘密指令リスク"においてのみ使われる。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 二ノ宮二ノ宮
マイボードゲーム登録者
  • 31興味あり
  • 55経験あり
  • 10お気に入り
  • 42持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘2
アート・外見1
作品データ
タイトルリスク
原題・英題表記Risk
参加人数2人~6人(120分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1959年~
参考価格6,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 39
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月17日 19時07分

    世界地図、コマ、カードで構成された非常にシンプルな世界制覇ゲームです。ルールは簡単です。(ゲーム付属のルールは英語ですが、ネットで日本語のルールを見ることが出来ます。)が、非常に奥深く、楽しいゲームです。そういう意味では、モノポリーに繋がるところがあるかも。かつては日本語版もあったのですが、それはともかく楽しさ抜群、迷わず買って楽しみましょう。 Greatgame,it’sstillfuneventhoughit’snotquitethesameastheoldversion,andeveryonepurchasingitknewthat!Ifyoubuyanappleandyouget...

    二ノ宮さんの「リスク」のレビュー
  • 291
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月23日 10時25分

    8/101957年にフランスの映画監督がデザインした「モノポリー」「アクワイア」「ディプロマシー」と名だたる「世界四大古典ゲーム」の一角。ちなみに4作の中では、この「リスク」が1番日本では知名度が薄いし、流通もしていないが、アメリカでは超有名なゲームで、日本でいえば、人生ゲームのように何度もいろんなバージョン(トランスフォーマーとかスター・ウォーズとか)でリメイクされ続けているぐらいメジャーなゲーム。内容はとてもシンプルで、モノポリーやディプロマシーのように他のプレイヤーを全滅させることが目的。ディプロマシーほどではないが、このゲームもなかなかエグい。ゲームスタート時には、プレイヤーの軍...

    白州さんの「リスク」のレビュー
  • 287
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月12日 10時55分

    何と1957年フランスでデザインされたボードゲームの古典中の古典!海外では子供も知ってるくらい有名な世界制服ゲーム。世界全体を42のエリアに分け、自分の軍隊を増強して隣接している他のプレイヤーのエリアを侵略していきます。中立の空きエリアなんてものは無く、弱いエリアを探して、互いに食い合う展開になるのですが、6人プレイまでできるので、互いの思惑が絡み合うことになり、そこに様々な交渉が生まれます。「あ〜、お願いだからこっち攻めないで!」「じゃあ代わりに、ここ見逃してくれる?」という感じです。征服しているエリアの数によって、コマが増えてゆくのですが、エリアの占領に成功すると『リスクカード』を1...

    Bluebearさんの「リスク」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 18
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月17日 19時17分

    公式のルールブックには、基本ルール用に3つのちょっとした戦略が書かれています。プレイヤーは増援をより多く得るために、大陸全体を支配するよう動くべきである。プレイヤーは先々攻撃するために増援できるよう、国境近辺を注視すべきである。プレイヤーはよりよく守備できるよう、国境近辺に増援を配置すべきである。

    二ノ宮さんの「リスク」の戦略やコツ

ルール/インスト 1件

  • 12
    名に参考にされています
    投稿日:2019年07月17日 23時08分

    「RISK」のゲーム盤には割とざっくりとした「世界地図」が描かれてます。世界地図は42の地域に分割されており、さらに6つの大陸に色分けされてます。勝利条件は文字通り「世界征服」。42の地域を全て自分のモノにするコト。ゲームが始まる前に、各プレイヤーは指定された「軍隊コマ」を手に取ります。2人プレイ40軍隊3人プレイ35軍隊4人プレイ30軍隊5人プレイ25軍隊6人プレイ20軍隊そして順番に1軍隊ずつ空白の地域に置いていきます。42の地域が全て埋まったら、手持ちの軍隊コマがなくなるまで、1軍隊ずつ順番に、自分の地域に置いていきます。1地域に配置できる軍隊の数に制限はありません。ゲーム前の準備...

    二ノ宮さんの「リスク」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク