マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分前後
  • 13歳~
  • 2015年~

パンデミック:緊急事態宣言ごみくずさんのレビュー

307
名に参考にされています
2018年01月09日 15時30分

パンデミック『新たなる試練』の拡張は全てプレイ済(クリアしてないのばっかですがw)で、その中でも個人的にこの拡張がお気に入りです。

理由として、遠隔地チャレンジというルールがボードを追加してパンデミックのプレイ幅を広げてくれている点、また、検疫ルールとして通常版も全然クリアできない!という方々に救済処置なるものが用意(それに特化したキャラもいます)されている点ですね。

スーパーバグチャレンジは『拡張:迫り来る危機』の変異種に似ていますが、検疫を使っても高難易度でやりごたえ充分です。

また、よく拡張は『迫り来る危機』ひとつあれば充分かな?という意見を目の当たりにします。もちろん『迫り来る危機』も追加キャラ、追加イベントも豊富で更に難易度を上げる追加ルールもあってお勧めです。(ちなみに『拡張:科学の砦』は、ソロプレイ、チーム戦に特化しています)

個人的には『緊急事態宣言』の追加キャラ、追加イベントを始め、ボードを拡張したことによるプレイ幅の広がり、救済処置、新たな難しいチャレンジも用意されていることから、この拡張だけでも充分楽しめる内容になっているんじゃないかと感じます。

パンデミックシリーズはほとんどプレイ済み、所持していますが、

沢山あるシリーズの中、現時点での個人的見解として

1 新たなる試練

2 イベリア(通常版とルールが似ていますが、通常版とまた異なったプレイ感で、『迫り来る危機』の猛毒株と似たルールも追加できます)

3 緊急事態宣言

上記の3つがあればパンデミックをやる上では充分かなと思ってます。

何を揃えたらいいか迷ってる方々に参考になればと思います。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • GO
  • 喫茶あかね・マスター
ごみくずさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 36興味あり
  • 22経験あり
  • 6お気に入り
  • 67持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルパンデミック:緊急事態宣言
原題・英題表記Pandemic: State of Emergency
参加人数2人~4人(45分前後)
対象年齢13歳から
発売時期2015年~
参考価格4,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク