マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 75分~100分
  • 12歳~
  • 2017年~

ドラゴンイヤー17白州さんのレビュー

375
名に参考にされています
2017年12月19日 17時47分

7/10

重ゲーデザイナーのフェルトの代表的作品の1つ「ドラゴンイヤー」の10周年記念版。

中国ではかなりヤバイ年であるらしい辰年をテーマにしたボードゲーム。

元との違いは、アレアの宝箱という重ゲー拡張セットの中にあったドラゴンイヤーの拡張も込みという点。

それ以外は、本家と同じ。

ゲームはとにかくマゾゲー。いろんな不幸がプレイヤーに襲いかかり、それをかいくぐり、高得点を目指す。

なかなかここまでマゾいゲームはなかなかないのでは? そんなきっついゲームをプレイしたい人にオススメ。

最初のルール把握は、正直かなりしんどいが、いったん覚えてしまえば、そんなに難しくはない。

毎回、並べられるアクションタイル以外に運は存在せず、かなり戦略度の高いゲームでもあるが、自分にはちょうどよい運の少なさだった。

いろんな戦略が建てられるが、全てをとろうとすると、どれも中途半端になってしまい、あまりよろしくない。そして、挽回不可能になる可能性もあるので、プレイするときは注意。

個人的には拡張が入っていないバージョンの方が、ずっとマゾいので、楽しく(マゾ笑)感じたが、拡張はやりこんで新しい刺激が欲しい人向けなのだろう。

初心者には、あまりオススメできないが、リソースマネジメント系のゲームが好きな人であれば、オススメできる作品。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 45興味あり
  • 150経験あり
  • 42お気に入り
  • 150持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルドラゴンイヤー17
原題・英題表記In the Year of the Dragon: 10th Anniversary
参加人数2人~5人(75分~100分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿