マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 30分~40分
  • 8歳~
  • 2004年~

ピラニア・ペドロ白州さんのレビュー

240
名に参考にされています
2018年04月03日 07時44分

9/10

おそらく、石ゲーの中では1番人気があるレアゲー。自分も6人で遊ぶならかなり好き。

コンポーネントのほとんどは石でこれが大量に入っており、だいたいの場合、粉をふいているため、洗ってスタート(石ゲーはお約束だよね)!

テーマもユニークで、ペドロ君という周りが非常に小さい島(?)に住んでいる人がいるのだが、こいつがなぜかふらふらと歩いてるので、川に落とさないように石でカバーしていこうというという謎テーマ笑

やることは非常に簡単。東西南北のどこか1方向を指し、1〜3歩歩ける(つまり計12枚)カードのうち、どれか1枚を出して、全員が伏せたら一斉公開!

その後、スタートプレイヤーから順にペドロ君を歩かせて(みんなで1人のペドロを動かす!)、川に入ったら、手元の石を消費せねばならず、もし置けなかったらその人の負け。また、ピラニアがうようよいるのだが、そのピラニアがいるマスに入っても負け。

こんな感じで2回負けた人が出たら終了。ごきぶりポーカーのように負ける人を決めるゲーム。

これだけ聞くと、何が面白いのかわからない人も出てくると思う。

このゲームの面白いところは、究極の心理戦にある。

ペドロ君は、プレイヤーが出したカードの方向と歩数にしか進まない。つまり、運はまったくなく、あるのは、人間の心理のみ!

普通に考えれば、石を消費したくないからこっちを歩くと思うけど、いや、リスクをかけて、わざと川に入って・・・みたいな駆け引きがたまらない!

6人プレイだと、スタートプレイヤーは超有利(予期せぬ事故で脱落することがない!)なので、6人目はもうわけわかんないので、直感で勝負するしかない笑 

でもここをうまく切り抜けたときの快感はなかなか他のゲームではなかなか味わえない!

ちなみにスタートプレイヤーは回っていくので、超有利だったスタートプレイヤーの次は超不利な6番目をやることになります笑

そしてもう1つ面白いのが、石の補充の仕方。

このゲーム、石が置けなかったら即座に負けなのだが、なんと、誰かが川に落ちるまで石が補充されない!エグすぎる!

しかも4個スタートだから、これがあっさりいくと2ターン目で終わることもあるから、怖すぎる!

じゃあ、1歩ずつ歩いていけば、大丈夫じゃない?と思うかもしれない。たしかに1歩なら、最悪減る石は1個だし、そう思う人もいるのはうなずける。しかし、できれば1歩は使いたくないのだ。

なぜなら、このゲームは1回使ったカードは次に誰かが川に落ちるまで、戻ってこない。つまり、1歩を最初にバシバシ使ってしまうと、後々きつくなってくるのだ。

まぁ、これは誰かが先に落ちればいい話なのでまだいい。問題は石の補充ルール。

誰かが川に落ちたとき、石が補充されるのだが、"手札に残ったカード"にいくつ石が補充されるかが書いてある。

それは「3歩進む:0個」「2歩進む:1/2個」「1歩進む:1個」なのだ。

気づいた人もいるだろうが、1歩進むばかり使ってしまうと、手札に残るカードは2歩や3歩のカードなので、全然石が補充されない!

例えば、1歩進むをめっちゃ使って手札に残ってるのが0枚だとすると、手札には、2歩進むが4枚と3歩進むが4枚だから、なんと、石は2個しかもらえないのだ!

しかも最初4個で1個も使ってなかったとしても、それを全て戻して補充されるので、貯めておくという方法も通用しない!

おまけに1/2は1枚ではもちろん石はくれない!キツすぎる!

てな感じでもうドキドキしっぱなしのボードゲーム。もう1枚1枚がお祈りするしかない中、ハラハラの展開が待っている笑

このドキドキを楽しめるノリのいいメンバーが6人集まるのであれば、最高なゲームだと思う。

ただ、心理戦ゲームなので、戦略があるかといえば微妙なので、そこを気にする人はいると思うので、それなりに使い分けは必要な気もするけど、あんま外れたことはないかな。

残念なのは、このゲームが絶版なこと。最近はそこまでプレミア価格じゃないけどね。

ちなみにリメイク版のピラニアペドロがあるが、これは本物の石がタイルになっているので、正直、このボードゲームは本物の石を使うという点はかなり重要だと思っているので、あまりオススメしない。

もし、石がタイルなら評価は−2の7点かな。(それでも十分面白いゲームではあるが)

見た目とは裏腹にカイジみたいな究極の心理戦みたいなのを体感できる素晴らしいゲームなので、ぜひ見かけたらトライしてみてほしいゲーム。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • yas2600
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 230経験あり
  • 28お気に入り
  • 101持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力4
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ6
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルピラニア・ペドロ
原題・英題表記Piranha Pedro
参加人数2人~6人(30分~40分)
対象年齢8歳から
発売時期2004年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿