マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 20分~45分
  • 6歳~
  • 2017年~

汽車は進むよ白州さんのレビュー

379
名に参考にされています
2018年06月12日 09時13分

7/10

長くなりがちな鉄道ゲームがひしめく中、ずば抜けて短い時間で終わるポーランドのオシャレなイラストの鉄道ゲーム。

ルールはとってもシンプルで、手番には、線路タイルを自分のボードに配置するだけ。

ただし、このとき必ず自分の電車は移動しなければならない。

駅についたら得点ゲットで、早く着けば着くほど、高得点が入る。

これを繰り返して、一番高い得点をとったプレイヤーの勝ち。

とても軽いと言われた鉄道ゲーム「トランスアメリカ」でさえ、30分はかかるのに、この「汽車は進むよ」は、15分とかで終わる(場合によってはもっと早くなる笑)ため、圧倒的にスピーディ!

それでいて、線路をつくって、駅早いものがちの駆け引きを楽しめるのだからすごい。

パッと見、「メトロ」というボードゲームに似ているので、そっちを知っている人向けにも書いておこうと思う。

「メトロ」はプレイヤー全員で1つのボードに線路を置いていくが、「汽車は進むよ」は各プレイヤーが個人ボードを持っており、それぞれが決められたタイルの山から引くため、単純に言えば、4人でプレイするなら「メトロ」の4倍早くゲームが進む笑

また、メトロは基本的にはどれだけ長く線路をつなげたかで得点が決まるが、汽車は進むよでは、どれだけ早く駅に着いたかがポイントになる(選択ルールで、線路の数だけ点が入ったり、両方の得点を入れることもできる)。

あとは、メトロは1つのボードで置くため、若干妨害要素もあったが、汽車は進むよは、個人ボードのため、早いもの勝ちとはいえ、妨害は一切ないため、平和なゲームになるのが違うかな。

弱点というほどではないが、必ず汽車が動くように置かないといけないルールが、タイルの引きによっては、汽車同士が正面衝突を起こして、2つの汽車がなくなってしまうと、ほぼ負けが確定してしまったりするのが気になるといえば気になるが、まぁ時間が短いので許容範囲。

15分という短時間で線路をつくる楽しさや駆け引きを楽しめるゲームとして優秀だが、個人的にはやはりちょっと運が高いかなとは感じるので、ゲーム的には評価6くらい。

まぁ、線路タイルは決まっているので、それなりにどんなタイルがあるのか把握してガチでやることもできるとは思うが、汽車が動けるマスにしか置けないため、やはり運は絡む。

そこらへんでこのゲームの評価は別れると思うが、短時間で遊べる鉄道ゲームとしては貴重だと思うし、何よりイラストが無駄に凝っており、個人ボード、全てのタイル、しまいには、箱の中までこれでもかと細かいイラストが入っているその情熱に感化されて+1とした。

見た目もキャッチーだし、すぐに終わるし、インストも楽だし、初心者にも手軽にオススメできるし、ゲーマーもそれなりに遊べそうだし、いろいろと使い勝手が良さそうなゲーム。

だが、マニアックな国のゲームだからか、国内ではあまり流通しておらず、若干レアゲーになっているのが残念ではある。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 46興味あり
  • 51経験あり
  • 15お気に入り
  • 32持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトル汽車は進むよ
原題・英題表記Jedzie pociąg z daleka
参加人数1人~4人(20分~45分)
対象年齢6歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク