マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 4人~12人
  • 20分~40分
  • 13歳~
  • 2018年~

斯くして我は独裁者に成れりあまおち総統@AHC代表さんのルール/インスト

130
名に参考にされています
2018年10月23日 10時37分


◆3つのフェイズと5日間

当ゲームは、3つのフェイズを5回繰り返す。

その3つのフェイズは「朝・昼・夜」に区切られており、そしてそれを5日間繰り返すと表現する。

5日間の議論と投票によって新しい為政者が決まる。


●3つのフェイズ

《朝》:ディスカッション

《昼》:投票

《夜》:役職決定化(カード破棄)

この3つのフェイズを《朝》→《昼》→《夜》の順番に行い、そしてこれを5日間繰り返すことになる。


※以下の説明は分かりやすさ重視で順番を逆にして説明します。


○《夜》:役職決定化(カード破棄)

7枚からなる手札の[役職カード]を捨てるフェイズ。

1日目と3日目に2枚、2日目と4日目に1枚捨てる。

これにより5日目の朝に1枚残ることになり、この1枚の勝利条件を満たせば勝利となる。


勝利条件は、主に5日間の累積得数が条件となる。

例)【独裁者】単独トップになると勝利。


カード破棄はクローズドで行われ、そのまま全てをシャッフルして即座に公開する

つまり「誰が何を捨てたか」は分からないが、「何が捨てられいるのか」は分かる


○《昼》:投票

投票には「投票」と「棄票」の2種類がある。

投票は、自分以外の誰かに1票を投じること。

棄票は、自分も含めた誰の得票を1票除外すること。


[投票カード]と[棄票カード]を使い、1日どちらかを必ず行う。

また、棄票を先に処理し、その後投票を処理する。


○《朝》:ディスカッション

3分間、自由に議論を行う。制限なし。メタOK。

よって、「どのカードで勝ちにいくのか」「そのためには票をどうコントロールするのか」という点について議論するとよい。

またカードによっては複数人勝利もあり得るので、同盟を組むなどの戦略や交渉をするとよいだろう。


●まとめ

「議論」→「投票」→「カード破棄」のルーチンを5回繰り返す


というのがこのゲームの基本であり、全てである。

この基本構図を理解すれば、すぐにプレイすることができるだろう。


◆タイムカード

1日の行動は全日基本的には同じ流れだが、細かいところでルールの差異がある。

例えばドロップ(役職カードの破棄)枚数は毎日変わるし、1日目は「投票」しか行えなかったり、5日目は「投票」と「棄票」を同タイミングで行ったりする。

よってその違いを一目で分かるように「タイムカード」を用意したので、この日にやることを簡単に書いてあるので、行動に悩んだらタイムカードを読んでみよう。 



役職カードの紹介

1.【独裁者】
勝利条件:得票数が全体で単独トップになれば勝利。

分かりやすい条件なので議論のキッカケにしやすい。 
「だれか独裁者に立候補する人ー?」 「私、道化師やりますよ」


2【道化師】
勝利条件:独裁者の勝利により共に勝利。

独裁者は得票トップになる必要があるので、その独裁者と共に勝利するためには道化師はどんな行動をすればいいのか…自ずと分かるだろう。


3【貴族】 
勝利条件:
①a:2位の貴族が1人以上。
 b:得票している貴族が1人以上。
②暗殺者と共に勝利。

勝利条件が2つあり、どちらかを満たせば良い。 貴族複数人で勝利を得るか、それとも暗殺者を雇って勝利するか…。


4【革命家】 
勝利条件:
a:最下位の革命家が1人以上。
b:ブービーの革命家が1人以上。
得票の無い革命家はカウントされない。

優先順位が高いのでうまく協力できれば強いカード。 革命と言えども最低限の支持は必要なので得票は必要。


5【暗殺者】
勝利条件 独裁者・革命家・聖職者が勝利条件を満たし、かつ自身の得票が0。

闇に紛れる必要があるので得票ゼロでなければならない権力者を憎む暗殺者。


6【民衆】
勝利条件
1.全員が民衆。
2.誰も勝利条件を満たしていない。

全員が最後まで民衆なら票無関係で全員勝利! 信頼の力で民衆の民衆による民衆のための国を作り出そう! 
ゲーマーとしてそれを良しとするかどうかは人それぞれ…


7【聖職者】 
勝利条件 最多票数と最少票数の差が1以内。

他とは雰囲気の違う独立したカード。 うまく場をコントロールして抜け駆け勝利を勝ち取ろう。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ぎゅんぶく
あまおち総統@AHC代表さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 19興味あり
  • 6経験あり
  • 5お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル斯くして我は独裁者に成れり
原題・英題表記In this way I become a DICTATOR
参加人数4人~12人(20分~40分)
対象年齢13歳から
発売時期2018年~
参考価格2,900円
クレジット
ゲームデザインあまおち総統(Amaochi Soto)
アートワークアオガチョウ(Aogachou)
関連企業/団体クリエイティブAHC
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク