マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~50分
  • 10歳~
  • 2016年~

ハビタッツ白州さんのレビュー

1033名
2名
0
約1ヶ月前
レーティングが非公開に設定されたユーザー

6/10

ゲーマーにはそれなりに人気だが、いかんせん尖ってるゲームが多いクワリから、まさかの日本語版が出るということで、だいぶウル覚えだが、レビューしてみる。

やることの基本はタイル配置。細かいルールは割愛するが、タイルの取得や配置にかなり制限があった印象が強い。

タイルの引きもカルカソンヌなどの有名どころはランダムで引くが、このゲームは公開されている中から、各プレイヤーが選んでいくので、他プレイヤーの干渉もあって、基本、キツくなっていることもあり、ライト層よりもゲーマー層にウケが良いゲーム(まぁ、クワリのゲームって、ほとんどライト層に受け入れられないけどw)。

第3版とか出てたので、それなりに人気はあったのだろうが、得点計算がここのメーカーらしく、地味にわかりづらく、やはりライト層に向いていないと思うのだが、日本語版は自分が遊んだバージョンと見た目が結構違うので、もしかしたらわかりやすくなったかもしれない。日本語版未プレイだからなんとんもいえんけど。

このゲーム、元値が地味に高かった印象があるので、その相場を知っているゲーマーからすると、今回の日本語版で歓喜する人は結構多いと思う。

ゲーム自体はタイル配置が好きな人か、斬新なシステムを遊ぶのが好きなゲーマー向けのゲーム。

ただ、もしかしたら、テーマがライト層でも受け入られやすいので、フードチェーンマグネイトみたいに謎に人気が出て、このメーカーが注目されたりするかも(笑)

ちなみに余談だが、このゲーム、2020年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品である「ノヴァルナ」の根幹システムの元になったゲームでもあり、ノヴァルナには、ハビタッツの作者とアグリコラの作者の共作でデザイナー名が連名表記されていたが、後にアグリコラ作者が出したさらに似たようなゲーム「サガニ」ではハビタッツの作者の名前が消えていて話題になっていた。

そして最近、ハビタッツ作者がさらに似ている「コンビネーション」というゲームを出した際は、お返しといわんばかりに、自分だけの名前で出しており、ライバル的な感じでお互いに新しいゲームを出しまくっている環境がゲーマーたちの間で、これらのゲームを遊ぶときには鉄板ネタとなっていたりするのは面白いので、知っておくと、このゲームをさらに楽しめると思う。多分(笑)

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
じむや
あんちっく
白州
白州
シェアする
  • 57興味あり
  • 131経験あり
  • 30お気に入り
  • 101持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

白州さんの投稿

会員の新しい投稿