マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~7人
  • 10分~20分
  • 10歳~
  • 2012年~

ワンナイト人狼NOrate0601さんのルール/インスト

226
名に参考にされています
2016年05月10日 11時48分

プレイヤー人数は3人から7人まで。

プレイヤーは村人・占い師・怪盗・人狼の4種類のカードを引く。プレイヤーが5人以下の場合は、カードは人数より2枚多く用意される。6人以上の場合は8枚すべて使用。誰にも引かれず残ったカード(通常は2枚)は中央に伏せられる。

夜のターンで全員顔を伏せ、占い師→人狼→怪盗の順に、後述の特殊能力を実行する。

・占い師
誰か一人のカードか、中央に伏せた2枚のカードを見ることが出来る。

・人狼
仲間の人狼が誰か、あるいは一匹狼かを確認できる。

・怪盗
自分と誰か一人のカードを入れ替える。望むなら入れ替えなくてもいい。
怪盗は交換後の役職を知ることができるが、交換相手は怪盗に入れ替えられたことは分からない。
入れ替えた相手が人狼の場合は、その瞬間から人狼チームになる

自分以外のカードは特殊能力持ちしかわからないため、昼のターンでは相手のカードが何かを推理しながら発言し、各カードの勝利条件に基づいて行動する。

プレイヤーの討論時間が終わったら、各自が指をさして処刑したい人を指名し、最多得票者が処刑される。2人以上が最多票で並んだ場合は、すべての最多得票者を処刑。

1匹でも人狼を処刑できれば村人チームの勝利。人狼を処刑できなければ人狼チームの勝利となる。

なお、人狼が2枚とも中央に伏せられ、人狼チームが存在しない「平和な村」となることもある。
その場合には、投票を全員バラバラにすることで処刑を行わなければ、全員勝利となる。
「平和な村」なのに誰かを処刑してしまったら、全員敗北。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
NOrate0601さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 101興味あり
  • 1082経験あり
  • 190お気に入り
  • 668持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力7
交渉・立ち回り16
心理戦・ブラフ17
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルワンナイト人狼
原題・英題表記One Night Werewolf
参加人数3人~7人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン奥井 晶久 (Okui Akihisa)
アートワーク林 エミコ (Hayashi Emiko)
関連企業/団体未登録
拡張/関連元人狼ゲーム(Jinro Game)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

NOrate0601さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク